MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > どう見ても4人乗れません…今では絶対作れない?1990年代のヘンタイ軽自動車たち【推し車】
メーカー・車種別

更新

どう見ても4人乗れません…今では絶対作れない?1990年代のヘンタイ軽自動車たち【推し車】

ダイハツ ミラRV4や三菱 ミニカトッポ カラボスのように、普通の軽自動車へRVルックをまとわせた車は意外と現在の三菱 eKクロスやスズキ スペーシアのように「今でも作れてしまう」ものですし、本格軽スポーツはホンダ S660やダイハツ コペンがあります。

しかしそれ以外でも「こりゃもう作られる事はないだろうねぇ?」と思える車が1990年代には結構あったもので、目のつけどころが少々マイナーなものも含め、今回は3台紹介しましょう。

スバル ヴィヴィオ T-top(1993年)/GX-T(1994年)

これで4人乗りだからリーザスパイダーもビックリ

スバル ヴィヴィオGX-T

1990年代、バブルの勢いで作った軽オープンには新開発の後輪駆動スポーツもありましたが、1980年代のコンパクトカーのごとく既存車ベースの軽オープンを選んだのがダイハツとスバルでした。

前者は2シーターのリーザスパイダー、後者がなんと4シーターのヴィヴィオT-topと、そのスーパーチャージャー版GX-Tで、荷室の代わりに独立トランクと思えば後席の実用性は普通にありそうで、前席頭上は3分割ルーフでTバールーフにもオープントップにも可能。

後席後方の丸々開く電動リヤウインドウも開ければフルオープン(後席左右頭上にロールバーはありますが)になるオープンクーペ、今はどこも作りそうにありません。

最新「ヴィヴィオ」中古車情報
本日の在庫数 46台
平均価格 87万円
支払総額 34~256万円

ホンダ Z(2代目・1998年)

MTや5ドアなら売れたかといえば、やっぱりダメだった気がする

ホンダ Z(2代目)

アクティ/バモス系のパワートレーンにボンネットの長い3ドアボディを載せた、国産唯一のアンダーフロアミッドシップSUVで、1970年代の同名車とは無関係。

本来は先端に位置する前席が大幅に後退し、エンジンともども重量物を中心に置くミッドシップスポーツなら理想的配置なものの、フロント荷重不足などで直進安定性や前後荷重の安定性が悪く、バモスなどと比べてもヒョコヒョコした動きが不評でした。

ミッドシップやリヤエンジンに慣れた人以外には違和感でしかない動きが、重心の高さで増幅された事や、5ドア全盛なのに3ドアしかなく、走りを楽しむにもMTがないなど販売面では非常に厳しく、一代限りの珍車で終わっています。

最新「Z」中古車情報
本日の在庫数 38台
平均価格 49万円
支払総額 17~160万円

スズキ キャリイ(10代目ロングホイールベース車・1999年)

スズキが軽トラに必要なものを考え直したキッカケ

スズキ キャリイ(10代目最初期型)

新規格対応で1999年1月にモデルチェンジした10代目キャリイは、なぜか致命的なツッコミどころを数多くやらかしてしまった、軽トラとしてはある意味でヘンタイ車でした。

強化された衝突安全基準対応ボンネットが長すぎ、確保した車内空間で荷台が短く、荷台を長くする改良でキャビンは狭くなり、マイナーチェンジで見た目がすっかり変わる手直しを受けます。

さらにフロントタイヤがボディ先端でホイールベースが伸びすぎ、軽トラの美点である小回りが効かず、後にショートホイールベース版を追加するハメに。

現在キャリイの販売台数はライバルのダイハツ ハイゼットに負け気味ですが、この代での客離れが今でも響いているのかもしれません。

最新「キャリイトラック」中古車情報
本日の在庫数 3373台
平均価格 87万円
支払総額 17~445万円

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

【推し車シリーズ】まとめて読みたい人はコチラ!

メーカー別●●な車3選はコチラ

スポーツカーを中心にまとめた3選はコチラ

「ちょいワルオヤジに乗ってほしい車」などの特集はコチラ

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード