MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 車検・メンテナンス > フロントスポイラーの効果と取り付け方法|車検には通る?ガリ傷の修理方法も
車検・メンテナンス

更新

フロントスポイラーの効果と取り付け方法|車検には通る?ガリ傷の修理方法も

フロントスポイラーとは|効果はある?

©Nicolas Gregor/stock.adobe.com

フロントスポイラーとは、車のフロント部分に取りつけるエアロパーツの総称です。

一般にフロントスポイラーと言われているものは、構造や取り付け方、取りつける場所によって、以下のように分類されています。

  • フロントバンパースポイラー:フロントバンパーと一体化したもの
  • フロントアンダースポイラー(リップスポイラー):フロントバンパーの下の部分に取りつける
  • ハーフスポイラー:既存のフロントバンパーに取りつける

フロントスポイラーの効果|デメリットも

見た目のカッコよさが魅力のフロントスポイラーですが、フロントスポイラーを取りつけることで得られる効果は、視覚的なものだけではありません。

もともとはレース用に開発されたものなので、高速走行時の空気抵抗を考えられて作られています。フロントスポイラーを取りつけることによって、前方から車体の下に流れ込んでくる空気をコントロールして、車体が浮き上がることを防止する役割があるのです。

車体を地面に強く押しつけるダウンフォースが発生するので、高速でカーブを曲がる際に車体を安定させることができます。そのうえ、ブレーキを冷却させる効果もあり、ブレーキを多様した際に起きるフェード現象を防止することもできます。

フロントスポイラーは、走りを安定させ、ブレーキの状態を健全に保つ役割があるのです。

デメリット

高速での操縦性能を向上させる働きのあるフロントスポイラーですが、一般道の走りでは、その効果をあまり発揮することができないのが現状です。

一般的にはフロントスポイラーが効力を十分に発揮するのには、80km/h以上のスピードが必要だと言われています。しかし、街中で信号や渋滞のある状況では、せいぜい30km/h~40km/hのスピード。制限速度が60km/hあったとしても、60km/hギリギリでカーブを曲がるのは大変危険で、大きな事故を引き起こしかねません。

また、バンパーの部分に本来よりも余分なパーツをつけることになるので、その分重量が重くなります。これは燃費の悪化につながるでしょう。またダウンフォースが発生すると、それだけ空気の抵抗を高めることにもなるので、ここでも燃費が悪くなることが予想されます。

とくにレース用ではないドレスアップ用のフロントスポイラーは、重さがレース用のものほど軽くありません。取りつけることによって燃費が悪化することはデメリットと言うことができるでしょう。

フロントスポイラーは車検に通る?

©Kadmy/stock.adobe.com

道路運送車両の保安基準に則った範囲でなら、フロントスポイラーを取りつけたまま、車検を通すことも可能です。

フロントスポイラーをつけたまま車検を通すことができる条件は以下の通りです。

  • フロントスポイラーの部分の先端部分が、車体からはみ出して最先端になっていない
  • フロントスポイラーの横の部分が、車体からはみ出して最外側になっていない
  • 半径2.5mm未満の角部を残さない
  • 先端部分が半径5mm以上の丸みのもの
  • フロントスポイラーの最下部が、地上から90mm以上あること
  • フロントスポイラーの材質が、堅牢で走行に耐えられること
  • フロントスポイラーが、車体にしっかりと取りつけられていること

ひとつでも基準を満たさないと車検を通すことができず、公道を走ることが許されません。フロントスポイラーのカスタムを楽しむためには、道路運送車両の保安基準をしっかりと守ることが必須です。

フロントスポイラーの取り付け方法

1.位置を決める

実際にフロントスポイラーを取りつける前に、まずは取りつける位置をしっかりと決める必要があります。フロントスポイラーを車体に仮合わせをして、不具合がないかどうかを確認。問題がなければ、マスキングテープなどを使用して、適切な取りつけ位置をマークしていきます。

その際にはスポイラーや車体のカーブや凹凸に合わせて、細かくマークしておいたほうがいいでしょう。

2.車体に取りつける前のひと手間

取りつけ位置を決めたら、仮合わせしていたスポイラーを外し、それから両面テープを貼りつける部分を、念入りに脱脂処理をします。両面テープの粘着力に関わってくることなので、フロントスポイラー側だけではなく、車体のほうも必ず下処理を行うようにしましょう。

3.取りつけ

本体側に両面テープを貼ります。両面テープの保護シートをはがして、マスキングテープの位置に正確に合うようにして、フロントスポイラーを車体に圧着します。しばらく押さえてから、付属のビスやネジなどで、しっかりと固定しましょう。

両面テープを使う際には、テープの粘着力を最大限に高めるために、暖かい環境で作業を行うようにしましょう。テープが冷えた状態だと、うまくつかない可能性があります。

フロントスポイラーの取りつけは、かなり大きな部品を扱うことになるので、一人で作業するとうまくいかない可能性が高いです。なるべく二人以上で作業するようにしましょう。

フロントスポイラーの取り付け工賃

フロントスポイラーを取り付けてもらう場合、取付工賃の相場は8,5000~10,000円~/個程度です。

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (3枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード