初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

CVTとは?そのメリットとATとの違い│エンジン音や燃費は?

最近多くの車に採用されている「CVT」ですが一体なんのことなのか、他にもよく聞くことがあるATと一体何が違うのか気になります。そこで今回は、CVTの燃費やエンジン音とCVTのメリットやそしてATとの違いについてまとめたので紹介します。CVTって買いなのか疑問に思っている人は参考にしてみてください。

CVTとは?

「CVT」とは、「Continuously Variable Transmission」の略称で、日本語では「無段変速機」または「連続可変トランスミッション/a>」という動力伝達機構です。

クラッチペダルがなく、アクセルペダルとブレーキペダルを操作するだけで勝手にシフトチェンジをしてくれるAT(オートマチックトランスミッション)とは違い、CVTは大きく分けるとベルト式、チェーン式、トロイダルの3種類で、いずれも歯車ではない機構(自由に径を変えることのできるプーリー(滑車)とそれにかけられたチェーン)を用いて変速比を連続的に変化させます。

これによりいつでもスムーズな走りが可能です。

ほとんどがベルト式(ハイブリッドに使われているものを除く)

2つのプーリーとベルトによって成り立っている。ベルトの幅は一定だがプーリーはV字型の溝をもち、油圧で制御します。その溝幅を可変させることによってベルトの位置を移動させることができるようになっている。

溝幅が狭くなればベルトはプーリーの外周部への方向へと広がっていき、逆に溝幅が広くなればベルトはプーリー中心部の方向へと掛かるようになる。このようにベルトの掛けられた2つのプーリの伝達ピッチ径をスムースに変えることにより変速を行います。

CVTのオイル(CVTフルード)に関する情報はこちらの記事

ATとの違いは?

AT(オートマチック・トランスミッション)は、自分でギアチェンジをして、変速操作をするMT(マニュアル・トランスミッション)をコンピュター制御で自動的に行うようにしたシステムです。

スピードに合わせて自動的にギアチェンジ(10速ある)をしますが、エンジンの動力の最適値はギアによります。

対してCVTは、ATやMTのようにギアを使いません。金属製のベルトと可動式のプーリを段階的に制御します。自由に径を変えることのできる2つのプーリーを用いて変速比を連続的に変化させるのです。

スピードに応じてギアチェンジすることなく、つまり「無段変速」することができるのでエンジンの動力を最適にコントロールできて燃費がよくなります。

音を比較[6DCT→CVT→ 4AT→5MT→CVT(Prius1)→CVT(Prius3)→1AT(EV)〕

CVTのメリットは?

CVTの大きな魅力は、燃費がいいこととギア車のように変速ショックがなく、イージードライブを可能にしてくれるトルコン装置を使用することにより、加速がスムーズなことです。

歯車ではない機構を用いて、ベルトの幅は一定だがプーリーはV字型の溝をもち、油圧で制御します。変速比は段階がなく、コンピューターが自動的に加速を調整してくれるのです。

CVTは無段階でギア比を設定できるため、常に最適なギア比を選ぶことが可能となり、走行時の回転数を低く抑えることができるため無駄がなく、燃費のいい快適なカーライフを送れます。

エンジンの特性を知ることによって話題が広がる

今回はCVTについてですが、いろいろなエンジンの特性を知ることによって自分で車を選ぶときにも誰かの車に乗るときにも話題が広がり車の楽しみが増えます。

実際にディーラーで試乗したり、レンタカーで乗り心地を研究してみるのも楽しいです。

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す