MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 役立つ情報 > 傷ついたフロントガラスの交換・修理にかかる費用は?|対策や応急処置の方法
役立つ情報

更新

傷ついたフロントガラスの交換・修理にかかる費用は?|対策や応急処置の方法

交換が必要な傷やヒビの目安

クモの巣状のヒビ
クモの巣状に入ったヒビ

フロントガラスにおいて修理でなく交換が必要になるのは下記に該当する傷・ヒビがある状態です。

  • 傷の大きさが2cm(500円玉程度)を超えている
  • 欠けやヘコみになっている
  • ヒビがクモの巣状になっている
  • 運転手の視界を遮る位置にある。
  • ガラスの上下左右の端から10-20cm以内にある。
  • デフロスター(くもりや結露を取り除く送風機)の付近にある

傷がガラスの端にあったり、デフロスター付近にあった場合は、傷の大小に関わらず強い振動や温度変化で割れやすくなってしまうため、修理できず交換が必要になります。

これらの中で最もわかりにくいのが傷の大きさの判断です。傷がついた部分の反対側から500円玉を当ててチェックすると良いでしょう。

これらに該当しない場合は自分で修理できる可能性があります。また、傷やヒビの状態によっては500円玉以上の大きさであっても修理が可能な場合もあります。

小さな傷も長期間放置で悪化するかも

上記に該当せず、なおかつ視界を遮ることのない小さな傷であっても、長期間放置するのはやめましょう。 走行中のフロントガラスは強い風圧にさらされており、振動もします。そのため、小さな傷であっても長期間放置することでヒビが広がり、交換が必要なケースにまで発展することがあります。

傷の放置は絶対にNG!

長時間放置することによって、修理できるレベルだったとしても傷の中にゴミやホコリが詰まり、補修剤が注入できなくなる場合があります。そうなるともう自分での修理は不可能です。

どのような状況であっても一度は業者に状態を確認してもらうと確実です。

フロントガラスの交換修理にかかる場所と費用

業者に頼むか自分で直すかの2択

フロントガラスの交換修理は、業者に頼むか自分で直すかの2択となります。ガラス専門店や自動車ディーラーに依頼すれば修理・交換が可能ですが、 自分で行う場合は軽い傷の修理のみとなります。

場所修理交換
専門店業者15,000円~50,000~100,000円
ディーラー30,000円~50,000~100,000円
自分で作業2,000~4,000円×

※交換の場合はさらに高額になり、50,000円~100,000円になる可能性も。

自分で作業する場合、費用はリペアキットなどの購入費のみ。安く済む反面、失敗するリスクが伴います。一方で業者に依頼する場合、お金はかかりますが確実なことに加えて専門家から的確なアドバイスをもらうこともできます。

フロントガラスの修理費に保険は適用される?

フロントガラスを全交換する際に保険を適用する場合、保険の等級が下がります。等級が下がると月々の保険料支払額が増加します。

場合によっては車両保険を使わず、修理代金を自己負担したほうが長期的に見たときに負担額を抑えられる場合があります。どちらがよいかは、保険会社に相談しましょう。

自分で応急処置する場合の手順

必要な道具を揃える

自分で作業できるのは軽い傷を修理する場合に限られます。修理の際は市販のフロントガラス補修キットといったツールを使用します。内容物はだいたい下記のようなものです。

  • 補修液
  • 注射器
  • 台座 ※粘着テープ付き

最近ではブラックライト(UVライト)で補修液を乾燥させるタイプも販売されています。また、安いキットには下記のものが入っていない場合があるので、必要に応じて揃えましょう。

  • 乾いた雑巾やクロス(ガラスに傷をつけないもの)
  • マスキングテープ(養生用)

1.フロントガラスを清掃する

ガラスの傷の周辺乾いた布などで丁寧に拭きます。濡れたもので拭いてはいけません。二枚ガラスの間に水分が入ると補修剤が入りづらくなります。

2.傷の内側を清掃する

細いピンなどの針先で傷の内部を清掃し、ゴミやホコリを取り除きます。

この作業は余分なものを取り除くと同時に、補修液が浸透しやすくすることが目的です。ガラスの傷の表面を軽く傷つけることで補修液が入りこみやすくなります。傷口を広げることのないよう、丁寧に行ってください。

マスキングテープで養生すると確実

補修材が垂れないように傷の周辺をテープで保護します。この作業は飛ばしても支障はありません。

3.台座をガラスの傷に固定する

ガラス補修液を傷口に注入し、圧力をかけるための台座です。この台座が傷口に密着していないと、圧力をかからずに失敗してします。この作業は重要なので丁寧に行ってください。

4.台座に補修液を注入する

補修液は注入しただけだとガラスに浸透しません。補修液は固まる性質があるので、注ぎすぎないよう注意して、こぼれた分は拭き取っておきましょう。

5.減圧・加圧を繰り返す

台座に注射器をとりつけ、注射器の筒を押して加圧すると補修液がガラスの中に送りこまれ、引いて減圧すると内側のガラスが引き寄せられます。この作業を10回ほど繰り返すことで補修液と内側のガラスを密着させていきます。

6.台座を取り外す

圧力がかかっていない状態で注射器と台座を外します。周辺にこぼれた余分な補修液を拭き取り、最後のくぼみを埋めるために、ガラスの傷部分に補修液を1、2滴ほど垂らします。

7.保護フィルムを貼る

保護フィルムをガラスの傷部分に貼り付け、補修液が固まるのを待ちます。季節にもよりますが、だいたい30分から1時間が目安になっているようです。

補修キットに付属のマニュアルで確認しましょう。

8.不要な補修液を削りとる

補修液が完全に固まっていることを確認して保護フィルムをはがします。目安の時間が過ぎても気候などの条件で変動する場合があります。特に寒い時期は硬化が遅くなります。しっかり確認しましょう。

フロントガラスの傷から補修液がはみ出した部分を綺麗にしていきます。カミソリなどで丁寧に削り取るのがよいのですが、カミソリの刃の角を使うと補修した傷を再発させてしまいます。傷の高さからはみ出た部分をそぎ落としていくイメージで、余分な補修液だけを取り除いてください。

あくまで応急処置に過ぎない

自分で行う修理はあくまでガラスの劣化を防ぐ応急処置に過ぎません。遅かれ早かれ業者に修理を依頼するのが確実だと言えます。

フロントガラスを傷つけないための対策

飛び石を避ける運転をする

フロントガラスに傷を付ける原因で多いのが飛び石です。飛び石とは走行中に前走車のタイヤに弾かれた石がフロントガラスに飛んでくる現象のことです。

こればかりは運なので、絶対に回避する方法はありませんが、下記の事項に気をつければ被害に遭う確率は減らせます。

  • 前との車間距離を十分開ける
  • 法定速度を守る
  • トラックなど大型車の後ろを避ける
  • スポーツカーの後ろを避ける
  • タイヤ溝の幅が大きい車種の後ろを避ける

劣化したワイパーはすぐに交換する

ワイパーはゴムでできているため、高温の場所に保管し続けると劣化します。劣化してひび割れた状態のワイパーを使用し続けるとガラスに傷をつけることになります。その傷がヒビに繋がり、最終的に割れてしまう可能性があります。

凍ったガラスに熱湯をかけない

寒い季節や寒冷地などでは、車のフロントガラスについた水分が凍ってしまうことがあります。その際、氷を除去しようとして熱湯をかけてしまうのはNGです。ガラスが急激に温度変化して、ヒビが入る原因になります。

この記事の執筆者
MOBY編集部