MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > オールドファンには懐かしい!復活したら売れそうなヘビーデューティーSUVたち【推し車】
メーカー・車種別

更新

オールドファンには懐かしい!復活したら売れそうなヘビーデューティーSUVたち【推し車】

1980年頃、商用車など実用車をカッコよく乗ろうとする第1次RVブームがおこりました。そのなかで生まれた車のうち、オフローダー、今の言葉でいうクロカン(クロスカントリー車)、またはヘビーデューティーSUVは1990年代の第2次RVブームで大流行した後、大半は消えて行きました。

その理由は「本物のタフな車より、同じ形をして快適性や操縦性、経済性が乗用車と同等なクロスオーバーSUVの登場」でした。しかし最近になってジムニーやランクルなど「使わない機能でも本物志向」で、オフローダー人気が再燃しています。

そこで、今復活したら売れるかもしれない過去のヘビーデューティーSUVを集めてみました。

日産 サファリ(海外では別名で販売継続中)

日本では4年待ちでも意外に不振?なランクル300へ対抗してほしい

日産 パトロール 70周年記念モデル
日本ではサファリに改名するも販売不振によって廃止。その後海外では販売を継続している。

もとはランドクルーザー同様に警察予備隊(現在の陸上自衛隊)向けで、不採用後はパトロールの名で販売。1980年にRV需要狙いで国内名をサファリと改名して再出発しますが、装備や快適性でライバルに劣り販売は低迷。

2007年に国内販売を終了しますが、海外では引き続きパトロールやパスファインダーなどの別車名で販売中です。

一方、最新のランドクルーザー300は日本でこそ4年待ちの人気も。北米など先進国では快適性が劣り、新興国では豪華装備は不要と意外に敬遠されているようで、旧サファリも健闘しています。

国内の車種を整理しすぎた日産にとって、サファリ復活は直接販売に結びつかずとも、案外いい刺激になるかもしれません。

スズキ 初代エスクードノマド(1988年)

ジムニーシエラ5ドア化より、素直にエスクード復活でもよいのでは?

スズキ 初代エスクード ノマド
あえて外装は乗用車風としつつ、中身は本格オフローダーだった。

2022年には発表と言われつつなかなかデビューしない5ドア版ジムニーシエラ。元がジムニーのままホイールベースを伸ばして5ドア化しても、車体が長いだけで幅が狭く、使い勝手がイマイチになりかねません。

実際は初代ハスラーを模したクロスビーのごとく、「ジムニーの形をした別な車」になるかと。それならオールドファンには懐かしい、初代エスクード復活もアリだと思います。

2021年に国内販売を終えたエスクードは、最終モデル(4代目)こそ軟派なクロスオーバーSUVでしたが、元はラダーフレーム式のタフなオフローダーで5ドアのノマドも。エスクードが軟弱になったと嘆いていたファンも納得しそうです。

ダイハツ 初代ロッキー(1990年)

本格コンパクトクロカンなら意外な老舗、今なら車名はラガー?

初代ロッキーの海外版「フェローザ 1.6DX」
海外ではラリーで活躍したダイハツの名車。日本では不振だったが、今なら?
flickr.com Author:RL GNZLZ CC BY-SA 2.0

スズキが5ドア版ジムニーシエラを出すなら、ダイハツにもコンパクトな5ドアヘビーデューティーSUV復活の噂も。

ダイハツは1970年代からコンパクトなオフローダーを販売。主に新興国で好評を得ており、日本でも軽SUVのテリオスキッドなど、悪路走破性こそジムニーに劣ったとはいえ、5ドアが重宝されて根強い人気がありました。

それより昔のタフト、ラガー、ロッキーなどはむしろ、本格的過ぎるうえにデザインも快適性も流行に乗れず日本では不振でした。本物志向の今ならチャンスがあるかもしれません。

タフトとロッキーは既にクロスオーバーSUVとして復活してしまったので、車名は「ラガー」がよさそうです。

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

新型車に関する最新情報はコチラ!

【推し車シリーズ】まとめて読みたい人はコチラ!

メーカー別●●な車3選はコチラ

スポーツカーを中心にまとめた3選はコチラ

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード