MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カー用品 > ソフト99のレインドロップを実際に使って評価!洗車機との違いも検証
カー用品

更新

ソフト99のレインドロップを実際に使って評価!洗車機との違いも検証

レインドロップとは

レインドロップは、老舗企業のSOFT99が販売する自動車用ガラス系コーティング剤です。

発売は2019年で、日刊自動車新聞社主催の「用品大賞2019 洗車・コーティング部門賞」という形で評価を受けたほどの商品です。

レインドロップと他社製品の比較

クロスは製品とは別に筆者が用意したもの

同じようなエアゾルタイプや霧吹きタイプの、シュっと吹いて拭くだけの商品はレインドロップ以外にもあります。

それらと比較しても、ボディの撥水が3か月や、ガラスの撥水が2か月という耐久性能はいたって平均的です。主成分のシリコン、ケイ素系樹脂、アルコール類という並びは、ガラス系コーティング剤で一般的なもので、内容に関しても大きな違いは読み取れません。

今回紹介するレインドロップは弱酸性ですが、他社製品のペルシードでは撥水タイプが中性、親水タイプが弱アルカリ性でした。ペルシードに関してはこちらの記事で解説しています。

ボディの保護を目的とするコーティングで、いずれもコンパウンドレスを謳っています。その商品で、汚れを落とすことはあまり考慮に入りませんが、液性があるため若干の効果は期待できます。

細分化して考察すると、油汚れに強いアルカリ性、イオンデポジットや鉄粉に強い酸性、塗装や部品に刺激が少ない中性と区別できます。下洗いに使うシャンプーなど、溶剤全般に気が使えるのであれば、その特性を理解して選びたいところです。

1本あたりの内容量は中型車4台分が目安

また、1本の内容量の目安は、概ね中型車4台分という製品が多く、レインドロップやペルシードも同様でした。

選ぶときに、4台分がいくらで購入できるのか、液性はどうなのか、という点が選ぶポイントとして考えることになるでしょう。

価格の差は付属品

ペルシードにはパッケージのほか、クロスが付属している

ペルシードや他のコーティング商品と、価格の差は付属品からきていると言えるでしょう。

例えば、ペルシードのパッケージと比較して、レインドロップは簡易包装、付属のクロスが無いという点が、安さの要因であるように見受けられます。

レインドロップは親切な商品表示が嬉しい

しかし、レインドロップがパッケージの手を抜いたという訳ではなく、使用時や作業時の注意はかなり細やかに説明されています。

具体的には、「ガラスから施工して、次にボディを施工する」や、「ふき取り後に夏は10分、冬は30分の乾燥をすると強固に密着する」、「ガラス撥水施工時に10度以下の時は、暖房やデフォッガーを利用し、ガラスを温めて作業をする」、「自社製品のガラコ、ガラコワイパー、ガラコウォッシャーなどを推奨する」などが書かれています。

中でも、プロ施行のコーティング車に関して、保証書にある免責事項の注意を促す文言や、着色、防眩、超音波などの特殊ミラーなど施工しないなど、長年の販売経験による注意もぬかりなく書かれており、気になるところに手が届く内容になっています。

ユーザーサポートの点では、他社製品の内包される長い説明書や、スッキリさせるための文言の少ない包装と異なり、購入前に使用方法、注意点などを把握でき、優れた点といえるでしょう。

コーティングのポイント

これから年末にかけ、クルマの大掃除を控えている方もいらっしゃると思います。そこで、コーティング作業も自分で行いたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

そこで、簡単にコーティング施工における、3つのポイントをまとめました。

①溶剤を塗ったまま乾燥させない

コーティング剤を上手に塗るポイントは、溶剤を塗ったまま乾燥させないことです。少し水分を含んだ状態でキレイに塗り伸ばすイメージがよいでしょう。一気に全部仕上げるわけでは無く、ボンネット、バンパー、ドアなど、順番に仕上げ、塗りムラ、塗り忘れをしないようにする方法です。

②四角い枠を塗りつぶすイメージで

キレイに塗り伸ばすためには、まず四角い枠を取り、その中を直線的に塗りつぶすようにタオルを動かすことが、プロも行っている方法です。

③余分な溶剤を拭きとる

クロスを裏返すか、乾燥した新しいクロスを用意し、余分な溶剤を拭きとるという方法は、塗りムラを防ぐ効果があり、プロも実際に行っています。

実際に使ってみた

ペルシードの時同様に、筆者が所有する車両のボンネットで使ってみたいと思います。

ボンネットの状態

  • 中古で購入した3オーナー目
  • 前回のペルシードを施工した時に、鉄粉落とし、水垢落としを実施済み(約3か月前)
  • やや小ぎれいな、やや昔のレガシーといったイメージ

ガラスの状態

  • 10月にコンパウンドによる簡易研磨・油膜取り・ペルシードを実施
  • 11月頭に洗車機に入れた時に、窓も撥水溶剤がかかっています
  • 中古の割に、窓の状態は良好

施工の条件

  • 自宅の駐車場で、ホースと、タオルを使い、プロのような特殊ツールは使用しない
  • 日差しが弱まる16時以降に作業

この状態と条件で、レインドロップを半分だけ施工します。

既にペルシードの効果もすでに怪しく、11月頭にガソリンスタンドで機械洗車をした状態ですので、レインドロップが考えている洗車機もOK、他のコーティングの上に乗せても大丈夫という内容を確かめられる状態です。

ガラスに関しては、半分だけ塗って比較します。

※コーティングのための下地作りは、ペルシードの記事をご参照ください。

下洗いをする

※下洗い後

11月頭に機械洗車をして、数日経過したばかりなので、ボディ・ガラスとも、さほど汚れておらず、イオンデポジットも少ない状態です。若干の花粉や、細かい砂が載っているくらいの状態でした。

下洗いは、最初に大きな汚れは水で流し、次にカーシャンプーで汚れを浮かし、また水でそれらを流し、最後に拭きあげました。

カーシャンプーおすすめ人気12選と選び方|ノーコンパウンドタイプが売れ筋

コーティング剤を塗り広げる

※施工後

施工後の仕上がりは、ガラス・ボディともに、コーティング剤によるツヤや、窓ガラスの撥水具合はほぼ同等といえるでしょう。
簡単施行で不満もない代わり、プロ施行のような驚きには至らない感じです。

撮影後に、何製品か拭き心地を確認しましたが、レインドロップは少し重ための印象でした。溶剤の比較的粘り気が強いと思われますが、塗り広げた後に、タオルの面を変え硬く絞った面でもう一度拭くと、キレイに仕上がります。

この2度拭きが、レインドロップで施工するときの、隠れたポイントになるでしょう。少し洗車慣れしている人向きかもしれません。

水弾きを確認する

※水滴の確認

最後に確認のために、もう一度シャワーをかけました。

ガラス編

ポイントとしては、洗車機の溶剤と比較して、レインドロップはガラス面の水弾きが非常に優れています。また、その後の走行で、太陽光や街灯の光の反射による視界不良は少なく感じました。

ガラスは、水弾きだけにスポットしがちですが、雨が降っていない時のことも考えることも、ガラスコーティング剤選びのポイントでしょう。

ガラコの選び方&正しい使い方|DIYでガラスに撥水コーティング!スマホにも使える?

ボディ編

ボディに関しては、目に見えて大きな差があるわけではありませんが、溶剤が一緒のため、窓ガラスと同じ特徴がでていました。

例えば、水滴が落ちるときに、ある程度のサイズになります。これは、いずれも同じようなサイズで落ちていくので、差は無いように見えますが、その軌跡をみると、極めてわずかではありますが、点々と小さい水滴が残っているのが洗車機の溶剤でした。

【ガラコも落ちる】キイロビンの成分や効果から最適な使い方まで!水垢やウロコも取れる?

こういった水滴が、日差しや、紫外線に晒され乾燥すると、イオンデポジットや塗装を悪くする原因になります。そういった点で、極めてわずかな差ではありますが、レインドロップが優位に立つポイントといえるでしょう。

留意していただきたいことは、既に、下地処理を済ませた車での施工だったので、この仕上がりになっているということです。

コーティング剤は、塗装の保護が目的で、汚れを落とすようには作られていないので、水垢落としや鉄粉落としをして、汚れが無い、もしくは少ない状態での施工を前提としています。

【簡単】車の水垢はなぜできる?原因やおすすめの落とし方

例えば、汚れをコーティング剤で閉じ込めてしまうと、コーティングを落とさないと汚れが落ちなくなります。これが、ピカピカの仕上がりを目指すために下地作りが重要な理由です。

自身がどういった仕上がりを想像しているか次第で、どこまで下地の洗車をするか異なります。もし、広告通りの仕上がりを期待するのであれば、新車でない限り水垢、鉄粉、軽い研磨などは、予定しておくべきでしょう。

キーパーコーティングを実際に試した記事はこちらから!

こちらの記事では自分でコーティングをするのではなく、業者に依頼したいという方向けに、業界最大手のキーパーまで取材しています。業者への施工依頼を検討している方はぜひ参考にしてください!

“過剰なまでに美しい”新製品新車用「EXキーパー」カーコーティング施工に密着取材!経年車もOK

すべての画像を見る (12枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部

関連キーワード