MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > bZ4X > トヨタ bZ4Xの販売はリースのみ?ディーラー内でささやかれる噂を考察
bZ4X

更新

トヨタ bZ4Xの販売はリースのみ?ディーラー内でささやかれる噂を考察

トヨタ bZ4Xは今年中頃に発売予定

MEGA WEBに展示されていたbZ4X

トヨタの新世代BEVシリーズ「bZ(ビーズィー)」の第1弾であるbZ4X。

すでに内外装のデザインやスペックといった詳細は発表されており、発売は「2022年年央」と伝えられています。海外では一部ボディカラーやグレード名なども明らかになっていて、いよいよ発売が近づいているということを感じさせます。

bZ4Xはリース限定販売になるという噂

東京オートサロン2022に展示されたbZ4X GR SPORT コンセプト

そんなbZ4Xですが、トヨタディーラーに取材をおこなったところ、「bZ4Xの販売がリースのみになるかもしれない」という情報を得ることができました。

詳しく聞いてみると、bZ4XはリースまたはKINTOの2つのみの販売になる可能性があるといいます。まだ噂レベルで確定ではないとのことですが、すでにトヨタディーラーの間でこの情報が広まりつつあるようです。

リース販売はバッテリーの回収が目的か

本当にリースのみの販売になるとして、その理由はバッテリーの回収が目的なのではないかと予想されます。リースであれば数年で車両はメーカーのもとに返却されるので、確実に回収することが可能です。

すでにトヨタは同社の超小型BEV「C+pod」をリース限定販売としていて、その理由は搭載するバッテリーの「3R」(リデュース、リユース、リサイクル)に積極的に取り組むためであると伝えています。

バッテリーを回収することのメリットとしてはもうひとつ、消耗率や劣化具合などの調査ができるという点が挙げられます。これらのデータを蓄積・分析することで、より高品質なバッテリー開発に活かすことができるでしょう。

つまり、BEVをリース販売に限定するというのはメーカーにとっても環境にとっても理にかなったモデルなのです。

バッテリー交換後は中古車として再販売も

さらに、調査が完了した車両に新しいバッテリーを取り付け、中古車として再び市場に送り出すことも可能なので、トヨタとしては一石二鳥。バッテリーが交換されたbZ4Xは比較的安価かつ良質な中古BEVとして、電動化の推進にも貢献することが期待されます。

このあたりはまだ予想の域を出ませんが、ありえない話ではありません。

リース限定BEVは以前から存在する

トヨタ C+pod

BEVがリースのみの販売となった事例は以前から存在します。まず、先程も少し名前を挙げた「トヨタ C+pod」がその筆頭です。

東京モーターショー2019で初公開された際のマツダ MX-30

続いてマツダ初の量産BEV「MX-30 EV」があります。

MX-30 EVは結果的にリース以外でも販売されたのですが、発売前のプレスリリースでは「EVモデルはリース販売を開始する予定」だと伝えられていました。

このことから、マツダも当初はBEVのMX-30 EVをリース販売のみにしようとしていたことが分かります。一般販売もおこなうことになった理由としてマツダは「購入方法の選択肢を広げるため」と説明しており、一般購入やリースに加え、残価設定型ローンも設定しています。

bZ4X以降のBEVもリース限定になるのか

bZ4Xがリース販売になるとすれば、今後発売されるbZシリーズや、昨年12月に公開されたライフスタイルBEVといった車種もリース販売になるかもしれません。

まだ公式発表がないので真偽は不明。今後新たな情報が入り次第お伝えします。

新型リーク情報提供求む!
「ディーラーで聞いた」など、読者の方からの新型車情報を募集しています。情報提供をしていただける方はこちらよりご連絡ください!

トヨタの新型車情報はこちら

クラウンSUVがマジでくる…!?「セダン×SUV」テイストで5月登場か

アルファード&ヴェルファイアが年内に一部改良

ヤリス クロスにGRスポーツが設定予定!最安GRに期待

その他の最新情報

ついに登場!ジムニーのロングホイールベース

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード