MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ちょいワルオヤジに乗ってほしいアヴァンギャルドな国産ファミリーセダン【推し車】
メーカー・車種別

更新

ちょいワルオヤジに乗ってほしいアヴァンギャルドな国産ファミリーセダン【推し車】

果たして国産ファミリーセダンで、ちょいワルオヤジに似合う、乗ってほしい車などあるだろうか…ここでクラウンやセド/グロなど、凄みのあるセダンを出すのはたやすいのですが、「いかにも」であると同時に高級すぎ、ファミリーセダンとは言えません。

さりとて、あからさまなスポーツ路線や4WDターボなら何でもいいとは言えないと悩んだ末、「5ナンバーでスポーティ、そして決して保守的ではない、アヴァンギャルドなファミリーセダン」を厳選してみました。

日産 プリメーラ(初代・1990年)

酷評されるほどのヨーロピアンテイストが、ある意味アウトサイダー

日産HP10 プリメーラ2.0Te(初代)

日産が1990年代の技術世界一を目指した「901運動」で生まれた車のうち、純粋なブランニューモデルとして登場、1.8〜2.0L級のFF4ドアセダン、とだけ聞けば凡庸なファミリーセダンそのもので、広くて背の高いキャビンによる見た目もそう思わせます。

しかし、発売当時は背が低くスポーティ、セダンというよりクーペ的な4ドアハードトップ全盛期でしたし、固められた足回りは従来の柔らかくソフトな当時の国産車と違いすぎ、全くフワフワせず乗り心地が悪いと不評なほどでしたが、これこそヨーロピアンスタイル。

保守的なようでいて中身は斬新、かつ革新的というのは、ちょいワルオヤジにも当てはまるキーワードだと思いませんか?

最新「プリメーラ」中古車情報
本日の在庫数 31台
平均価格 138万円
支払総額 30~421万円

シビックフェリオSiR(5代目・1991年)

見た目と裏腹の走りに、イタズラっぽく笑うちょいワルオヤジが見たい

ホンダEG9 シビックフェリオSiR(5代目・フェリオとしては初代)

5代目EGシビックは、「スポーツシビック」という別名の通り、4代目EFの4輪ダブルウィッシュボーンサスを熟成、ストローク不足による接地性の悪さを克服した、走りの楽しい車とはいえ、印象深いのはあくまでハッチバックの話。

新たにフェリオのサブネームが与えられた4ドアセダンは、フロントマスクこそハッチバック同様なものの、後席ドアと独立トランクがついた姿はファミリーセダンそのもの。

しかし、「SiR」グレードは、ハッチバックの同名グレードと同じB16A DOHC VTECエンジンを積んだホットモデル。

何の期待もせず助手席に乗り込んで出発すると、運転席でちょいワルオヤジの「ニヤリ」と笑う顔が思い浮かびそうです。

最新「シビックフェリオ」中古車情報
本日の在庫数 49台
平均価格 140万円
支払総額 50~338万円

スバル レガシィB4(3代目・1998年)

5ナンバー最後のB4&ツインターボでボクサーサウンドを響かせる

スバルBE5 レガシィB4 RSK(3代目・B4としては初代)

レガシィセダンは、初代はレオーネを引きずった凡庸なデザイン、WRCでもインプレッサWRX登場で主役の座を奪われ、2代目も存在感がなく、販売面で大ヒットしたツーリングワゴンの影に隠れていました。

それではいけないと、「B4」のサブネームを与えテコ入れしたのが3代目で、思い切って廉価グレードは切り捨て、自然吸気とシーケンシャルツインターボ、2種類の2.0Lボクサーエンジンを積むスポーツセダンとして再出発します。

3代目はまだ5ナンバー車で、3ナンバー車の4代目より「羊の皮を被った狼」的な魅力があり、なんだ5ナンバーかと一度ガッカリさせてから走りで驚かせられるのが、ちょいワルオヤジ向きだと思う理由です。

最新「レガシィB4」中古車情報
本日の在庫数 627台
平均価格 95万円
支払総額 30~536万円

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

新型車に関する最新情報はコチラ!

【推し車シリーズ】まとめて読みたい人はコチラ!

メーカー別●●な車3選はコチラ

スポーツカーを中心にまとめた3選はコチラ

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード