MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > お役立ち情報 > 役立つ情報 > スマホの画面をカーナビに映す方法は?ミラーリング徹底解説【有線・無線、iPhone・Android】
役立つ情報

更新

スマホの画面をカーナビに映す方法は?ミラーリング徹底解説【有線・無線、iPhone・Android】

スマホとカーナビを接続する方法は大きく2通り

©NDABCREATIVITY/stock.adobe.com

スマホの画面をカーナビに表示するための方法は2通りです。

スマホの画面をカーナビの画面に表示するには「ミラーリング」という方法をとります。ミラーリングには、カーナビの外部入力有線で行う方法と、無線で行う方法の2通りがあります。

スマホの種類によって仕様が異なるので注意!

お使いのスマートフォンがAndroidの場合、携帯機種ごとに仕様が異なるものが多く「無線には対応していない機種」、「有線には対応していない機種」、「そもそも出力ができない機種」があります。そのため、必要なものが異なります。iPhoneやiPadといった、iOSに関しては機種ごとに使用が異なることはほぼありません。

ミラーリングをするにあたり、まず自分の持っているスマホやカーナビがどの方法が使える機種なのか確認する必要があります。

そのため補足ですが、有線にしても、無線にしてもインターフェイスアダプタというものが、必要になる場合があります。インターフェイスアダプタは、カーナビとスマホをリンクさせるための機械です。

カーナビ本体側にミラーリング機能を持たせているものもまだまだ少ないので、共通の画像、音声情報をやりとりするための仕組みが必要になります。カーナビ本体と、スマホの情報の間を取り持つのがこのインターフェイスアダプタです。

有線接続でミラーリングする

カーナビからのびる配線を直接スマホへ繋ぐ有線では、スマホがMHLに対応していることが条件となります。

HDMIやUSBといった拡張端子が付いたのは、カーナビの歴史の中では極めて最近の出来事ですので、近代的なモデルのカーナビに搭載される機能といっていいでしょう。

MHLに対応したスマホであれば、MicroUSBから音声や画像信号が出力できる仕様になっています。

MicroUSBとHDMIでコネクタ形状が異なりますが、変換コネクタが販売されていますので、その配線を利用することでこの問題を解決できます。価格は幅があり、1,000円~3,000円程度となっています。

有線接続のメリットは、無線接続に比べ「安価で、設定が少なく、ラグも少ない」という点です。

有線接続では主に以下の機能を使用します。

  • 「HDMI/HML接続」
  • 「Mirror Link」
  • 「Android Auto」
  • 「CarPlay(無線もあり)」

必要なもの

HDMIケーブル
©Alex/stock.adobe.com

一般的な構成は以下の通りです。

  • 外部入力端子のあるカーナビもしくは、外部入力端子を追加するもの
  • インターフェイスアダプタ
  • ナビ本体とインターフェイスアダプタをつなぐケーブル
  • スマホとインターフェイスアダプタをつなぐケーブル

本体側の外部入力端子は、RCA、USB、HDMIなどさまざまで、変換アダプタが必要な場合がある点や、外部入力が無ければ新たに取り付ける必要がある点は、無線接続も同じです。

予算の例

  • Beat-Sonic IF36の価格は、12,000円前後
  • HDMIケーブルの価格は、1,600円前後

iPhoneの場合は別途、Lightning-Digital AVアダプタ、Lightning-USB、市販のAVケーブルが必要です。合計は、およそ15,000円から20,000円程度です。

無線接続でミラーリングする

スマホが無線でのミラーリングに対応している場合で、Beat-Sonic IF30といったインターフェイスアダプタを利用することで接続します。

インターフェイスアダプタ自体はカーナビ本体と有線で接続するため、有線と同様にケーブルや変換アダプタが必要になります。

無線接続のメリットは、有線接続と比較して「スマホ周辺に邪魔なケーブルが無く、スッキリした印象の無線接続」となります。

無線接続には以下のような機能を使います。

  • 「Miracast WiFi」
  • 「Chromecast」
  • 「AirPlay」
  • 「CarPlay」
  • 「Smart Device Link(SDL)」

必要なもの

一般的な構成は以下の通りです。

  • 外部入力端子のあるカーナビもしくは、外部入力端子を追加するもの
  • インターフェイスアダプタ
  • ナビ本体とインターフェイスアダプタをつなぐその他ケーブル類

本体側の外部入力端子には、RCA、USB、HDMIなどさまざまで、変換アダプタが必要な場合があります。また、外部入力がないものは外部入力を新たに取り付ける必要があります。

Androidは、Miracastなど、iPhoneは、AirPlayに対応した機種である必要があります。

予算の例

  • Beat-Sonic IF30の価格は、28,000円前後
  • HDMIケーブルの価格は、1,600円前後

iPhoneの場合は別途Lightning-USBケーブルが必要になります。合計は、およそ3万円です。

音楽を再生したいだけであればこちらの記事もおすすめです。

カーナビのミラーリングをiPhoneで行う場合の注意点とポイント

©AA+W/stock.adobe.com

独自規格の入出力端子を用いるiPhoneで有線接続する場合には、専用の「Lightning-Digital AVアダプタ」が必要です。このアダプタを用いて、HDMI端子の外部入力があるナビと接続すればスマホ画面が自動で出力されます。

ただし、有線接続であってもブロックノイズやわずかな遅延が生じることがある点には注意が必要です。

iPhoneで無線接続する場合はAirPlayを用いるのが一般的です。AirPlayならWi-Fiで接続された映像機器や音響機器にミラーリングができますが、AirPlayに対応したナビは存在しないため、Beat-Sonic IF30のようなWi-Fiから映像出力へと変換するためのアダプタが必要です。

ただしNetflix、hulu、prime videoなど一部の動画アプリは、有線での出力には対応するものの、AirPlayでのミラーリングにはアプリ側で出力制限が設けられているため出力できません。

カーナビのミラーリングをAndroidで行う場合の注意点とポイント

©Tarokmew/stock.adobe.com

前述したようにAndroidスマホの場合、無線・有線ともに接続できる端末がある一方、無線のみ、あるいは有線のみでしかミラーリングできない機種がある点には注意が必要です。

無線接続に対応している端末であれば設定画面に「ミラーキャスト」「スクリーンミラーリング」などの項目があります。またアプリ数が豊富なAndroidではサードパーティ製のミラーリングアプリも多数あります。

ただし、なかには無線・有線いずれの方法でも出力できない端末もあり、このような端末の場合は環境を整えても、スマホ本体を変える以外にミラーリングをする方法はありません。

さらにAndroidスマホの場合は、有線接続可能な端末に適切なコネクタ規格のケーブルを用いても、ケーブルによっては映像を出力できない場合があるほか、スマホとケーブル、映像機器などの相性により遅延や音飛びなどが起こり、正常にミラーリングができない場合があります。

また、AndroidではNetflixなどの動画アプリのミラーリングが可能となっているものの、一部の端末では画像が表示されない原因不明のエラーが発生するようです。

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード