MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 運転免許 > 運転経歴証明書は身分証明や本人確認として使える?申請方法や手数料、有効期限とは
運転免許

更新

運転経歴証明書は身分証明や本人確認として使える?申請方法や手数料、有効期限とは

運転経歴証明書とは?

運転経歴証明書は、運転免許証に代わり、身分証明や本人確認の際に使用することができる身分証明書です。運転免許証を自主返納したり、更新を受けずに免許が失効した方は、返納・失効から5年以内であれば運転経歴証明書の交付を受けることができます。

運転免許証の自主返納(運転免許の申請取消し)とは、加齢によって車の運転が難しくなった人が、自ら申請して有効期限の残っている運転免許証を返納できる制度です。高齢ドライバーによる事故がメディアに取り上げられることが増えてきた昨今、本人や家族の意思で免許を自主返納する動きは高まっています。地方自治体はこうした免許を自主返納した高齢者に対し、店舗や公共交通機関利用料の割引などの特典を用意し、免許返納後の高齢者の暮らしを支えています。

「運転経歴証明書」と「運転免許経歴証明書」の違い

運転経歴証明書に似ている証明書に「運転免許経歴証明書」がありますが、こちらは過去に失効・取り消しになった免許、現在所持している免許の種類、取得した年月日などについて証明する書類。大型免許や第二種免許などの受験時に提出が求められます。「運転免許経歴証明書」は運転免許証の代わりにはなりませんので、注意しましょう。

運転経歴証明書の交付申請方法は?

運転経歴証明書交付申請書
運転経歴証明書交付申請書(出典:警視庁)

運転経歴証明書の交付申請は、本人または代理人によって行うことができます。自主返納も代理人による申請が可能ですので、本人が病気などで入院中、施設などに入所中の場合でも、免許証の自主返納・運転経歴証明書の交付申請を行うことができます。

運転免許証を自主返納した都道府県を管轄する、運転免許センター・運転免許試験場・警察署ですることができます。運転免許センターと運転免許試験場で申請した場合は、即日交付されます。警察署で申請した場合は、交付までに2~3週間かかるので注意しましょう。

運転経歴証明書の交付申請可能期間は、運転免許証の取消しを受けてから5年以内です。

本人が交付申請する場合の必要書類・手数料

  • 運転経歴証明書交付申請書(各交付場所で記入します。申請用紙は各都道府県によって異なります)
  • 住民票又は申請者の氏名、住所、生年月日を確認できる身分証明書等
  • 印鑑
  • 申請用写真(縦3cm×横2.4cm、白黒可)
  • 交付手数料(1,000円程度)

代理人が交付申請する場合の必要書類・手数料

  • 委任状兼承諾書及び誓約書
  • 代理人申請持参物確認表
  • 入院証明書、入所証明書、診断書など(本人が自ら手続きできないことを証明する書類)
  • 代理人の身分証明書(運転免許証、健康保険証、個人番号カードなど)
  • 申請者と代理人の関係を確認できる書類 ※
  • 申請用写真(縦3cm×横2.4cm、白黒可)
  • 交付手数料(1,000円程度)

※申請者と代理人の関係を確認できる書類は、代理人により異なります。必ず当該の運転免許センター・運転免許試験場・警察署に確認しましょう

運転経歴証明書の有効期限|更新は必要?身分証明としていつまで使える?

運転経歴証明書の有効期限は「永年有効」。つまり、本人確認のできる身分証明として、更新なしで一生涯有効ということです。ちなみに、運転経歴証明書は紛失した場合も再交付が可能です。

運転経歴証明書の再交付や写真の変更

運転経歴証明書をなくしたり、盗難にあったり、破損した場合や、現在の写真を変更したい場合は、運転経歴証明書の再交付を受けることができます。運転経歴証明書の再交付に関しては、当該の運転免許センター・運転免許試験場・警察署に確認してみてください。

【注意】運転経歴証明書が本人確認で使えないこともある

運転経歴証明書は運転免許証に代わって身分を証明できるものではありますが、銀行や各種サービスによっては、本人確認書類欄に「運転経歴証明書」が記載されていないこともあります。記載がない場合は、運転免許証の代わりに利用できないケースも考えられますので、窓口やカスタマーセンターに問い合わせることをおすすめします。

例えば、フリマアプリ&サービスを運営する「メルカリ」に関して、運転経歴証明書が本人確認書類として使えないという利用者の声が散見されます。正しくは、本人確認書類のアップロードにあたり「アプリでかんたん本人確認」の機能を使う際は、本人確認書類は「運転免許証」「在留カード」「パスポート」のみ有効となっているようです。通常の手順で本人確認書類をアップロードする際は、運転経歴証明書も有効となります。(2020年3月26日現在)

このように、サービスによっては本人確認で運転経歴証明書が使えないこともあるため、利用時には必ず確認しましょう。

【注意】病気や薬で免許が取消しとなったら発行できない

以下の条件に該当する場合、運転経歴証明書の交付申請はできません。

  • 運転免許証の取消基準に該当している人
  • 免許停止中、免許停止の基準に該当している人
  • 再試験の基準に該当している人

とくに、交通違反で免許取消となった人だけでなく、病気や怪我、薬の服用によって免許取り消しとなった人も運転経歴証明書の交付申請ができない点も注意が必要です。また、運転免許のうち、一部のみを返納(普通免許を返納して原付免許を残すなど)した場合も交付申請ができません。

65歳以上は運転経歴証明書の提示でお得な特典が!

運転免許の自主返納

65歳以上の方はデパートやスーパー、ホテルなどの利用にあたり、運転経歴証明書の提示で高齢者運転免許自主返納サポート協議会加盟企業の特典が受けられるようになりました。利用料の割引や、クーポンの発行、交通機関乗車賃の割引などを受けることができます。

【おさらい】運転経歴証明書

運転経歴証明書を申請できる人

  • 運転免許証を自主返納して5年以内の人
  • 運転免許証を更新せず失効し、5年以内の人(令和元年12月からもらえるようになりました!)
  • 上記2つに該当する本人が窓口に来庁できないやむを得ない事情があり、かつ本人の意思確認ができる場合、代理で手続きを行う人(親族や病院職員、介護施設職員など)

運転経歴証明書を申請できない人

  • 現在免許停止中、免許停止の基準に該当している人
  • 現在再試験の基準に該当している人
  • 交通違反で免許取消になり、現在免許を持っていない人
  • 病気や薬のため免許取消となり、現在免許を持っていない人
  • 返納していない免許がある人

運転経歴証明書の交付が受けられる場所

  • 運転免許センター、運転免許試験場→即日交付
  • 警察署→交付まで2~3週間

運転経歴証明書の交付に必要なもの

  • 運転経歴証明書交付申請書(各交付場所で記入します。申請用紙は各都道府県によって異なります)
  • 住民票又は申請者の氏名、住所、生年月日を確認できる身分証明書等
  • 印鑑
  • 申請用写真(縦3cm×横2.4cm、白黒可)
  • 交付手数料(1,000円程度)

※代理人申請の場合は必要書類が異なるため、必ず確認を

運転経歴証明書は…

  • 更新の必要なし
  • 再交付や写真の変更もできる
  • 65歳以上は見せるだけでお得な特典が受けられることも
すべての画像を見る (2枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ

関連キーワード