MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > ハリアー > トヨタ新型ハリアーの口コミ評価総まとめ|燃費や装備、走りは60系と比べてどう?
ハリアー

更新

トヨタ新型ハリアーの口コミ評価総まとめ|燃費や装備、走りは60系と比べてどう?

2020年6月に発売が開始された、トヨタ新型ハリアー。「80系」となる4代目だ。発売から3ヶ月が経過し、ネット上にも口コミが散見されるようになった。購入者や試乗者によるリアルな声から、新型ハリアーの評判や評価を解説する。

新型ハリアー(80系・4代目)の口コミ評価は?

ハリアー Z レザーパッケージ(プレシャスブラックパール)
ハリアー Z レザーパッケージ

2020年6月、トヨタ ハリアーがフルモデルチェンジして4代目となった。

発売から3ヶ月経った9月も受注は好調で、グレードや仕様によってはすでに2021年1~3月納車という声もある。

購入者の中には旧モデルである60系ハリアーからの乗り替えもいるようだ。ネットの口コミにおいては60系ターボモデルとの比較が散見される。

編集部では価格.comやみんカラなどのユーザーレビューを分析。購入者や試乗者によるリアルな声から、新型ハリアーの評判や評価を解説する。

歴代モデルやライバル車と比較しながら、本記事でまとめた口コミ評価も購入時の参考にしてほしい。

新型ハリアーのエクステリアについての口コミ

ハリアー Zレザーパッケージ(黒)、Gレザーパッケージ(赤)、S(青)
青がエントリーグレードの「S」。フロントのメッキ使いが「Z」「G」と異なる

フルモデルチェンジした見た目はGOOD!

シルエットや全体的な雰囲気は、欧州車と比べても全く遜色のない素晴らしいデザインに仕上がっている。

全体的に流線形のライン、よりクーペスタイルになったフロントからリアに流れるエッジのきいた屋根部分、より鋭くなったフロント周り等々、正統派のフルモデルチェンジだと思う。

以前のハリアーに比べ、下部の樹脂がボディのかなりの部分を占有しているのが少し残念。個人的には、樹脂の目立たない黒か、他の色ならエアロを装着したいところ。

エクステリア全体については概ね肯定的な口コミが目立った。

先代の60系ハリアーと共通点を感じさせながらも、クーペスタイルをさらに洗練させた見た目は、ドライバーだけでなく家族からも評判がよいという。

ハリアー Z レザーパッケージ(ホワイトパールクリスタルシャイン)
ルーフラインがリアエンドにかけて落ちていく、流線型のサイドシルエット

樹脂製パーツや補助ミラーが気になる?

ただし、樹脂製パーツの多用には苦言を呈しているユーザーもちらほら見受けられた。モデリスタのエアロを取り付けたという声もあり、ボディ下部のつくりや色についてが気になる場合はカスタムも検討してみよう。

ハリアーのマークがフロントになくなったのはちょっと残念。

左ミラーの下部の補助ミラーは個人的にカッコ悪い。パノラミックビューモニターをオプションで選べば無くなるそうだが、それを選べるのは最上位のZグレードだけなので…

その他、エクステリアで言及されていたのは左ドラミラー下部にある補助ミラーだ。「洗練されたデザインやスタイルなのに、ここだけ古めかしい」と言った声があった。

「Z」のみで選択できるパノラミックビューモニターをオプション選択すると、補助ミラーなしにできる。

ハリアー S(ダークブルーマイカ)
通常、左のドアミラー下部に補助ミラーがつく

ウインカーは意外な場所に!

リアは賛否ある細めのLEDウインカーですが、実際に乗っていて危険な目には遭遇していません。リアはトヨタにしては攻めたデザインだと思います。

リアデザインについても肯定的な声が多かったが、「ウインカーの視認性が悪く、後続車にとっては危険なのでは?」という主旨の口コミがあったことで、多くのユーザーがその点に言及していた。

真一文字に並ぶリアランプ類は最近のトヨタ車が採用するデザイン。

しかし新型ハリアーのウインカーはこの真一文字の部分ではなく、下部のバックフォグランプ上部だ。テールランプと離れているので、初めて見た後続車はびっくりしてしまうかもしれない。

ハリアー Z レザーパッケージ(プレシャスブラックパール)
真一文字のテールランプの両端にウインカーはない。テールゲート下の赤い部分がウインカーになっている

口コミでも賛否両論あったが、新型ハリアーユーザーからは「今のところ後続車が見にくそうにしているという感じはない」「危険な目には遭っていない」という声が寄せられていた。

新型ハリアーのウインカーの点灯部分は以下の動画で確認できる。(8:25~くらい)

新型ハリアーのインテリアについての口コミ

ハリアー Z レザーパッケージ(ブラック内装)
Z レザーパッケージ(ブラック内装)

すっきりした内装は好みが分かれる

レクサスや欧州車に寄せたデザインであると感じます。

従来のクラウンや60系ハリアーのような内装の感じが好みだった方には少し物足りないのかな?

最近の流行に倣ってスッキリしているので、パッと見の派手さが好きな人は合わないかも。

新型はパイピング加飾のモダン路線。デジタルミラー、ナビ、HUD、インフォディスプレイと光り物が多いのが特徴。

ハンドル、シフトノブ、エアコンの操作パネルはRAV4と全く同じ。ハリアーらしい加飾がほしかった。

内装については「好みが分かれる」といった口コミが多かった。特に先代のハリアー(60系)と比較して、すっきりした内装になったことで、ラグジュアリー感がなくなっているという声が散見された。

「ハリアー=高級車」というイメージが形成されているので、先進的なデザインに馴染みがないユーザーもいるようだ。

室内高は実車できちんと確認しよう

身長173cm、座高は高めだが、60系の運転席のシートは座席を一番上にあげても天井に余裕があった。新型は乗り降りする際に頭をこするので中間位の低めにしている。

調光ルーフ付けたらもっと低くなるようなので、背が高い人は要注意かも。

注意したいのが車内の天井までの高さ(室内高)。新型ハリアーは60系ハリアーより全高が低いうえ、「Z」のオプション「調光パノラマルーフ」を選択すると、室内高がさらに低くなる。

気になる場合は、試乗車や展示車の装備を確認し、パノラマルーフ搭載/非搭載車を比べてみよう。

ハリアー 調光パノラマルーフ(調光状態/透過状態)
調光パノラマルーフ(調光状態/透過状態)

ゆったりと使えて、家族みんな大満足です。静寂性に優れているのか、車内での会話も聞こえやすくなりました。

車内の静粛性については「走り」の項でも触れるが、向上しているようだ。

新型ハリアーの装備についての口コミ

ハリアー ディスプレイオーディオ
ディスプレイオーディオ(8インチ)

8インチのディスプレイオーディオ、これはこれであり。純正オーディオの中では、かなり音がいいと思う。

12.3インチのナビは画面が大きいが、ナビが表示できる面積は約8インチしかない。

エアコンの設定温度や燃費を大画面に出し続ける必要はないので、地図は全画面表示してほしい。

ナビ・オーディオについては、意外にもディスプレイオーディオのほうが、よい口コミが多かった。

ハリアー T-Connect SDナビ
T-Connect SDナビ(12.3インチ)

純正ナビは大画面の恩恵がないかも…

12.3インチナビは「S」「G」ではオプション、「Z」では標準装備だが、カーナビ地図が12.3インチ画面めいっぱいに表示されないことへの不満の声が散見された。

液晶画面自体は純正カーナビの方が大きいが、カーナビ地図の表示サイズ(表示領域)は、ディスプレイオーディオとほぼ同じとみてよいだろう。

ハリアー デジタルインナーミラー(上:デジタルミラーモード、下:鏡面ミラーモード)
デジタルインナーミラー(上:デジタルミラーモード、下:鏡面ミラーモード)

デジタルインナーミラー(前後録画機能付)だけでは不十分なので、社外ドライブレコーダーは必要。

トヨタアプリのリモートスタートが最高です!乗車の5分ぐらい前にエンジンとエアコンスタートすると、暑い夏でも快適にドライブに出かけられます。

アプリは200円/月なので、暑い時期と寒い時期だけでも契約するといいと思います。

一部グレードでオプションの「デジタルインナーミラー」は便利だが、やはりドライブレコーダーを取り付けるのがおすすめ。

また、コネクテッドカーの強みとであるスマホアプリとの連携をうまく行うと、カーライフがさらに便利になる。

新型ハリアーの走りについての口コミ

ガソリン車

歴代ハリアーの中で最もスポーティーな走り

TNGA採用前のレクサスSUVに、走行性能では勝っていると思います。ショックをうまく吸収し、しっとりとした上質な乗り心地。カーブでも安定して乗っていられます。

60系はラグジュアリー、80系はスポーティーな感じ。新型になって乗り心地は少し硬くなった。

軽やかに心地よいです。重厚感はそこまで感じない。ステアリング操作も軽やかで良く曲がります。

乗り心地や走行安定性、カーブでの安定感には、よい口コミが多い。60系ハリアーと比較すると足回りが固く、スポーティーになったという声が、特に多かった。

乗り味は好みが分かれるところ。先代ハリアーユーザーは試乗して違いを確かめたほうがよさそうだ。

低速域や加速時のエンジン音が気になる人も

スタート時やアクセルを強く踏んだ時は、エンジン音がそれなりにします。スピードがのるとかなり静かですが、坂道や幹線道路への合流などもエンジンがかなり唸ります。

ロングストロークなエンジンだが、レッドゾーンまでレスポンス良く回転し、アクセル全開でかなり気持ちいいサウンドが聞ける。

ガソリン車では「低速域からエンジンを踏み込んだときの音が気になる」という声が多かった。

高回転域での巡航は静かだが、加速時のエンジン音がするので、「良くも悪くもハリアーらしくない」という意見も。こちらも好みが分かれるポイントだろう。

ハイブリッド車

足回りはカッチリめ。低速時のエンジン音は要確認

高速では直進性が素晴らしい。街中でも路面のショックを吸収して欧州車のような乗り味です。

メディアが報じるような「高級サルーンのような乗り心地や静粛性」はない。どちらかといえば大衆車寄りになったと思う。

ゴツゴツとした不快な固さではなく『しなやかな固さ』。高速道路の繋ぎ目でも「ゴンッ」という衝撃は感じますが、跳ねる感じはありません。

カッチリとしていますが、硬いという感じではありません。程よい乗り心地。室内の遮音も合格レベル。

加速自体はリニアで満足できますが、60系ターボが前車の方はパンチがないと感じるかも。40~60km/hあたりのエンジンの低音と振動が気になります。

ハイブリッド車も概ねガソリン車と同じレビュー。こちらも低速時のエンジン音が気になるという声が多かった。

静粛性・遮音性はもちろん高いが、メディアの報じる「高級車路線の出来栄え」は褒め過ぎという声も。歴代モデルに比べて、ハイブリッド車はエントリーグレードが値下がりしているので、よい意味で大衆車化したということにしておきたい。

ハイブリッドは60系の乗り心地に近い?

ガソリン車は60系ハリアーにあった、低速域でのゆったりとした乗り心地や、全体的におおらかな、ゆるーい感じの乗り味は無くなってしまったので、好みが分かれるかも。

60系ハリアーの乗り味が好きな人は、少し予算を無理してでもハイブリッドを買うのが良いかもしれません。

運転した際のキビキビ感&身のこなしは、圧倒的にガソリンモデルが上でしたが、軽さゆえか車体の揺すられ感や跳ねる感じをかなり感じました。

ハイブリッドモデルでは車体が安定した挙動。動的質感が向上していました。

60系ハリアーの乗り味が好きな人は、新型ハリアーハイブリッドが近いかもしれない。反対に、60系ハリアーよりもキビキビした走りがよければ、ガソリン車に試乗してみよう。

新型ハリアーの実燃費についての口コミ

ガソリン車

通常の街乗りで13km/L、郊外は19km/L走りました。ダイナミックフォースエンジン恐るべし。この燃費の良さにはビックリ。

スーパーへ買い物などのチョイノリだと8km/L、街乗りで10km/L、高速で16km/L。

ガソリン車の実燃費は街乗りで9~12km/L程度。報告された数値には幅があったが、ユーザーからは「不満」の声はほとんどなかった。

ハイブリッド車

メーター上は18~19km/Lくらいです。この巨体ですから、15km/L以下だろうと思っていたので驚きです。

1.9tのボディで18~19km/Lは上出来。

街中5割・峠道2割・高速3割位ですが、燃費計の数値は16.9km/Lです。

ecoモードで街乗り5割、郊外4割、高速1割で約170kmを走行したところ、メーター読みですが23km/Lを記録しました。

街乗り20km程度 20km/L、高速 18km/L、30分以上の下道 22km/Lと、この車格ではビックリするぐらい良いと思います。

ハイブリッド車の燃費については称賛の声がほとんどだった。20km/L以上を報告しているユーザーも少なくない。

口コミで人気だったグレードは?

口コミに基づいて付けた順位グレード
1位G
2位Z
3位S

ミドルグレード「G」が人気傾向

ハリアー G レザーパッケージ(センシュアルレッドマイカ)
ハリアー G レザーパッケージ(センシュアルレッドマイカ)

人気だったのはミドルグレード「G」だ。最上位グレード「Z」と見た目がほとんど変わらないことが理由のひとつのようだ。

リセールバリューを考えて、装備が充実した「G」以上のグレードを選ぶユーザーも散見された。エントリーグレード「S」は、見た目や内装の装備が「G」「Z」と違いすぎるので、選択肢からは外したというユーザーが多かった。

レザーパッケージは30万円上乗せとなる。本革シートだけでなく、シートの冷暖房やシートポジションメモリーなど、機能も充実するので迷いどころ。こちらもリセールバリューを考えて選択肢に入れてもよいだろう。

パワートレインはガソリンが人気傾向だ。

「Z」はレクサスなどと価格が被る

ハリアー Z レザーパッケージ(プレシャスブラックパール)
ハリアー Z レザーパッケージ(プレシャスブラックパール)

最上位グレード「Z」 のハイブリッド車にオプションを加えると500万円を超え、レクサス NXなどと価格が被ってしまう。

上記の通り、今回の60系ハリアーは良くも悪くも「高級感のある大衆向けSUV」という側面があるので、「バリバリの高級車に乗りたい」というユーザーの選択肢からは外れてしまう可能性がある。

MOBY編集部の新型ハリアーへの評価は?

新型ハリアーにサーキットで試乗してきました。

SUVとは思えない安定性、走行性能の高さを感じました。全体的にフラットで、特に高い速度からのブレーキングのときのフロントの沈み込みの少なさ、高速でコーナリングしたときのボディのロールの少なさはスポーツカーに匹敵するといって過言ではありませんでした。

一般の方々がサーキットにハリアーを持ち込んで走行するといったことはあまりないでしょうが、この走行性能の高さは高速道路を長距離走ったときの疲れにくさ、峠、山岳路を走ったときのハンドリングの楽しさに繋がるでしょう。

逆に言えば、オフロード走行よりもオンロード走行を強く意識した足回りのセッティングのため、オフロード、ラフロードを走るのが好きな方には、ちょっと不向きになるでしょう。

そんな方には、同じプラットフォーム、パワートレインを採用している兄弟車「RAV4」がおすすめ。

ハリアーに対してRAV4は、サスペンションのストロークが大らかで、全体的にゆったりした乗り味になります。

ハリアーは初代より「都会派SUV」の思想で開発され、この世に「SUV」という言葉を定着した立役者。

街の中をスマートに駆け抜けるSUVですから、フラットで安定した走行性能はまさにぴったり。フルモデルチェンジしてさらに洗練されたデザインも◎ですね。

2.0Lガソリン、ハイブリッドと多彩なパワートレインからオーナーのカーライフにマッチしたパワートレイン、グレードが選べるラインナップの豊富さも◎でしょう。

ハリアーは、SUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)つまり、スポーツ用多目的車として登場したモデル。当時はまだSUVという言葉すらない中で、父親とこれは凄いと話題になった事を今でも思い出せます。

家族で乗っても十分な広さがあり、車高の高さにおける運転のしやすさだけでなく、トヨタらしい高級感もあるハリアーは初代モデルから街のあちこちで見かけるようになりました。

そして、2代目からはついにハイブリッドモデルも登場。

先ほどお伝えしたメリットに加えて、SUVのデメリットといえる車両重量の重さによる燃費や加速性能が大幅に改善され、まさに鬼に金棒となったハリアーはモデルチェンジを重ねるたびに新しいファンを増やしていきました。

今回の新型ハリアーは4代目。その中で皆さんに気付いて欲しい点を1つご紹介します。

歴代ハリアーの比較記事を読んで頂けると分かりますが、初代モデルから新型モデルまでガソリンモデルの価格は少しずつ高くなっています。

これは、昨今の衝突安全性の強化や新しい装備を考えると致し方ないのかもしれませんね。

ただ、注目したいのはハイブリッドモデルの価格。なんと、最初にハイブリッドモデルが設定された2代目に比べて50万円ほど安く設定されています。

自動車業界を取り巻く環境意識も影響しているかもしれません。

しかし、ハイブリットシステムによる大排気量車にも負けるとも劣らない加速性能の高さ、車両重量が重いSUVにも関わらずカタログ数値では20km/L越えの燃費性能。

加えて、初代から続く高級化のあるカッコよさ。そして価格も求めやすくなったら…人気の理由も頷けますね。

私事で恐縮ですが、日産信者の私も新型ハリアーには嫉妬に近い羨望の目で見ております。

新型ハリアーはデザインがかなり変わり、街乗りでもさらにカッコいいSUVとしてのイメージが強くなりました。

兄弟車のRAV4はオフロードの印象なので、ハリアーより大きい印象がありますが、実は同じくらいのサイズ。つまり、新型ハリアーはボディサイズの割に引き締まって見えるということだと思います。

旧モデルより全高が低いのも、トレンドのクーペスタイルを意識しているからでしょう。

以前、社内女性スタッフに国産SUVで素敵だと思う車を挙げてもらったのですが、新型ハリアーがダントツの人気だったので驚きました。

自分でも乗りたいSUV、彼氏や旦那さんに乗ってきてほしいSUV、どちらでも上位だったんです。

特に、デートカーランキングはレクサス勢が上位を総なめにするなか、新型ハリアーは2位にランクイン。

ハリアーも高級SUVですがレクサスと比較したら手が届く価格なので、現代のデートカーとしては最強の車ということではないでしょうか。

1つ気になるのは、旧モデルまで採用されていた鷹(チュウヒ)のエンブレムがボディの外側に付いていないことです!

ひと目でハリアーとわかるあのゴールドエンブレムは好きだったので、日本向けの特別仕様車などが今後出るなら復活してほしいな…と思います。

【まとめ】新型ハリアーは燃費が優秀&スポーティーに進化

項目口コミ評価
エクステリア★★★★☆
インテリア★★★☆☆
装備★★★☆☆
走りガソリン:★★★☆☆
ハイブリッド:★★★★☆
実燃費ガソリン:★★★★★
ハイブリッド: ★★★★★

見た目や装備では賛否両論あった新型ハリアーだが、口コミの傾向がそろっていたのは「燃費」と「走り」だ。

燃費に関しては、ガソリン車・ハイブリッド車ともに悪いレビューはほぼないと言ってよい。特にハイブリッド車はユーザーの期待を上回る数値が出ており、カタログ燃費はかなり参考になるといえる。

トヨタ ハリアー(3代目)PREMIUM "Advanced Package"(ガソリン4WD車)(ホワイトパールクリスタルシャイン)
トヨタ ハリアー(60系・3代目)

走りは好みが分かれるものの、おおむね旧モデル(60系ハリアー)に比べると、スポーティで硬めの足回りという総意。特にガソリン車は今までのハリアーとは印象が全く異なる走りであるため、旧モデルからの乗り替えの場合は絶対に試乗してみたほうがいい。

ガソリン車の走りはちょっとスポーティーでキビキビしすぎているという場合は、ハイブリッド車にも試乗してみよう。

新型ハリアーを検討中の人におすすめの記事

最新「ハリアー」中古車情報
本日の在庫数 3229台
平均価格 252万円
本体価格 25~563万円
ハリアーの中古車一覧へ

すべての画像を見る (13枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!

関連キーワード