MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > モテ期再来間違いなし?ちょいワルオヤジに乗ってほしいセダンたち【推し車】
メーカー・車種別

更新

モテ期再来間違いなし?ちょいワルオヤジに乗ってほしいセダンたち【推し車】

「ちょいワルオヤジ」なんて言葉は最近あまり聞きませんが、つまりはいわゆる本当にワルいオジサンでもなく、さりとてカタいオヤジでもお笑い方面でもサワヤカ系でもなく、要するに「ヤンチャなアニキがそのまま年を取ったようなオジさま」のことです。

そんな人がカワイイ車に乗るとギャップ萌えになってしまいますし、スーパーカーだと成金みたいでちょいワルとも違いますから、意外と車は選ぶもの。

そこで今回は、ちょいワルオヤジに乗ってほしいセダンを国産車から3台選んでみました。

日産 セドリック/グロリア

特にY32と33のグランツーリスモ

日産Y32 セドリック V30ツインターボ グランツーリスモ アルティマ

いかにユーザーの若返りを図ろうとも優等生向けで、警察御用達なイメージの強いクラウンと違い、日産のセドリック/グロリアは「保守派でも若い頃のヤンチャを忘れない、ちょいワルオヤジ向け」なイメージが売りだったと思います。

後継のフーガは、国際的高級モデルのインフィニティ車を持ってきたせいで雰囲気を全く受け継いでいません。しかし、クラウンと並べて「ちょいワルオヤジが乗ってきたのはどっちだ?」と聞かれれば、大抵はセド/グロを選ぶでしょう。

特にY32と33に設定された4つ目ヘッドライトで迫力満点なグランツーリスモなら、昔の武勇伝をひけらかす事もなく、ただニヤリと笑うちょいワルオヤジに似合います。

トヨタ アリスト

4つ目の2代目ツインターボは「チョイワル度」高し

トヨタJZS161 アリストV300

セド/グロのグランツーリスモに触発されたか、トヨタもクラウン派生のスポーツセダン仕様として1991年に初代アリストを発売。後の80スープラと同じ3リッター直6ツインターボ搭載車をハイパフォーマンス版として準備する「直線番長」でした。

しかしセド/グロがY32で「4つ目のグランツ」を出してくると、アリストも初代の優雅なピニンファリーナデザインから一転します。1997年にモデルチェンジした2代目では、流線型の4つ目でダーティな雰囲気と高級感を両立しています。

3代目からレクサス車(GS)になってしまい、上品さと価格にばかり磨きがかかって嘆いたちょいワルオヤジは多かったのではないでしょうか?

日産 シーマ

イタリアンルックな初代は、ちょっとアウトローなマフィアの香り

日産FY31 シーマ タイプIIリミテッド

国産セダン市場でもっとも「ちょいワルオヤジが似合う車」といえば日産のシーマ。それもとびきりのイタリアンルックで、マフィア向けパーソナルカーとしても使えそうな初代が最右翼です。

3リッターV6DOHCターボで尻を下げるほどの加速!という意味で話題になる事が多いものの、1970~1990年代あたりのマセラティ クアトロポルテのごとく、イタリアンマフィアが映画で乗っていそうな雰囲気も魅力的。

ベンツやセンチュリーと異なり、シーマだとアウトローな雰囲気でも「本物ではなくちょいワル」という感じがしますし、筆者のちょいワルな先輩も、リアシートへ「E・YAZAWA」のタオルをかぶせた初代シーマに乗っていました。

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

新型車に関する最新情報はコチラ!

【推し車シリーズ】まとめて読みたい人はコチラ!

メーカー別●●な車3選はコチラ

スポーツカーを中心にまとめた3選はコチラ

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード