MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > テスラ > モデルS > テスラモデルS試乗レポート「ドドンパ」なEV【JAIA輸入車試乗会】
モデルS

更新

テスラモデルS試乗レポート「ドドンパ」なEV【JAIA輸入車試乗会】

テスラ モデルS P100Dに試乗!

MOBY編集部は2019年2月5、6日開催の、日本自動車輸入組合(JAIA)が開催する第39回輸入車試乗会に参加してきました。

この試乗会はメディア関係者や自動車ジャーナリストを対象としたもので、神奈川県の大磯プリンスホテルにて行われました。
ホテルから湘南バイパスを経由して、箱根ターンパイクへ。往復約60分のコースを、テスラ モデルS P100Dでドライブしました。

ボディはワイド。セダンというよりもスーパーカーの雰囲気です

JAIA テスラ モデルS

フロントドア前方にはカメラが

JAIA テスラ モデルS

飛び出すドアハンドル。普段はボディに収納されている

JAIA テスラ モデルS

シンプルながら統一感のある内装

JAIA テスラ モデルS
JAIA テスラ モデルS

エンジンがないのでボンネットは空っぽ

JAIA テスラ モデルS

ラゲッジルームも広く、収納力は優秀

JAIA テスラ モデルS

床下収納も利用できる

JAIA テスラ モデルS

試乗したのは最新版のソフトウェアが搭載された「P100D」。様々な走行モードが選択できるのですが、選んだのは「Ludicrous Mode」。その名の通り馬鹿げた加速力で、「電気自動車=エコで環境に優しい」というイメージに合う走りでは全くありませんでした。

体感的に最も近いのはジェットコースター。富士急ハイランドの「ドドンパ」に乗ったことを思い出しました。

テスラの公式HPでは、停止状態から時速100kmまでの加速に要する時間は、2.7秒。ドドンパの方が速い(0-100km/hは1秒かからない)ですが、市販車では世界最速クラス。現行モデルのフェラーリ、ランボルギーニよりも速い0-100km/h加速となっています。

試乗したテスラ モデルS P100Dの基本情報

テスラ モデルSはEVやソーラーパネルなどを開発・製造・販売する「テスラ」の自動車会社「テスラモーターズ」による、セダンタイプの電気自動車です。

アメリカでは2012年、日本では2013年から発売されており、テスラのラインナップの中核を担っています。

前後2つのモーターによる完全電動運転を実現しているだけでなく、オプションで完全自動運転対応機能も導入可能。

テスラ モデルS
グレード:P100D
ボディカラー:レッド
全長:4,979mm
全幅:1,950mm
全高:-
乗車定員:5名
車両重量:2,290kg
エンジン:モーター
トランスミッション:AT

オプション:最新ソフトウェアVersion 9.0 搭載モデル

新車車両価格:17,059,000円(税込)

テスラ モデルS 公式サイトはこちら

JAIA テスラ モデルS

文:池田 貴美(MOBY)
撮影:宇野 智(MOBY)、尾梶 敬祐(ディーエムソリューションズ)

すべての画像を見る (9枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!