MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > カローラ > トヨタがカローラにシリーズ世界累計販売5000万台記念の特別仕様車を設定か
カローラ

更新

トヨタがカローラにシリーズ世界累計販売5000万台記念の特別仕様車を設定か

カローラに「50ミリオン」特別仕様車が登場か

カローラ(画像右)、カローラツーリング(中央)、カローラスポーツ(画像左)
いずれも2019年モデル

現行のカローラシリーズに、シリーズ販売台数が世界累計5000万台を突破したことを記念する特別仕様車「50ミリオン」が設定されるという情報をトヨタ関係者から入手しました。

設定されるのは「カローラセダン」と「カローラツーリング」「カローラスポーツ」の3車種。詳細をお伝えします。

カローラ クロスには設定されず

最新SUV「カローラクロス」には設定なし

今回の特別仕様車は、最新SUVモデル「カローラ クロス」には設定されないようです。

専用デザインを用意

現行カローラ WxB

「カローラセダン」と「カローラツーリング」では「WxB」グレードをベースに、特別仕様車専用のデザインを随所に施されます。

嬉しいポイントとして、通常であれば「WxB」グレードのドアミラーとリアスポイラーは強制的にダークグレーメタリックが設定されるのが、ボディカラーと同色になる点。

ホイールデザインは変わりませんがマットブラック塗装に。グリルフレームがメッキ塗装からシャンパンゴールドになる点はボディカラーによるところがありそうです。

専用バッジやステッチも

参考:ランドクルーザープラドに設定された70周年特別仕様車の専用バッジ

さらに特別仕様車のバッジが配置されるようですが、ランドクルーザープラドの70周年特別仕様車と違って強制的に取り付けられるようです。現時点でデザインは不明です。

また、カローラツーリングのみシートにオレンジのステッチ(縫い目)が施されるとのこと。実際に見てみないとイメージは分かりませんが、場合によっては浮いて見える可能性も懸念されます。

カローラスポーツにも同様の特別仕様車がでますが、若干仕様が違うとのこと。こちらはステッチがブラック&イエローになるようです。

「50ミリオン」のメリット

参考:カローラ WxBのサイドミラー
通常WxBのサイドミラーとリアスポイラーははボディカラーに関わらずダークグレーメタリック固定

50ミリオンの良い要素として、通常は選択できないボディカラー同色のミラーを選べるという点があります。

また、通常ならオプションとなる以下の装備を標準装備としています。

  • ディスプレイオーディオが9インチに(通常は7インチ)
  • ブラインドスポットモニターを搭載
  • ナノイーXを搭載
9インチディスプレイオーディオ(トヨタ カローラ)

50ミリオンの価格(後述)はベースよりも8万円ほど高くなりますが、これらのオプションは本来11万円ほどなので、3万円ほどお得になる計算になります。

特別仕様車の価格表

前述の通り、50ミリオンの価格(後述)はベースモデルよりも8万円ほど高くなるようですが、装備などを考慮するとお得に設定されています。

現在入手している価格は以下表の通り。実際の価格は多少前後する可能性があります。また、カローラスポーツにはFF仕様にしか特別仕様車が設定されないとのことでした。

モデル駆動方式車両価格
カローラセダンFF2,835,000円
4WD3,033,000円
カローラツーリングFF2,884,500円
4WD3,082,500円
カローラスポーツFF2,830,000円

先程ご紹介した機能や専用カラーリングに魅力を感じている場合、十分「買い」だと言えます。購入を検討する場合はカタログ請求やディーラーの方への相談してみましょう。

新型リーク情報提供求む!
「ディーラーで聞いた」など、読者の方からの新型車情報を募集しています。情報提供をしていただける方はこちらよりご連絡ください!

トヨタ車の新型車情報はこちらから

その他の最新情報

ついに登場!ジムニーのロングホイールベース

マツダの大本命!最も売れたマツダのSUV、CX-5のモデルチェンジは近い?

幻のスライドドアSUV「Tjクルーザー」

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード