MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > パワーこそ正義!テンロクターボ&スーパーチャージャーの名車たち【推し車】
メーカー・車種別

更新

パワーこそ正義!テンロクターボ&スーパーチャージャーの名車たち【推し車】

「テンロクスポーツ」といえば、1.6リッターの可変バルブ機構付きDOHCエンジン搭載車が、リッター100馬力を超える高回転高出力競争で1990年代日本車黄金期を築きました。

しかし、ターボやスーパーチャージャーといった過給機の「テンロクスポーツ」も負けていません。

自然吸気スポーツエンジン車はレースで活躍しましたが、過給機版はジムカーナやダートトライアルなどで活躍しており、その大トルクにモノを言わせていたのです。

5代目トヨタ カローラレビン/スプリンタートレノGT-Z(AE92・1987年)

トヨタAE92 カローラレビンGT-Z

ミッドシップのAW11型MR2ともども、スーパーチャージャー版テンロク過給機エンジンの4A-GZEを搭載したのがAE92型カローラレビン/スプリンタートレノ。カローラセダンやカローラFX、スプリンターシエロなどには搭載されない、FFでは専用エンジンでした。

まだ自然吸気20バルブ登場前でしたから、自然吸気版4A-GEより出力、トルクともに上回り、バブル時代の豪華仕様AE101型より軽かったのでモータースポーツでも活躍。

1990年代後半になってホンダ インテグラタイプR(初代)登場後も、ジムカーナでは手練れが操るレビン/トレノGT-Zが、まだ熟成が進まないタイプRを喰うほどの走りを魅せています。

3代目三菱 ランサーGSR(1988年)

三菱C73A ランサーGSR

テンロク4WDターボの代表格で、先代のFR版(FF版はランサーフィオーレ)ランサーEXターボ、通称”ランタボ”国内仕様が1.8リッターSOHCターボなのに対し、1.6リッターDOHCターボ(145馬力、のちに160馬力)の5ドアセダン。

兄弟車・ミラージュサイボーグターボ(4ドアセダン)ともどもダートトライアルで活躍。1990年代にランエボやインプレッサWRXより1クラス下のランサーGSRで青春を過ごした、というドライバーは少なくありませんでした。

ランエボIIIなどの中古競技車が安く買えるようになると次第に消えていきましたが、定番マシンとして往時を懐かしむユーザーは今でもいるかもしれません。

3代目いすゞ ジェミニイルムシャーR(1990年)

flickr.com Author:RL GNZLZ CC BY-SA 2.0
※画像は3代目ジェミニ 1.7C/Cディーゼルの海外仕様

テンロク4WDターボ最強、そしてホンダEK9シビックタイプR登場まではテンロクスポーツ最高出力となる180馬力を誇ったマシン。

ラリーで活躍したFF自然吸気仕様に対しダートトライアルで活躍。いすゞの乗用車撤退(1993年)で短命に終わったため競技車としても台数は少なく定番車とはなりえませんでしたが、1990年代末から2000年代にかけ、いすゞ系ショップのトンボハウスによって復活します。

テンロク4WDターボが戦う、当時のダートトライアルA3クラスでランサーGSRやミラージュサイボーグターボと激しく争い、単に珍しいだけでなく持ち前のパワーで何度も優勝を重ね、いすゞ系4WDスポーツの最後を飾りました。

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

新型車に関する最新情報はコチラ!

【推し車シリーズ】まとめて読みたい人はコチラ!

メーカー別●●な車3選はコチラ

スポーツカーを中心にまとめた3選はコチラ

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード