MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 役立つ情報 > 飛び石による窓ガラスの傷は事故扱い!車両保険や修理費用はどうなる?
役立つ情報

更新

飛び石による窓ガラスの傷は事故扱い!車両保険や修理費用はどうなる?

ガラスへの飛び石は修理が必要に

走行中に前方から細かい石が飛んできて、車体が損傷してしまうことがあります。これは飛び石とよばれるもので、前走車のタイヤが路面の細かい石を弾いてしまうことが原因です。

飛び石がバンパーやボディにぶつかった場合、傷や凹みだけで済みますがフロントガラスにあたるとヒビが入り、修理が必要になることもあります。

フロントガラスにヒビがあると車検は通らない

車のフロントガラスについては、法律で以下のように定められています。

「損傷した場合においても運転者の視野を確保できるものであること」
「透明で、運転者の視野を妨げるようなひずみのないものであること」

保安基準の第29条(窓ガラス)第195条

つまり運転に支障が出るほどの傷やヒビがフロントガラスに入っていると、保安基準適合外に該当して車検に通りません。軽いヒビの場合でも車検に通りづらくなることは確実です。速やかに修理することをおすすめします。

飛び石の傷の修理に保険を使うと等級が下がる

飛び石による傷の修理費は車両保険を適用できますが、事故扱いとなるため、等級が1等級下がります。正しくは「事故歴あり1年間」という扱いになります。例えば無事故6等級だった場合、有事故5等級に。等級が下がることによって保険料も変化してきます。

保険料(支払う金額)は、等級と事故歴の組み合わせで決まります。飛び石で破損したフロントガラスを修理すると等級が下がり、事故歴もつくため保険料は高くなります。

等級の仕組み

等級は1~20まであり、数が大きいほど保険料が割引されていきます。つまり、1等級が最も支払う保険金が高く、20等級が最も少ないということです。この等級は保険会社を変えても引き継がれるため、一度下がったものを手軽にリセットする手段はありません。

等級が下がる事故には2種類あり、1等級下がる「1等級ダウン事故」と3等級下がる「3等級ダウン事故」があります。

事故歴とは

事故歴は事故有係数と呼ばれ、「無事故」と「有事故」の2つに分けられます。有事故は文字通り事故があった場合に適用されます。

有事故扱いされる期間のことを事故有係数適用期間といい、1等級ダウン事故を起こした場合は1年間、3等級ダウン事故の場合は3年間適用されます。6年が上限で、0年になると無事故として扱われます。

飛び石を飛ばしてきた相手に補償してもらえる?

飛び石は故意でないケースがほとんどなので、相手に補償させることは難しいでしょう。

相手が明らかな失態を犯している場合、例えば前を走るトラックやダンプカーが砂利を積んでいるにも関わらず荷台を覆わずに走行した結果、砂利が飛んでしまったケースでは損害賠償請求を行えます。

その際はドライブレコーダーによる証拠が必要になります。

飛び石を避ける対策

ダンプカー
トラックの後ろを走るときは十分な車間距離をとるようにしましょう
©xiaosan/stock.adobe.com

飛び石は予測不可能な事故で、完全に避けることは不可能です。しかし、飛び石被害に遭いにくくすることはできます。そのためには下記のことに気をつけて走行しましょう。

  • 前との車間距離を十分開ける
  • 法定速度を守る
  • トラックなど大型車の後ろを避ける
  • スポーツカーの後ろを避ける
  • タイヤ溝の幅が大きい車種の後ろを避ける

一番は車間距離を十分にとり、安全な速度で走行することです。この車の後ろは危なそうと思ったら車間距離を取るか追い越し車線から追い越すのもひとつの手です。ただ、追い越し車線は速度が上がって飛び石の危険も増してくるため、追い越し後は速やかに元の車線に戻ったほうがよいでしょう。

無理な運転をしない、危険そうな車の後ろを走らない、砂利が多い道を避けるといったことの積み重ねが飛び石を避けることに繋がります。

すべての画像を見る (2枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!

関連キーワード