MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 人気車「軽スーパーハイトワゴン」って何?元祖から最新の売れ筋車種まで解説【推し車】
メーカー・車種別

更新

人気車「軽スーパーハイトワゴン」って何?元祖から最新の売れ筋車種まで解説【推し車】

現在、日本の自動車市場で鉄板と言ってもよいほど最大の売れ筋で、軽自動車ブームの牽引役となっている軽スーパーハイトワゴン。

初代スズキ ワゴンR(1993年)に始まる軽トールワゴンブームを引き継ぎ、2010年代に入ると爆発的に販売台数を伸ばしてきましたが、そこで大きな役割を果たしたゲームチェンジャー的な3台を紹介します。

ダイハツ タント(初代・2003年)

最初はただの「背の高いクルマ」だった元祖軽スーパーハイトワゴン

ダイハツ タント(初代)

スズキのワゴンRに出し抜かれ、ミラがベースの初代ムーヴ(1995年)が急造ながらもワゴンRに当初なかった高性能ターボ車や5ドア車、カスタム仕様で対抗、新規格軽自動車時代にも2代目ムーヴ(1998年)で追撃します。

しかし一度ブランドとして定着したライバルには及ばず、目先を変えてトールワゴンよりハイルーフのスーパーハイトワゴンを開発したのが、初代タントです。

まだ軽自動車にスライドドアが定着する以前の話で、2代目から左側後席に採用する、助手席ドアとともに開放すれば広大な開口部を生むミラクルオープンドアではなく、後席も通常のヒンジドアでしたが、得意のカスタム戦略もあって、それなりの人気が出ます。

それでも販売トップはワゴンRで、タントは2代目まで売れ筋のムーヴを補完する存在に過ぎませんでしたが、各社が軽スーパーハイトワゴンを主力とする2010年代までにもっとも経験を蓄積するメーカーになりました。

最新「タント」中古車情報
本日の在庫数 16461台
平均価格 95万円
本体価格 0~250万円

ホンダ N-BOX(初代・2011年)

軽自動車の価値を高めてブームを起こし、国民車として返り咲かせた

ホンダ N-BOX(手前)とN-BOXカスタム(奥・いずれも初代)

初代タントが軽スーパーハイトワゴンとしての形、スズキ パレット(2008年)が後席両側スライドドア、それぞれ先行して実績を作る間、ホンダは軽トールワゴンの5代目ライフ(2008年)を最後に軽乗用車から撤退と噂されるほど、低迷していました。

しかし心機一転、かつてN360で一世を風靡した原点に帰り、限界まで極めたスペース効率、存在感ある外観デザイン、軽自動車だからと妥協しない充実した装備や品質で攻めまくった「N」シリーズを全面新開発、第1弾がN-BOXです。

それまでライバルが重視していた堅実なファミリーカー的要素や、軽自動車ゆえの経済性よりも、軽自動車という枠にとらわれず積極的に選ばれるクルマづくりに努めた結果、発売直後から従来の定番車ワゴンRを押しのける大ヒット!

やがて日本の自動車市場が衰退する一方、N-BOXが先頭に立った軽自動車は好調を維持し、軽自動車ブームの立て役者となりました。

最新「N-BOX」中古車情報
本日の在庫数 8988台
平均価格 110万円
本体価格 7~1,000万円

スズキ スペーシアカスタムZ(初代・2016年)

プライドをかなぐり捨てたオラオラ顔が大正解!

スズキ スペーシアカスタムZ(初代)

初代N-BOXがタント、ワゴンR、ムーヴと熾烈な販売競争を繰り広げる中、後席両側スライドドアをFF軽乗用車で初採用にも関わらず低迷したのが、スズキのパレットと後継の初代スペーシア(2013年)。

しかし2015年の年間販売台数は日産のデイズ/デイズルークスにも抜かれ、主力だったワゴンRが6位、スペーシアに至っては10位と低迷を極め、さすがに危機感が高まったようです。

モデルチェンジ1年前の末期型に関わらず、パレットSW、スペーシアカスタムとライバルより地味だったカスタム仕様へ大型メッキグリルの分厚いマスクを採用した「スペーシアカスタムZ」を発売、なりふり構わぬテコ入れで人気を回復しました。

これで2代目(2017年)からアグレッシブ路線に転じたスペーシアはN-BOXに次ぐ販売台数2位へ躍進、スペーシアギア(2018年)やスペーシアベース(2022年)とテコ入れを加え、今もN-BOXを追撃中です。

最新「スペーシアカスタム」中古車情報
本日の在庫数 3529台
平均価格 133万円
本体価格 19~296万円

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

【推し車シリーズ】まとめて読みたい人はコチラ!

メーカー別●●な車3選はコチラ

スポーツカーを中心にまとめた3選はコチラ

「ちょいワルオヤジに乗ってほしい車」などの特集はコチラ

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード