MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カー用品 > アイテム > キャンバーボルトの取り付け方や調整方法まとめ!車検時の注意点は?
アイテム

更新

キャンバーボルトの取り付け方や調整方法まとめ!車検時の注意点は?

キャンバーボルトとは?

©Дмитрий Ульяненко/stock.adobe.com

キャンバーボルトとは、マクファーソンストラット式サスペンションのキャンバー角調整を行うために開発されたボルトです。

サスペンションブラケットとナックルを組み付けているボルト(ステアリングナックルボルトと言います)のうち1本と交換して使用します。

市販車に使われているほぼ全ての(純正の)マクファーソン・ストラット式サスペンションにはキャンバー角を調整する機構が備わっていません。

それをボルト1本でやってしまおうというのがキャンバーボルトの狙いです。

多くのキャンバーボルトの調整可能範囲は±1.75°となっています。

キャンバーボルトに交換するのはどんなとき?

©ohms1999/stock.adobe.com

純正の足回りでもステアリングナックルボルトを1本交換するだけでキャンバー調整できる点は魅力的です。

コーナーを曲がる時にタイヤのトレッド面をきれいに使いたい、ちょっとタイヤを傾けてかっこよくしたい、車を弄って遊びたい時に役立ちます。

キャンバーボルトを使用するメリット

ボルト1本でキャンバー角を弄れる

なんと言っても、ステアリングナックルボルトを左右サスペンションそれぞれ1本ずつ交換するだけでストラット式サスペンションのキャンバー角を調整できるのが大きな魅力です。

純正サスの構造ではキャンバー調整できないので、どうしてもキャンバー角を弄りたいという人にとってはまさに救いの手と言えるでしょう。

ピロアッパーマウントの車高調を取り付けるよりも格段に安い

純正サスペンションはキャンバー角調整できませんが、社外メーカーが販売しているピロアッパーマウントタイプのストラット式サスペンションならキャンバー角を弄ることができます。

とはいえピロアッパーマウントは1セット分で20,000円を超えます。車高調とセットで購入するとなればさらに費用がかかります。

その点キャンバーボルトなら5,000円前後で入手できますので、低費用でキャンバー角を弄れる点が魅力です。

キャンバーボルトを使用するデメリット

キャンバー角を調整する手間が発生する

キャンバー角を調整するという選択肢が増えるということは、調整して適切な数値にする必要も発生します。

自分の思ったようなセッティングにできる反面、それを誤れば乗り心地悪化やタイヤの偏摩耗にもなりますので注意が必要です。

タイヤとサスペンションが接触する可能性

事例の1つとして、キャンバーボルトを使ってネガティブ方向にキャンバー角を増やしたらホイールとサスペンションが接触してしまったというケースがあります。

サスペンションとタイヤのクリアランスがどれくらいあるのか把握しておくこと、そして取扱説明書の説明通りにキャンバーボルトを取り付けることが大切です。

トー角がズレるので調整する必要がある

トー角調整の例
©vvushakovv/stock.adobe.com

ステアリングナックルボルトを外した時にトー角調整は必須ですから、キャンバーボルトを取り付けるのであればトー角のセッティングも同時に行いましょう。

キャンバー角やトー角を測定する工具が必要になる

トー角やキャンバー角を調整すること自体は難しくありませんが、それらをするために必要な道具・工具を揃えることが意外と大変です。

費用がかかりますし、アライメントを測定するのに適した地面(可能な限り水平なところ)での作業が求められます。

キャンバーボルトへの交換方法

1.ステアリングナックルボルトを外す / 緩める

取扱説明書に記載されている場所のステアリングナックルボルトを外し、もう片方のボルトを緩めます。

なおこれらの作業はジャッキアップしていることが前提です。

2.キャンバーボルトを装着してキャンバー角を調整する

説明書通りに沿ってキャンバーボルトを取り付けます。

純正ステアリングナックルボルトとは異なり、キャンバーボルトを取り付ける際には付属のカムワッシャーも一緒に装着します。カムワッシャーには向きがあるので、セッティングに合わせて組んでください。

カムワッシャーには2つのタブがついています。小さいタブはナックル側へ挿入し、大きい方は取り付け時の目安となるものです。

ネガティブキャンバーにする時にはカムワッシャーの大タブ部分を車体側へ、ポジティブキャンバーにする時には大タブ部分を外側へ向けて取り付けます。

カムワッシャーをはめた後にキャンバーボルトを挿入します。この時にキャンバー角を好みの数値に設定しましょう。それを終えたらロックナットを締め込み、もう1つのステアリングナックルボルトも締めて元に戻します。

3.トー角を調整する

ステアリングナックルボルトを外したり緩めることでトー角がズレますので、キャンバー角を出した後にトー角も希望の数値に合わせます。基本はトー角0度です。

モータースポーツ界隈ではトーイン・トーアウトに意図的に設定し、コーナーを曲がる時の車体の動きとステアリング操作の関係性を自分好みに合わせることがあります。

キャンバーボルト取り付けを業者に依頼した時の費用

©Pixel-Shot/stock.adobe.com

キャンバーボルトの取り付けを業者に依頼した場合の費用内訳として、アライメント調整費用 + キャンバーボルト取り付け工賃が想定されます。

アライメント調整費用は「測定費用料金 + 調整箇所数」で計算されることが多く、ストラット式サスペンションであれば15,000〜20,000円の費用となりそうです。

キャンバーボルトの取り付け工賃は大体1,000〜3,000円あたりとなっています。アライメント調整とは別料金になっている場合が多いです。

モータースポーツにおけるキャンバーボルト

各モータースポーツ競技で公開されている特別規則書に目を通すと、キャンバーボルトについて言及されていることがあります。

将来的にモータースポーツ競技に参加する際には、車両改造規定も読むようにしましょう。車両改造規定には競技車両を製作するにあたって守るべき条件が記されています。

キャンバーボルトは車検に通る?

©lastpresent/stock.adobe.com

キャンバーボルト自体は禁止されていないので問題なし

キャンバーボルトの使用は車検で禁止されていませんので特に問題ありません。その代わりに、サイドスリップ量が基準範囲内に収まっている必要があります。

「道路運送車両の保安基準」の第13条(かじ取装置)の第3項1号リ が根拠です。キャンバーボルト装着後にキャンバー角とトー角のアライメント調整を適切に行えば問題ありません。

3 二輪自動車、側車付二輪自動車、三輪自動車、カタピラ及びそりを有する軽自動車、 大型特殊自動車並びに小型特殊自動車のかじ取装置は、次の各号に掲げる基準に適合す るものでなければならない。

国土交通省 道路運送車両の保安基準

リ 四輪以上の自動車のかじ取車輪をサイドスリップ・テスタを用いて測定した場合の横すべり量が、走行1mについて5mmを超えるもの。ただし、その輪数が四輪以上の 自動車のかじ取車輪をサイドスリップ・テスタを用いて計測した場合に自動車製作者等が指定する横滑り量の範囲内にある場合にあっては、この限りでない

国土交通省 道路運送車両の保安基準

キャンバーボルトを正しく利用しよう

ストラット式サスペンションでもキャンバー角調整を実現するキャンバーボルトは、ピロアッパーマウントを導入せずともキャンバー角をつけたいオーナーにとって理想的なアイテムの1つです。

正しく取り付けて確実にアライメントを取り、愛車のカスタムを楽しみましょう。

ちょっとヤンチャなカスタムについてはこちら

「シャコタン」ってどうやるの?

「鬼キャン」ってどんな車のこと?

愛車をカスタムするなら保安適合条件を確認しよう!

執筆者プロフィール
中華鍋振る人
中華鍋振る人
自動車とバイクに関連する記事を書いています。モータースポーツは観戦よりも参戦派。道交法や違反に関する情報を、法律に詳しくない人にもわかりやすく解説しています。
すべての画像を見る (5枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード