MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カー用品 > アイテム > ルーフキャリアおすすめ人気13選と選び方|取付けの注意点は?どんなものが積める?|2020年最新情報
アイテム

更新

ルーフキャリアおすすめ人気13選と選び方|取付けの注意点は?どんなものが積める?|2020年最新情報

ルーフキャリアは屋根を積載スペースに使える便利な装備。安全に使うためには車種や荷物によって適切なアイテムを選択しなくてはなりません。車に応じたルーフキャリアの選び方と、正しく使うため注意点を解説するとともに、おすすめ商品をピックアップしました。参考にして目的に最適なルーフキャリアをみつけましょう。

ルーフキャリアで車に積めるものは?

ルーフキャリア
©xiaosan/stock.adobe.com

ルーフキャリアは専用アタッチメントを付け替えることで、そのアタッチメントに応じた荷物が積める装備。使うためにはまず、土台となるベースキャリアを車に取り付ける必要があります。ベースキャリアは「フット」と「バー」で構成され、左右の「フット」に差し渡した「バー」にアタッチメントを固定することで荷物を積載します。

スキーやスノーボード、サーフボードなど

スキー・スノーボード用アタッチメントは板を挟み込んで固定し、アタッチメントのサイズによって積載できる板の枚数が異なります。また、ベースキャリアと一体型のスキー・スノーボード用キャリアならベースキャリアの取り付けは不要です。サーフボードやカヌーなどは、ベルトで固定するタイプのアタッチメントで取り付けます。

自転車

自転車用アタッチメントは、自転車を立てたままルーフ上に固定できる装備。ひとつのアタッチメントにつき1台の自転車を固定できます。一般的な自転車ならルーフ上に2台を搭載可能。フロントタイヤを外して車軸を固定するタイプや、フレームもしくはタイヤを固定するタイプなど、さまざまなアタッチメントが販売されています。

ルーフボックスやルーフラック

ルーフボックスは雨風から荷物を守れるフタ付きの箱であり、スキーやスノーボードを収納できる製品もあります。ルーフラックはフレームで構成された荷台です。どちらも特定の荷物だけでなく積載重量と容量が許す限りの荷物を積むことができます。ただし、ルーフラックは荷物が落下しないようにしっかりと固定する必要があります。

ルーフキャリア(ベースキャリア)の選び方とポイント

車の屋根に何もついていない場合はルーフオンタイプ

セダンクーペなど、ルーフ上にベースキャリアを固定するための装備がない車は、車種ごとに設計された「フック」を用いてドア開口部に固定します。また、固定部分がないように見えても、ルーフモール部にルーフキャリア固定用のネジ穴が埋め込まれた「フィックスタイプ」と呼ばれる方式が採用されている車もあります。

ルーフレール装着車はルーフレールタイプ

ルーフレールが付いている車には、ルーフレールタイプのベースキャリアを使用します。車種別フックを購入する必要がないため費用が抑えられる利点があります。また、ボディに直接触れないため、ボディに傷が付きづらいのも特徴です。デザイン性に優れた「フラッシュレール(ダイレクトルーフレール)」用も販売されています。

車に雨どいがあればレインガータータイプも適合

商用バンや商用1BOXカーのように、雨どいがある車にはレインガータータイプのベースキャリアを用います。取り付けに種別フックは不要であるものの、車に適合する高さのベースキャリアを選択しなければなりません。天井が高くなったハイルーフ車は、そのぶん高さのあるベースキャリアを使う必要があります。

アタッチメントはベースキャリアと同じメーカーのものがおすすめ

取付時や走行時のトラブルを避けるためにも、ベースキャリアやアタッチメントは同じメーカーで揃えましょう。各部寸法や取付方法は各メーカーで異なるため、組み合わせによっては取り付けできない場合があります。また、確実に接合できる同じメーカー同士なら走行時の落下を防ぐ意味でも安心です。

ルーフキャリアを取付ける・使う際の注意点

ルーフキャリアのように脱着可能であり安全性に問題のない装備は指定部品に該当し、車に付けたままでも車検を通すことができます。ただし、リベットや溶接で取り付けた場合は、車の一部とみなされるため構造変更手続きをおこなう必要があります。鋭い突起がある場合は保安基準違反となり車検は通せません。また、積み込む荷物にも寸法制限が設けられています。前後は全長の1割以内、幅は車体幅以内、高さは地上から3.8m以内におさまるように荷物を積まなければ道路交通法違反となってしまうため、大きな荷物を積む際は注意しましょう。

ルーフレールのない車におすすめのルーフキャリア人気4選

Terzo「EF14BL」

角断面バーを採用するTerzoのベーシックモデル。取り付けには車幅に適合する長さのバーと、車種別の取付フック(ホルダー)を別途購入する必要があります。積載荷重目安は車種によって異なり30〜60kgに設定されています。

inno「XS201」

横方向へのバー突出をなくしたベースキャリア。バー下までの高さを73mmに抑えたローフォルムと、空気抵抗を低減させた翼断面エアロバーが特徴です。車種別取付フックで幅広い車種に対応。最大積載荷重は75kgです。

inno「INSUT」

バー下部までの高さ100mm、最大積載量60kgのスタンダードモデル。車種別で別売りのバーとフックを用意する必要があります。同メーカーの他機種同様、適正トルクで取り付けできるように専用ノブが付属します。

Terzo「EF100A」

一体感ある流線型のスタイリングが特徴のベースキャリア。別売りの専用バーはアーチ型の翼断面形状を採用し強度向上と風切り音の低減が図られています。フットの高さは108mm。積載荷重目安30〜60kgです。

ルーフレール装着車におすすめのルーフキャリア人気4選

inno「INFR」

角断面バーを採用しバー下部までの高さを32mmに抑えたローハイトモデル。ゴムコーティングされた金属バンドで取り付けるため、幅広いルーフレールに傷をつけることなく取り付けられます。最大積載荷重は50kg前後です。

inno「XS450」

フラッシュレール用のベースキャリア。翼断面形状のバーが横に飛び出たスルータイプです。バーエンドにはクロームメッキの装飾が施されておりファッション性にも配慮されています。バーの下までの高さは45mm、最大積載荷重は75kgです。

inno「XS150」

標準ルーフレール用に低く設計されたスルータイプモデルです。機能性とスタイリングを両立した翼断面形状バーを採用し、端部はメッキガーニッシュで装飾されています。バーの下までの高さは32mm、最大積載荷重は75kgです。

Terzo「EF103A」

高さを67mmに抑え、一体感あるフィッティングを実現したルーフレール用。アーチ形状の翼断面バーで強度と静粛性を確保しています。参考積載荷重は45〜75kg。一部車種は25〜30kgに設定されているため適合表をよく確認しましょう。

雨どいのある車におすすめのルーフキャリア人気5選

THULE「952」

シンプルな角断面バータイプのレインガーター用で、参考積載荷重は100kg。この商品はフットからバー上までが200mmの中間サイズです。ほかに、150mmの「951」と、280mmの「953」もラインナップします。

inno「INDDK」

カーメイト ルーフキャリア inno スクエアーベースステー INDDK

カーメイト ルーフキャリア inno スクエアーベースステー INDDK

11,821円(07/05 02:43時点)
Amazonの情報を掲載しています

最大積載量60kgの角断面バータイプです。ステー高は、雨どいからルーフ面までが比較的高い車向けに211mmに設定。これ以上ルーフが高いクルマには、ミドル/ハイルーフ向けの「INMDK」が用意されています。

inno「INLDK」

innoのレインガータータイプのうち、もっとも高さが低い135mmモデル。角断面バーを採用し最大積載量は75kgです。この「INDDK」と「INLDM」の中間サイズの「INSDK(185mm)」もラインナップしています。

Terzo「業務用 EA900KM」

軽ワンボックスに適合するベースキャリアとベースラックが1セットになた業務用キャリアです。6本脚で参考積載荷重は30〜50kg。ラックは軽量でサビにも強いアルミ製。ハイルーフ車にも適合します。

Terzo「業務用 EA900HM」

標準ルーフのトヨタ ハイエースや日産 キャラバンなどに適合する業務用8本足のラック付きベースキャリアです。参考積載荷重は50〜75kg。ラックはアルミ製の軽量設計であり、2人でも取り付けできるように配慮されています。

すべての画像を見る (1枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部カー用品チーム

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!