MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 今もワンボックスカーは「ボンゴ」と呼ぶ人がいる?1BOX車文化を築いた先駆車たち【推し車】
メーカー・車種別

更新

今もワンボックスカーは「ボンゴ」と呼ぶ人がいる?1BOX車文化を築いた先駆車たち【推し車】

昔ほど多種多様ではないとはいえ現在も大小さまざま、小型車や軽自動車版はEVすら存在するフルキャブオーバー1BOX車(商用バン/乗用ワゴン)ですが、トラックやバスを除く近代的1BOX車は意外に新しく、本格的なモデルが登場したのは1960年代から。

しかし、エンジンを座席下や床下に収めてボンネットいらず、車体長のほとんどを乗室や荷室に使える1BOX車のスペース効率は素晴らしく、各社からたちまち同種のクルマが誕生し、現在に至ります。

今回はその中でも販売面で成功し、その後の1BOX車文化を形作っていった「ゲームチェンジャー」を紹介しましょう。

スバル サンバー(初代・1961年)

フルキャブオーバー1BOX初のヒット作

スバル サンバー(初代)

国産キャブオーバー1BOXの元祖としては、FFの日野 コンマース(1960年)、RRのくろがね(現・日産工機) ベビーがあったものの、技術的課題、販売力といった問題をクリアして初のヒット作となったのが、スバルの初代サンバーです。

軽乗用車として初のヒット作、スバル360(1958年)には、ボディ後部が開閉可能で荷物の積み下ろしを容易にした「スバル360コマーシャル」(1959年)という派生車があったものの、ボディがそのままでは商用車として無理がありました。

そこで、スバル360のメカニズムを頑強なラダーフレームに組み合わせ、フルキャブオーバー1BOXボディを載せたのが初代サンバー。

スバル360譲りの四輪独立懸架で快適性や操縦性が優れ、荷物も傷みにくく、原型車があるためコスト面でも有利なサンバーは先行したベビーを市場から駆逐し、国産フルキャブオーバー1BOXで初のヒット作となったのです。

マツダ ボンゴバン/ボンゴコーチ(初代・1966年)

「ボンゴ」が1BOX車の代名詞になったほど革命的だった

マツダ ボンゴ(初代)

ファミリア用の782cc直4OHVエンジンをリアに搭載したRR車で、車内後端部にエンジンの出っ張りがある代わり、中央部は超低床でコーチ(乗用ワゴン)の2列目は快適、バン(商用)も高い荷物が積めるサンバー同様のレイアウトで登場。

本格的な小型フルキャブオーバー1BOX車としては初のモデルで、商用バンのみならず乗用のコーチもレジャー向けに積極的な提案が行われ、同年に登場したカローラ、サニーの初代モデルとともに、「マイカー元年」の一翼を担ったモデルです。

このレイアウトでは、車内をフラットにするとエンジンの分だけ高床になってしまう欠点はあったものの、スペース効率が高く、サンバーなど軽1BOXよりパワフルなボンゴはヒット作となり、その後の1BOX車全てが「ボンゴ」と俗称されるほど、革命的なクルマでした。

今でも60代以上のユーザーなら、ハイエースでもなんでも「ボンゴ」と呼ぶ人が、まだいるかもしれません。

トヨタ ハイエースワゴン(初代・1967年)

国産1BOX車のスタンダードモデル、誕生

トヨタ ハイエース(初代)

近代的FRベースフルキャブオーバー1BOX車の元祖は日産と合併以前のプリンス ホーミー(初代・1965年)ですが、より完成度が高く、豊富なバリエーションで支持されたのは、トヨタの初代ハイエースです。

クローズド・ボデー(全天候型)のデリバリーバンを主軸に、9人乗りワゴン、12人乗りコミューター、3人乗り1tトラックをラインナップし、トラックが廃止された以外、現在と基本ラインナップは変わりません。

幅広い用途で使い勝手がよく、リアエンジン車と違って車内後部の段差がなく、フラットな荷室、天井への圧迫感がなくエンジンの振動もない3列目を実現可能なFRタイプの1BOX車は、この初代ハイエースでほぼ完成したと言えます。

その後も他社から同クラスライバルが登場したものの、完成度の高い初代モデルで先行したハイエースのシェアは盤石で、1BOX車におけるゲームチェンジャーにふさわしいモデルでした。

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

【推し車シリーズ】まとめて読みたい人はコチラ!

メーカー別●●な車3選はコチラ

スポーツカーを中心にまとめた3選はコチラ

「ちょいワルオヤジに乗ってほしい車」などの特集はコチラ

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード