MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 日産 > フェアレディZ > 日産次期新型フェアレディZ「400Z」最新情報のすべて
フェアレディZ

更新

日産次期新型フェアレディZ「400Z」最新情報のすべて

新型フェアレディZ「400Z」について現在判明している情報

フェアレディZ プロトタイプ

2021年4月7日時点でリークされている日産の次期新型フェアレディZの情報は以下のとおりです。

様々な情報がリークされています。それぞれの詳細は各項目にてお伝えします。

市販車モデルの外装デザイン

フロントビュー

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は nissan_fairlady_400_z_2021_prototype_front-1000x800.jpg です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は New_Fairlady-Z_prototype_27.jpeg です
フェアレディZ プロトタイプ

賛否両論だった長方形のフロントバンパーはそのままのデザインで市販化されるようです。 ただし、ナンバープレートがどの位置に装着されるかによってはまた表情が変わってくるので、市販車モデルの雰囲気にも注目です。

ちなみに、ナンバープレートは取り付けられていませんが、市販モデルは既にリークされています。そちらも本記事でお伝えしています。

リアビュー

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は nissan_fairlady_400_z_2021_prototype_rear-1000x800.jpg です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は New_Fairlady-Z_prototype_24.jpeg です
フェアレディZ プロトタイプ

テールゲートには運転席側のドア同様、内蔵キーで解錠するための鍵穴が追加されています。

その他、既に公開されているプロトタイプとは明らかな違いがあるサイドビューなど、特許画像からリークされた市販車モデルの外装デザインは下記記事を参照ください。

エンジンラインナップ

フェアレディZ プロトタイプのエンジンルーム
ェアレディZ プロトタイプのエンジンルーム
出典:newnissanz.com

東京・銀座にある日産のショールーム「NISSAN CROSSING」に、フェアレディZ プロトタイプが運び込まれた際、エンジンフードを開けた状態で撮影がされたものから「インフィニティ Q60 レッドスポーツ 400」の「VR30DDTT」エンジンと一致すると海外サイトで言われています。

インフィニティ Q60のエンジンルーム
インフィニティ Q60のエンジンルーム
出典:newnissanz.com

フェアレディZ プロトタイプには独自のエンジンカバーが装着されており、一見分かりづらいのですが、ゴム製エンジンホースとクーラントキャップの位置が3つとも一致していることから特定されたようです。

新型フェアレディZに搭載されると言われているV型6気筒ツインターボエンジン「VR30DDTT」 について詳細を知りたい方はこちらの記事でチェック!

最高出力(馬力)と重量

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は Nissan_400Z_project_cars_3_screen_shot-1000x562.jpg です
出典:Project cars3

日産 新型フェアレディZの市販モデル「400Z」のスペックが、ビデオゲーム「Project Cars3」内でリークした可能性があります。

スクリーンショットによると、最高出力は驚異の331kw(444PS)、車両重量は1,475kgです。パワーウエイトレシオは3.32kg/PS(トヨタ スープラ以上)と、非常に高い数値となっています。

旧型モデルと比較した場合や、その他詳細事項についてはこちらのページで確認してみてください。

市販モデルがリーク

2021年3月23日、次期新型フェアレディZの生産モデルがInstagram上でリークされました。

これまで見られてきた車両とは異なり、ボディカラーがイエローではないことから生産モデルであることが分かります。

リークされた生産モデルでは、ドアハンドルの形状が若干変更されていたり、リア部分のリフレクターが追加されていたりと、生産モデルとしての調整が加えられています。

出典:caradvice.com.au

また、新たな要素としてリップスポイラーが追加され、リアの「FairladyZ」のロゴは廃止されました。

内装も撮影されており、プロトタイプがマニュアル車だったのに対して、リークされた生産モデルではオートマ車でした。

上位モデルと思われる車両も

出典:carbuzz.com

2021年4月7日には上位モデルと思われる車両もリーク。電動シートやアダプティブクルーズコントロールなどを備える上位グレード「T」である可能性が高いとのこと。

出典:carbuzz.com

外観としてはほとんど変わりはないものの、今回リークされた車両にはナンバープレートが取り付けられており、公道が可能な状態であることが分かります。

市販モデルに見られる改良されたフロントグリルやドアノブ、リアスポイラーなども引き続き確認できます。

出典:carbuzz.com

真っ青なシートが印象的な内装の画像。シートの材質はレザーとスエードを組み合わせたような素材を使用していたとのことです。

グレード構成・装備

海外のフォーラムでは、グレード構成毎のオプションについて以下の記載がありました。

  • ベースグレード
  • タイプ S(パフォーマンス重視のパッケージ )
  • タイプ T(装備の充実したツーリングパッケージ )
  • タイプ ST(タイプSとタイプTの内容を兼ね備えた最上級グレード)

ベースグレードは他のグレードと異なり、最高出力は224kW(約300馬力)、タイプS以上のグレードはツインターボモデルの 331kW(約454馬力)であるとされています。

各グレードの予想標準装備

グレード標準装備(予想)
ベースグレード・12.3インチのデジタルインストルメントクラスター
・AppleCarPlayとAndroidAutoを備えた
 ワイドスクリーンインフォテインメントタッチスクリーン
・曙製ブレーキ
・リアスポイラー
タイプ S・ブレンボ製パフォーマンスブレーキ
・アンチロールバー
・ベースグレードと異なるエンジン構成
タイプ T・電動シート(シートヒーター、シートクーラー)
・レザートリム
・アダプティブクルーズコントロール
・ブラインドスポットモニタリング
・ベースグレードと異なるエンジン構成
タイプ ST・タイプSおよびタイプTの装備

詳細はこちらの記事でもお伝えしています。

新型フェアレディZ「400Z」の発売日は?

フェアレディZ プロトタイプ

日産 新型フェアレディZの市販モデル「400Z」は、2021年末から2022年内に発売されると予想されています。

ただし、騒音規制の問題から考えると、2021年度内に発売が開始されるのではないかとMOBY編集部では想定しています。

いずれにしても、車好きなら誰もが知っている日産フェアレディZの新型車に今後も目が離せません。新しい情報が入り次第、皆さまにお伝えさせて頂きますのでお楽しみに!

歴代フェアレディZの全モデルを一挙紹介!

その他の最新情報

リーク情報多数!トヨタ新型ランドクルーザーも発売間近か

ついに登場!ジムニーのロングホイールベース

次期新型シビック タイプRは最後のガソリン車に?

すべての画像を見る (13枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部

関連キーワード