MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > お役立ち情報 > 役立つ情報 > 【初心者向け】セルフガソリンスタンドの使い方マニュアル!4ステップで給油マスター
役立つ情報

更新

【初心者向け】セルフガソリンスタンドの使い方マニュアル!4ステップで給油マスター

セルフガソリンスタンドでの給油は思ったより簡単!

©yu_photo/stock.adobe.com

ガソリンスタンドには、店員さんが給油作業をおこなってくれる「フルサービス」と、ドライバーが自分で給油作業をおこなう「セルフ」があります。

年々フルサービスのガソリンスタンドは減少していて、セルフのガソリンスタンドが増えているのですが、たまにしか車を使わないという方の中には「セルフは不安、怖い」と思う方もいることでしょう。

ですが、24時間営業だったり価格が少し安かったり、人との接触を避けられるなど、セルフならではのメリットもあります。

覚えるのは難しくなく、使えるようになればとても便利なので、セルフガソリンスタンドの使い方を4ステップにわけて紹介します。

セルフ給油のやり方4ステップ

ステップ1:給油機の前に停車する

©littlewolf1989/stock.adobe.com

まずは給油機の前に車を停車させましょう。フルサービスのガソリンスタンドでは店員さんが誘導してくれますが、セルフの場合は自分で正しい位置に停める必要があります。

給油に使うホースは届く範囲が決められているため、給油機の前にある枠の範囲内に車を停車させます。

また、車の給油口が、計量器のほうへ向くように停める必要があるため、自分の車の給油口が左右どちらについているのかは事前に知っておきましょう。

給油口が左右どちらにあるか分からないときは、車のガソリン残量計を確認してみましょう。三角形のマークで、給油口が左右どちらにあるか分かることがあります。

ステップ2:油種・油量を選択する

©scharfsinn86/stock.adobe.com

車を停車させたら、次は計量機の操作です。おおまかに「油種(ガソリンの種類)」「量」「支払い方法」をここで決定します。機種によって操作の順番は変わりますが、それぞれの内容を把握しておけば迷うことはそうないでしょう。

まずは支払方法の選択をしましょう。現金、クレジットはもちろん、最近では電子マネーなどさまざまな支払い方法を選ぶことができるようになりました。どの支払い方法にするか選び、現金や電子マネー、クレジットカードを計量機に読み込ませます。

次に油種を選択します。油種は「レギュラー」、「ハイオク」、「軽油」のいずれかですが、車種によって決められています。分からない場合は、給油口のフタや車の取り扱い説明書で確認しましょう。

続いて、給油する量を選択します。量は「満タン」か「定量」で選ぶことが可能です。

定量は金額(円)、または量(L)の上限を決めることが可能です。「5000円分だけ入れたい」という場合は金額を指定し、「20Lだけ入れたい」という場合は量を指定しましょう。定量を指定しても、途中で給油をやめることはできますので、定量になるまで無理に給油を続ける必要はありません。

満タンの場合は、量や金額を定めずに給油ができます。

ステップ3:給油する

©umaruchan4678/stock.adobe.com

計量機での操作が終わったら、いよいよ給油です。

給油ノズルを手に取る前に、まずは計量機にセットされている「静電気除去パッド」に触れます。次に、車の燃料キャップを開けて、計量機に用意されている燃料キャップ置き場などに燃料キャップを置きます。これで給油の準備が整いました。

給油に使うノズルは、レギュラーは赤色、ハイオクは黄色、軽油は緑色と、それぞれ色分けされています。どのノズルで給油をするのか、計量機が教えてくれるのでしっかりと確認しましょう。

正しいノズルを手に取ったら、ノズルを給油口の奥までゆっくり差し込んで、レバーをしっかりと握ります。これで給油が開始されます。

ガソリンの入れすぎに注意

©Irina Schmidt/stock.adobe.com

定量の場合、あらかじめ決められた量になると自動的に給油が終了しますが、満タンの場合は自分で終了させる必要があります。給油口の奥にどれくらいガソリンが入ったか目で見ることはできませんが、ノズルの先には、給油した燃料が浸かると給油をストップする仕組みがついています。

レバーのガチャンという音とともに給油がストップするため、これを目安に給油を終了するのが分かりやすいのですが、この仕組みはレバーをしっかりと握っていないと作動しません。そのため、レバーはしっかりと握ることが大切です。

また、この仕組みが働いて給油がストップしたあと、レバーを少しだけ握ってちょろちょろと追加で給油をする人もいますが、ガソリンがあふれてしまう可能性があるほか、燃料タンク内の圧力が上がって車両火災が起きてしまう場合もあります。

ほどほどに留めて、安全を最優先にしましょう。

ステップ4:清算する

©smile/stock.adobe.com

給油が終わったら給油ノズルを計量機に静かに戻し、給油口に燃料キャップをしっかりと締めます。これで給油は完了です。

そのあとは精算をします。支払い方法でクレジットカードを選んでいた場合は給油ノズルを戻すだけで精算は終了です。

現金や電子マネーでの支払い方法を選んでいた場合は、おつりを受け取れます。おつりは計量機で受け取りができる場合と、計量機から出てきたレシートに記載されているバーコードなどを別に設置されている精算機に通して受け取る場合の2パターンがあるため、計量機でおつりを受け取れない場合は周囲に精算機がないか見回してみましょう。

要注意なのは、事前にお金をチャージするタイプの電子マネーを支払いに使う場合です。精算をし忘れてしまうと電子マネー残高が全額引き落とされてしまいますので、精算は忘れずに。

以上4ステップで終わり!

精算が終わったらあとはガソリンスタンドをあとにするだけです。

出発前に、燃料キャップを締め忘れてないか、給油口のフタを閉じたか、間違えて開けてしまったボンネットを閉めたかなど、車の状態を確認したら、周囲の人や車に気をつけてガソリンスタンドから退出します。

フルサービスでは、入店するときと同様に道路へ戻る際も誘導をしてくれることが多いですが、セルフでは誘導がありません。焦らず、安全第一で進みましょう。

セルフガソリンスタンドでのトラブル

セルフガソリンスタンドの使い方を4ステップで紹介しましたが、慣れてしまえば簡単なものです。

しかし、慣れたからと言って油断は禁物。一歩間違えれば大惨事になりかねません。

どんなことに注意すればよいのか、ガソリンスタンドで起きがちなトラブル事例を紹介します。

給油キャップを締め忘れた!

©icoro inc./stock.adobe.com

意外と忘れがちなのが燃料キャップの締め忘れ。最近の車では、燃料キャップが車体にひも状のプラスチックでつなげられていたり、給油口のふたに燃料キャップを引っ掛ける場所や刺す場所が設けられていたり、そもそもキャップがなくても密閉できる仕組みになっていたりと、メーカーも工夫しています。

それでもキャップの締め忘れは後を絶ちません。給油のときにしか使わないこともあって、締め忘れたことに気づくのは次の給油のときになってしまうこともあります。

給油が終わったあと、しっかりと燃料キャップを締めたかどうか確認するようにしましょう。

燃料キャップを締め忘れると、引火しやすい燃料があふれてしまったり、燃料が気化したガスが漏れたりといったトラブルを引き起こしてしまうため大変危険です。

もし締め忘れたことに気がついたら、燃料キャップの代わりにラップをゴムで留めるなどの応急処置をして、すぐにガソリンスタンドへ取りに行くか、ディーラーなどに相談して新しいキャップを買いましょう。

油種を間違えてしまった!

©崇正 魚谷/stock.adobe.com

「軽自動車は軽油」と勘違いしている方は少なくなく、間違えて給油してしまう人は後を断ちません。また、最近ではクリーンディーゼルのように見た目だけではガソリンなのか軽油なのか分からない車種もあるため、油種を間違えてしまうトラブルは意外にも多いようです。

間違えた油種を入れてしまうと故障や性能劣化につながることはもちろん、最悪の場合車が燃えてしまうこともあります。そのため、油種を間違えた場合はエンジンをかけてはいけません。

まずはガソリンスタンドの店員さんに油種を間違えたことを報告しましょう。その場で燃料の入れ替えが可能な場合もありますし、ロードサービスなどを手配して整備工場などへ運ぶ必要がある場合もあります。

いずれの場合でも、修理代金や抜いた燃料代を店側が負担することはありません。高額な出費となりますので、油種は間違えないようにしっかりと確認しましょう。

給油中にタバコを吸いたい…

©metamorworks/stock.adobe.com

ガソリンは-40度でも引火する非常に燃えやすい液体です。給油前に静電気除去パッドに触れるのも、静電気による引火を防ぐため。ガソリンは、一度引火してしまえば水をかけても消化できないため、化学消化器が必要になります。

このように危険なガソリンを扱うときに、タバコを吸うのはご法度です。自分が軽い火傷を負うだけでは済まない、大惨事を招きます。

ガソリンスタンドでは火気厳禁。指定場所以外で喫煙をしてはいけません。

また、「火気」には電気も含まれています。そのため、火を使わない電子タバコであっても同様に禁止です。

「電子タバコだからいいだろ」と思う前に、万が一が起こってしまったときのことを考えましょう。

とにかくガソリンスタンドでは火気厳禁です!

携行缶に給油できない?

セルフガソリンスタンドはナンバープレートがついている車やバイクにのみ給油が許可されていて、それ以外のナンバープレートがついていない車両や、携行缶への給油は条例によって禁止されています。

許可されていないものへの給油は、ガソリンスタンドの店員さんが代行しておこなう必要があります。

しかし、すべてのガソリンスタンドで給油の代行をおこなっているわけではなく、店によっては有料である場合もあります。

携行缶等へ給油したいときは、ガソリンスタンドの店員さんに確認するか、フルサービスのお店でお願いしましょう。

給油中にガソリンがあふれてしまったとき

給油中にガソリンがあふれてしまったときは、慌てず落ち着いて、計量機に取り付けられたインターホンですぐにガソリンスタンドの店員さんを呼びましょう。

あふれてしまったガソリンは、店員さんが拭き取ってくれます。

もしボディや床などにかかったガソリンをそのままにしてしまうと、車を乗り降りしたときに発生した静電気から引火してしまったり、物を落としたときに火花が散って引火してしまったりと大変危険です。

また、ガソリンは車の塗装を傷めます。ボディにかかってしまった場合は、たっぷりの水で洗い流しましょう。

使い方がわかればセルフガソリンスタンドは怖くない

©Irina Schmidt/stock.adobe.com

引火しやすいガソリンを使うため怖いと思う方も多いかもしれませんが、しっかりと使い方を覚えてしまえばセルフガソリンスタンドは非常に便利です。

もちろんフルサービスにはフルサービスのメリットもあるため、セルフは極力使わないという方もいることでしょう。

しかし、どうしてもセルフを使わざるを得ないというときに、給油の流れや注意点を覚えておくと安心です。

行ったことがないという人は、一度セルフガソリンスタンドに行ってみて、どちらが自分にあっているか確認してみるのも良いでしょう。

https://car-moby.jp/article/car-life/automobile-inspection-maintenance/gasoline-tank/
執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード