MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > シトロエン > 【シトロエン BX】イタリア・ガンディーニが生んだ新たなスタイル
シトロエン bx
シトロエン

更新

【シトロエン BX】イタリア・ガンディーニが生んだ新たなスタイル

新生シトロエンを具現化したBX。デザインはベルト-ネ

シトロエン bx
画像BXのグレードは「16 TRS」

1976年、あらたにPSAとなったシトロエン。LN・VISAとプジョー車をベースとしたコンパクトモデルを発表するも、反響はややインパクトに欠けるものでした。そこで、次期ミドルクラス開発にはデザインを社外委託に決定。依頼先はイタリアのカロッツェリア「ベルト-ネ」、デザイナーはマルチェロ・ガンディーニとなりました。

シトロエン bx

シトロエンとベルト-ネ、ガンディーニとの関係は、以前にも1972年ジュネーブ・モーターショーの際、コンセプトカー「GS CAMARGUE(カマルグ)」でコラボを果たした間柄。カマルグはBXをはじめ新生シトロエンにとって、大きな影響を与えたエポックカーと言えるでしょう。

シトロエン bx
BXのパネルには、新体制下でシトロエンらしさを追求したモデルがBXだ、とあった。革新的デザイナー・ガンディーニはシトロエンには適した人選といえ、ベースモデルよりも長いホイールベースにシトロエンのトレードマーク・ファストバックスタイルを採用し、軽量化のため車体にプラスチックを多様することで、900kg切りを実現。BXは従来モデルとは違い直線的にもかかわらず、今見れば十二分にシトロエンらしくエキゾチックだと書かれていた

シトロエン BX 伝統にシャープさをプラス

シトロエン bx

BXは1982年パリサロンにてデビュー。GS/GSAの後を継ぐ形のミドルクラスです。ガンディーニはプジョー305をベースとしながら、シトロエンの伝統を生かしつつシャープさをプラスし全く別物に。スタイリングは無駄を一切排した直線基調に、リアタイヤのサイドスパッツは現代版にアレンジ。新生シトロエンを印象付けるデザインとしています。

シトロエン bx
個体のBX 16 TRSは前期型でメーターはボビン式

1986年のビックマイナーチェンジを境に前期・後期に区別されるBXでは、それを機に内装特にインパネ周りに大きな変更がありました。前期型ではスイッチ類を集合させるメータークラスター、円筒式に回転するボビンメーターを採用し、シトロエンらしさが色濃く残るのが特徴ですが、後期型ではメーターは通常のアナログに、メータークラスターも一般的なクラスタースイッチとなりました。また、期を通してシートの座り心地の良さは特筆すべき点で、この時期のシトロエンモデルに共通したものでした。

シトロエン BX エンジンはフラット4からプジョー製に

シトロエン bx

BXは新体制となったものの、サスペンションには代名詞とも言えるハイドロニューマチックを採用。フロントはストラット、リアがトレーリングアームとしました。エンジンはガソリン仕様が1.4L・1.6L・1.9Lに直列4気筒SOHCの組み合わせ、1.9Lに直列4気筒DOHCの組み合わせとなり、1.9L・DOHCモデルの最高出力は160hpを達成。駆動方式はFFとしましたが、1988年に4WDモデルも追加されています。

シトロエン bx

一方、ディーゼル仕様には1.7L・1.9Lに直列4気筒SOHCが組み合わされ、1.9Lにはターボモデルも展開し、最高出力は90hpを達成しました。BXは、洗練されたデザインとシトロエンらしい乗り心地、操作性の向上などから大ヒット。シトロエン史上2CVに次ぐベストセラー車となりました。

日本に2台!グループBのホモロゲーション「BX 4TC」も披露

シトロエン bx
この画像の個体は「BX 4TC 」

BXには、世界ラリー選手権・グループB出場のためのホモロゲーションモデルが存在。そのモデルが1985年9月発表の「4TC」です。エンジンはプジョー製505をベースに、2.1L 直列4気筒ターボをフロント縦置きとしたパートタイム4WDでハイドロニューマチックも搭載しました。

シトロエン bx

4TCの最高出力は200psを発揮。さらに1ヶ月後エボリューションモデルも発表し、最高出力380psとしました。その多くがスクラップになったとされる4TC。日本では2台が存在すると言われ、「シトロエン・センティナリー・ギャザリング」で披露。その模様が下記の動画です。

BXの中古車流通量は前期型が稀少

BXの流通量はその殆どが後期型となっていて、ボビンメーターなどが採用された前期型は稀少と言えるでしょう。現在の価格は60万~110万円となっています。(2019年11月時点)

シトロエン BXのスペック詳細

下記のスペックは1987年日本販売された「BX 16 TRS」のものです。

エンジン:直列4気筒SOHC
最高出力:94ps/6,000rpm
最大トルク:14.0kg・m/3,250rpm
ボディサイズ:全長 4,230mm 全幅 1,660mm 全高 1,365mm ホイールベース 2,655mm
車両重量:1,000~1,040kg
トランスミッション:4速AT/5速MT
駆動方式:FF
乗車定員:5人
新車時車両価格:295万円

*本記事の画像は2019年8月に開催されたシトロエン創立100周年イベント「シトロエン・センティナリー・ギャザリング」にて撮影。

※参考文献:オクタン日本版特別編集 “シトロエン オリジンズ 1919-2019”(世界文化社)

【Amazon】CITROËN ORIGINS 100年のシトロエン

この記事の執筆者
石黒 真理