MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > bZ4X > 「ゼロを超える」bZ4X、販売台数ゼロを記録してしまう…脱輪のおそれいまなお調査中
bZ4X

更新

「ゼロを超える」bZ4X、販売台数ゼロを記録してしまう…脱輪のおそれいまなお調査中

bZシリーズ第1弾の『bZ4X』

トヨタが2022年5月12日より販売を開始した『bZ4X』は、トヨタの次世代バッテリーEVシリーズ『bZシリーズ』の第1弾として登場した、クロスオーバーSUVタイプのバッテリーEVです。

スバルと共同開発し、兄弟車としてスバルからも『ソルテラ』がデビュー。さらに、レクサスからも共通のプラットフォームを持つバッテリーEV『RZ』が発表されています。

トヨタはbZシリーズについて“「beyond Zero(ゼロを超えた価値)」を目指した”といい、bZシリーズがカーボンニュートラル実現に向けたモデルあることも示しました。

『RC F GT3』の後継モデルとして登場?

リコール発表、使用停止を要請

トヨタはbZ4Xにタイヤ脱落のおそれがあるとして、2022年6月23日にリコールを発表。原因を調査中とし、修理・点検といった具体的な対応についてはまだ発表されておらず、bZ4Xの使用者には使用を停止するよう要請するのみに留まっています。

このリコールにより現在bZ4Xは、KINTOも含めて契約の申し込みを停止中。日本のみならず海外で販売された車両も対象となっていて、購入者に対しても、生産の遅延、もしくは納期未定の連絡が入る状況です。

2022年9月1日にも運転支援機能に不具合のおそれがあるとして国土交通省にリコールを届け出たことを発表。こちらについては改善方法が定められているものの、6月のリコールへの対応については、まだ使用停止の要請から改められていません。

トヨタ bZ4X、112台にタイヤ脱落のおそれ

販売台数ゼロ…bZ3も心配の声

出典:miit.gov.cn

bZ4Xは現在KINTOでの契約申し込み受付が停止されており、海外では法規に基づいた買い戻しの対応もオーナーへ提案されているといいます。

9月の販売台数は0台だったとということや、10月末には受付を再開するといった情報等も海外などで錯綜している中、中国ではbZシリーズ第2弾となる『bZ3』の発表が控えていることも判明。

bZ4Xの問題が解決しないまま、次のモデルが出そうとするトヨタに不満を唱えるユーザーもいるようです。

「歴史に残る失敗」ファン落胆

トヨタが『クラウン シグニア』の商標登録を申請

新型プリウスの発表・発売スケジュールが判明

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード