MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 車検・メンテナンス > 車検時の代車の返却時にガソリンは満タンにするべきか否か?
車検・メンテナンス

更新

車検時の代車の返却時にガソリンは満タンにするべきか否か?

車検時に代車を借りたらガソリン満タンで返却すべき?

車検 メンテナンス

車検をお願いしたショップによっては代車を借りることができますが、返却時にガソリンを満タンにすべきなのでしょうか。

昔は代車の貸し出しの際、ガソリンは満タンになっていたことが多く、代車の返却時にはガソリンを満タンにして返却することがマナーでした。
しかし、最近はガソリンが満タン状態で借りたにも関わらず、使ったガソリンを補充せずに代車を返却する人が増えているというのです。
お店側は代車を無料で貸し出ししてはいるものの、使用したガソリン分は補充して欲しいというのが本音です。

代車返却時にガソリンを満タンにするべきかを考えてみましょう。

車検の基礎知識についてはこちら

【保存版】車検の基礎知識ポイント8選!費用を安くする方法も

ガソリンを補充せずに代車を返却してしまう理由

ガソリンメーター

ガソリンを補充せずに代車を返却してしまう人には、いくつか理由があります。

・車検費用の中に代車とガソリン代も含まれていると思っていた
・代車をほとんど動かしていないのでガソリンを補充しなかった
・ガソリンを補充するのが面倒だった

どの理由も代車を借りた側の一方的な考えや思いによるものです。
お店としては代車のガソリン代は余計な出費となってしまいますので、ガソリンを補充せずに返却する人が多いと、貸し出す方法を考える必要が出てきます。

ガソリンを補充せずに代車を返却されないためのお店の対応

燃費 給油 ガソリン

代車返却時にガソリンを補充しない人への対処法として、お店が最初に考えた方法は、ガソリン満タンにした代車の車内に「返却時はガソリンを満タンにしてください。」の張り紙や説明を行うことでした。

それでも代車の返却時にガソリンを補充しない人があとを絶たないため、異なる対応を考えたお店もあります。

代車のガソリンは最低量だけを入れて貸し出す

貸し出す際にあえてガソリンを満タンにせず、貸りた人がガソリンを補充して使うという対応を行っているお店あります。

お店は5L、10Lなど最寄のガソリンスタンドまでは走れる分だけのガソリンを入れておき、あとは走る分だけガソリンを補充して走ってください、というわけです。

お店側としては「無料なのは代車だけでガソリンは無料ではありません」と主張していることになります。

代車返却の基本は「借りたときの状態」で返すこと

©Shutterstock.com/ merrymuuu

以上のことからガソリンの量に関わらず、お店としては「借りたときの状態で返却してほしい」という心理であることを理解しましょう。
ガソリンを満タンにして返却するのは、代車を借りた際にガソリンが満タンだった場合のみでいいのです。

そのため車検で代車を借りた場合は、ガソリンの残量を確認しておきましょう。
ガソリンが満タンだった場合は、ガソリンを満タンにして返却すれば良く、借りた時に満タンでなければ代車で走った分だけを補充することにより、借りたときの状態に戻して返却しましょう。

もちろんお店によってルールも異なりますので、初めて車検を依頼するお店で代車を借りる際は、ガソリンの補充について確認しておくのが一番確実です。

ガソリンを補充して返却することはお店との信頼関係にも繋がる

握手

結論としては、ガソリンは代車返却時に借りる前の量まで補充しておきましょう。
お店との信頼関係や次回気持ちよく利用するためにも、最低限のマナーであると言えます。

お店と信頼関係が築けていれば、普段ちょっとしたことでも気持ちよく対応してくれますし、車の調子が悪くなる前にアドバイスをもらえたり、車を長く大事に乗り続けることに繋がります。
今後長く愛車をお願いするお店に感謝の気持ちを込めて、ガソリンの補充だけでなく代車をの使い方にも気をつけたいですね。

車検に関するおすすめ記事はこちらから!

【一覧比較】車検の諸費用の相場と内訳とは?軽自動車やユーザー車検の場合はどれだけ安くなる?

【最短】車検の予約方法とは?いつから予約可能?ユーザー車検や軽自動車の場合も紹介

【保存版】車検の基礎知識ポイント8選!費用を安くする方法も

【要注意】車検切れ車の運転や事故の罰則&罰金は?車検に出す方法や費用についても

車検費用(値段)の相場を徹底比較!おすすめの車検も紹介

この記事の執筆者
宮代ツトム