MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > お役立ち情報 > 購入ノウハウ > 納車とは何をするの?納車日の決め方や当日の流れ、当日までしておくべきこと
購入ノウハウ

更新

納車とは何をするの?納車日の決め方や当日の流れ、当日までしておくべきこと

納車とは何か?

©Serhii/stock.adobe.com

車の購入プロセスでは、さまざまな手続きを経て、最後に「納車」が行われます。納車とは自動車販売店が顧客に車を手渡すこと、すなわち納入です。購入者にとっては、念願の愛車が手に入るビッグイベントといえるでしょう。

納車の方法には、営業マンが購入者宅(または職場や駐車場など)まで車を届ける自宅納車と、販売店舗で車を引き渡す店頭納車の2種類があります。従来の慣例では、納車といえば自宅納車を指しました。しかしながら、自動車販売現場の人手不足を背景に、近年は店頭納車が一般化しています。

言葉の使い方に注意しよう

納車という言葉は、しばしば誤った使い方をされます。たとえば、ディーラーの営業マンから「ご購入時期はお決まりですか?」と聞かれて「4月に納車したいです」と返すのは、正しい言葉づかいではありません。納車は販売店が行う行為のため、「4月ごろに納車してほしいです」「4月ごろの購入を予定しています」といった言い回しでの返答が適切です。

こうした言葉の使い方は、些細なことに感じるかもしれません。しかしながら、車購入をスムーズに進めたいなら、営業マンが使う用語を理解し、正しく使えるようにしておいたほうがよいでしょう。

納車日とは?

©tippapatt/stock.adobe.com

納車が行われる日を「納車日」といいます。購入した車が納車可能な状態になったら、販売店と購入者で話し合って納車日を決めます。待ちに待った車が手に入るのですから、購入者としてはなるべく早い日に納車してもらいたいと考えることでしょう。ただ、納車日には、納車手続きに条件のよい日を指定したほうが賢明です。

どんな日が納車日に向く?

納車日には、購入した車に不備がないか入念な確認を行います。このため、自然光の下で車をチェックできる、晴れた日の日中が納車の日時として理想的です。ただ、天候が晴れるかどうかは、納車日にならなければわかりません。

当日に雨が降った場合は、予定どおり納車してもらうか否かを判断することになります。一般的には、よほどの豪雨や台風でもないかぎり、雨天でも納車は延期されません。雨の日を避けていては愛車に乗れる日が遠のくため、多少天候が悪くても納車を受ける方が大半です。

納車に縁起のよい日柄がある?

納車日を決める際に、日柄を気にする方は少なくありません。その証拠に、昔から多くの方が「大安(たいあん)」を納車日に選んでいます。

大安とは「六曜(ろくよう)」で最も縁起がよいとされる日です。六曜とは旧暦の各日付に吉凶を付ける考え方で、14世紀ごろに中国から伝わりました。この六曜において、大安は何をするにも縁起のよい日とされており、大安吉日(たいあんきちじつ)とも呼ばれています。

日柄や縁起が気になる方は、大安を納車日に指定するとよいでしょう。なお、六曜には先勝(せんしょう)、友引(ともびき)、先負(せんぶ)、仏滅(ぶつめつ)、大安、赤口(しゃっこう)の6つがあり、それぞれが意味を持ちます。旧暦が記されたカレンダーには六曜も記載されているので、興味のある方は確認してみてください。

仏滅の納車はNG?

六曜の中でも、仏滅は最も縁起の悪い日とされています。何をするにもよくない日柄とされていることから、仏滅の納車を避ける方は少なくありません。

ただ、近年はこうした日柄を気にせず、最短で都合の付く日を納車日に選ぶ方が増えています。縁起の悪い日を避けると納車が遅れる場合もあるため、忙しい現代人が日柄を無視するのも無理はないでしょう。また、若い方の中には、そもそも六曜を知らない方も多くおられます。

とはいえ、信心深い方でなくとも、日柄の善し悪しがあると聞けば多少は気になるものです。もし縁起が悪いとされる日に納車して、後々気にかかるようであれば、神社でお祓いを受けるのも1つの手です。

車を購入してから納車までどれくらいかかる?

©Studio Romantic/stock.adobe.com

新車の納車にかかる期間

新車の納車に要する期間は、メーカーに在庫がある場合で2〜4週間程度です。在庫のないモデルは受注生産となり、発注から1〜3ヵ月ほどで納車されます。ただし、人気モデルは順番を待っての生産となるため、納車までに半年〜1年以上かかる場合があります。

在庫の有無や人気以外に、オプションも納車時期を左右する要素です。取り付けに時間のかかるオプションを多数発注すれば、そのぶん納車は遅くなります。このように、さまざまな条件で納車までの期間は変わるため、車購入を契約した時点では、ディーラーでも正確な納車時期はわかりません。

納車の遅れに要注意

新車の契約時には大まかな納車時期が伝えられます。ただ、実際の納車が想定よりも遅くなるケースは多く、時には購入者に不便が生じるので要注意です。

たとえば、現在の愛車が車検切れになるタイミングで乗り換えする場合、想定していた時期より納車が遅れると、車に乗れない期間ができてしまいます。こうした事態による不便を避けるには、車購入を契約する際に、納車が遅れたら無料で代車を借りられるよう、約束を取り付けておくことが肝要です。

中古車の納車にかかる期間

中古車を購入すると、契約から1〜3週間程度で納車されます。新車のような生産待ちがないため、中古車の納車に半年以上を要することはまれです。

ただし、購入した車の状態によっては、納車までの期間が長引きます。たとえば、整備のために部品の取り寄せが必要になると、通常よりも納車時期が遅くなります。特に、輸入車を購入して本国からの部品取り寄せが必要になった場合は、納車まで長期間待たなければなりません。

一般的に、中古車は修理や整備がされていない状態で展示されています。このため、納車までの正確な期間は販売店員にも読めません。中古車を購入する際も、納車が遅れた場合の対策は考えておいたほうがよいでしょう。

納車を早めるには?

納車時期を早めるために購入者ができることに、次の5つがあげられます。

  • 新車は在庫のあるモデルを選ぶ
  • 支払いを現金一括払いにする
  • ローン審査を早めにとおす
  • 必要書類を早めに準備する
  • 納車日の天候や日柄にこだわらない

必要書類については、取得に3〜7日かかる「自動車保管場所証明書(以下、「車庫証明書」という)」の準備を特に早めに行いましょう。なお、納車までに必要になる書類については、次節で解説します。

納車までの流れや必要になるものは?

©takasu/stock.adobe.com

車購入から納車までの流れ

車の購入契約から納車までは、次の流れで進むことが一般的です。

  1. 契約
  2. メーカーに発注(在庫のない新車の場合)
  3. 販売店へ必要書類を提出
  4. 整備〜車両登録(中古車の場合は名義変更)
  5. 自動車保険(任意保険)加入
  6. 納車

ローンを組む場合は、契約前に貸付の仮審査を受けることになります。納車時期を早めたい方は、見積書をもらった時点で、銀行やクレジット会社にマイカーローンの相談をしておくとよいでしょう。

納車までに必要になるもの

登録車(普通車)の契約から納車までには、次の書類および印鑑が必要となります。

  • 車庫証明書
  • 印鑑登録証明書(発行から3ヵ月以内のもの) 
  • 実印 
  • 口座届出印(ローンを組む場合)
  • 委任状(販売店が用意)

上記のうち、車庫証明書については販売店に取得代行を依頼するか、自分で取得するかを選べます。自分で取得する場合は、警察署での手続き、または後述する「OSS」での手続きが必要となります。

なお、車をローンで購入すると、販売店やクレジット会社を所有者として、車両登録を行う場合があります。この場合は印鑑登録証明書が不要となり、代わりに住民票が必要になります。

軽自動車の購入に必要な書類

軽自動車を購入する際は、次の書類および印鑑が必要になります。

  • 住民票(発行より3ヵ月以内のもの)
  • 認印(シャチハタ以外)
  • 自動車保管場所届出書

軽自動車は法律上の資産に該当しないことから、住民票と認印で購入手続きを行えます。また、軽自動車の保管場所の申請は、警察署で即日発行できる「自動車保管場所届出書」の提出で完了します(一部の地域では届出も不要)。

下取り車がある場合に必要なもの

車購入時に下取り車がある場合は、上記の書類以外に、次の書類が必要となります。

  • 自動車税納税証明書
  • リサイクル券
  • 自動車検査証(車検証)
  • 自賠責保険証
  • 印鑑登録証明書(追加で2通)
  • 名義変更手続きの委任状(販売店が用意)
  • 譲渡証明書(販売店が用意)

印鑑登録証明書に記載の住所と、下取り車の車検証の住所が異なる場合は、上記書類に加えて住民票(または住民票の除票か戸籍の附票)が必要になります。なお、下取り車が軽自動車の場合は、追加分の印鑑登録証明書は不要です。

一部書類をマイナンバーカードで代用できる?

多くの地域では、車購入に関する一部の手続きをOSSで行えます。OSS(自動車保有関係手続のワンストップサービス)とは、検査登録や車庫証明などの車関連の行政手続きをオンラインで申請できるサービスです。

OSSを通じた手続きでは、印鑑登録証明書と実印の代わりに、マイナンバーカードまたは住民基本台帳カード(どちらも電子証明書付きのもの)を使用します。各種カードをお持ちの場合は、書類と印鑑の準備を省略できて便利です。なお、OSSは個人で利用できるほか、自動車販売店に代理利用(代理申請)を依頼できます。

納車にかかる費用はどれくらい?

©sasun Bughdaryan/stock.adobe.com

納車に関連して発生する主な費用には、次の4つがあげられます。

  • 納車費用
  • 運送費
  • 検査登録代行手数料
  • 車庫証明代行手数料

納車費用とは、納車準備にかかる費用で相場は3〜5万円前後です。納車準備の内訳は販売店により異なり、中古車の場合はクリーニング代や整備代がこの費用に含まれます。

運送費とは、自宅や職場などの指定場所での納車(自宅納車)にかかる費用です。販売店の近隣地域に納車する場合で5千〜1万円程度、遠方の場合で1〜3万円以上の費用がかかります。

検査登録代行手数料は、車の新規検査や登録、名義変更などの代行にかかる費用で、1〜3万円程度が相場です。車庫証明代行手数料の相場は、1〜2万円程度となっています。

費用を安くするには?

納車にかかる費用のうち、運送費と車庫証明代行手数料はカットすることが可能です。運送費については、近年は店頭納車が一般的なため、指定場所での納車を希望しなければ自動的に無料となります。

車庫証明代行手数料をカットしたい場合は、自分で車庫証明書を取得するとよいでしょう。ただし、OSSを導入している自動車販売店では、各種手続きの手数料が一括で計上されるため、車庫証明代行手数料のみを省けない場合があります。とはいえ、手続きのオンライン化により、手数料が全体的に安くなるケースもあるため、OSSが必ずしもデメリットになるわけではありません。

納車日当日の流れ

©Studio Romantic/stock.adobe.com

納車日に販売店へ出向くと、次の流れで納車が行われます。

  • 書類確認
  • 車の状態のチェック
  • 車の機能や操作方法の説明
  • 受取サイン

納車の際に特に注意したいのが、車の状態のチェックです。ボディカラーやオプションは注文どおりか、傷や汚れは付いていないか、エンジンから異音はしないか、といった点を入念に確認しましょう。

車に問題がなければ、受取サインをして納車は完了です。何らかの不備が車に見つかった場合は、受取を保留してかまいません。長年付き合うことになる愛車ですから、状態に納得したうえで受け取るようにしましょう。

初心者必見!車を購入するときの納車日までにすること5つとは?

新車の納車遅れが深刻に・・長納期化を逆手に取った購入方法とは

半導体不足で、自動車業界にはどんな影響が?

執筆者プロフィール
加藤 貴之
加藤 貴之
1977年生まれのフリーライター。10年以上務めた運送業からライターに転向。以後8年以上にわたり、自動車関連記事やIT記事などの執筆を手がける。20代でスポーツカーに夢中になり、近年は最新のハイブリッド車に興...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事