MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > シトロエン > c4 カクタス > 【シトロエン C4 カクタス】創設者アンドレに捧ぐ!超個性派クロスオーバー
シトロエン c4 カクタス
c4 カクタス

更新

【シトロエン C4 カクタス】創設者アンドレに捧ぐ!超個性派クロスオーバー

C4 カクタスの誕生。デビューは創設者の生誕日

シトロエン c4 カクタス

C4 カクタスが誕生したのは2014年2月5日。奇しくもデビューの日である2月5日は、シトロエンの創設者アンドレ・シトロエンが生まれた日でもありました。C4 カクタスは2013年に開催されたジュネーブ・モーターショーにて発表されたコンセプトモデル「カクタス」がベース。市販車モデルとなった場合、コンセプトで打ち出した大胆さは鳴りを潜めるのが一般的であるのに対し、C4 カクタスは忠実に再現。革新的モデルを生み出すことで知られるシトロエンらしい、と評価を受けました。

シトロエン c4 カクタス

パネルには創設者生誕の日にデビューしたC4 カクタスは「シトロエンここにあり」と思わせる1台だ、とあった。同車の源流は2007年発表のコンセプト・C カクタスまで遡り、シンプルなモダンデザインをまとい、サイドにはエアバンプ、マイナーチェンジ後は新機軸プログレッシブ・ハイドローリック・クッションも採用。C4 カクタスは2CVの現代版とも言える省資源と快適性をシトロエン流エスプリで提示したのだ、と書かれていた。

一度見たら忘れない!C4 カクタスの超個性的デザイン

シトロエン c4 カクタス
サイドの板チョコ状の緩衝材がエアバンプ。

C4 カクタスは他とは一切被らない超個性的デザイン。一つ一つはシンプルな面で構成されているものの、組み合わせの妙でその個性を際立たせる方式が取られていると言えるでしょう。細目・切れ長に処理されたヘッドランプ、ポップにアレンジしたダブルシェブロン、サイドには緩衝材を逆にデザインとして生かしたエアバンプなど、どれもが絶妙な遊び心が感じられます。ボディサイズは全長で4,100mmを超えるも、車両重量は約1,000kg。この車重は同時期発売ミニのワン クロスオーバーより約350kg軽いものです。

シトロエン c4 カクタス

C4 カクタスは内装も個性的。特筆すべきはダッシュボードに装備される「トップボックス」で、この装備は旅行鞄を思わせる素材と見た目で出来ていて、ドアノブに採用されたレザーベルトとともに独特の室内空間を演出。さらにシートは座面・背面ともロングドライブでも疲れを感じさせないシトロエンらしい仕上がりとなりました。

C4 カクタスは駆動方式は伝統のFF!低燃費で経済性も抜群

シトロエン c4 カクタス

C4 カクタスのエンジンには当初、ガソリン仕様が1.2Lで直列3気筒のPureTech(ピュアテック)エンジンにチューニングを変えたNA(自然吸気)2種類と、ターボ車1種類がラインナップ。NAタイプの最高出力はそれぞれ75ps、82psとし、ターボ車は110psとしています。また、ディーゼル仕様は1.6L 直列4気筒ターボとなり、最高出力は99psを達成。駆動方式はクロスオーバーでありながら、シトロエン伝統のFFを採用。車両重量の軽さも相まって、ガソリン仕様のターボ車でも欧州複合基準で21.7km/Lと公表しています。

シトロエン c4 カクタス

C4 カクタスの日本での販売は、2016年に限定200台となったガソリン仕様の1.2L 直列3気筒・最高出力82psのベースグレードのみ。C4 カクタスは2018年のジュネーブモーターショーにてマイナーチェンジ・モデルを発表。2代目モデルは粗削りだった部分を大幅にリファインし、サスペンションにも新機構となる「PHC(Progressive Hydraulic Cushion」を搭載し話題となりましたが、残念ながら日本発売には至っていません。ちなみにこの記事の画像の個体はモデルチェンジ以前の初代C4 カクタスです。

シトロエン c4 カクタス

斬新なデザインと優れた経済性・実用性を併せ持ち、創設者の生誕日にデビューしたC4 カクタス。それを証明するように、同車はリュジーヌ・ヌーベル誌が選出する「インダストリアルプロダクト 2014」をはじめ、数々の賞にも輝きました。

C4 カクタス 人気は健在!中古車価格は高めで推移

C4 カクタスは2016年国内発売当初の価格は約240万でしたが、限定台数200台は即完売となるほど人気となりました。今でもその人気は健在で、現在の価格は180万~220万円で推移しています。(2019年12月時点)

シトロエン C4 カクタスのスペック詳細

下記のスペックは2016年日本発売の初代ベースグレードのものとしています。

  • エンジン:1.2L 直列3気筒DOHC
  • 最高出力:82ps/5,750rpm
  • 最大トルク:12.0kg・m/2,750rpm
  • ボディサイズ:全長 4,155mm 全幅 1,735mm 全高 1,530mm ホイールベース 2,595mm
  • 車両重量:1,070kg
  • トランスミッション:5AT
  • 駆動方式:FF
  • 乗車定員:5人
  • 新車時車両価格:238万円

*本記事の画像は2019年8月に開催されたシトロエン創立100周年イベント「シトロエン・センティナリー・ギャザリング」にて撮影。

※参考文献:オクタン日本版特別編集 “シトロエン オリジンズ 1919-2019”(世界文化社)

【Amazon】CITROËN ORIGINS 100年のシトロエン

すべての画像を見る (7枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
石黒 真理

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!

関連キーワード