初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【今日から使える覆面パトカーの見分け方】ナンバーや車種でわかる?一般車との違い

覆面パトカーに多い車種やナンバーなどから、一般車と覆面パトカーの見分け方を解説します。赤色灯やアンテナの有無だけでなく、クラウン以外の珍しい車種にも注意!?交通安全遵守の意識を高めるためにも、覆面パトカーへの理解を高めましょう。

覆面パトカーとは?

覆面パトカーは2種類「交通用」「捜査用」

交通用 通称制服パトカー

まずはそもそも「覆面パトカーとは?」を定義していきたいと思います。

白黒のパトカーは通称「制服パトカー」と呼ばれ、交通取締や警ら活動に使用されます。
そのうち、パトロール用の車両が「無線警ら車」です。

これに対し、一般車両に偽装された警察車両を通称「覆面パトカー」と呼んでいます。

覆面パトカーには交通用と捜査用、2種類の車両があります。
通常、車を運転する人が怖がるのは「交通取り締まり用覆面パトカー」です。
2車の違いについて解説します。

交通取締り用覆面パトカーとその役割・目的

交通用覆面は、制限速度超過などの交通違反を取り締まるのが仕事です。
交通課の交通機動隊や、高速道路交通警察(高速隊)の警官が乗車しています。

本記事で、「覆面パトカー」として定義しているのは主にこの交通用覆面パトカーです。

また、交通取締りには通称「白バイ」も使用されます。
白バイに関しては以下の記事をご覧ください。

捜査用覆面パトカーとその役割・目的

捜査用覆面とは、刑事ドラマなどでよく見るパトカーのことを指します。
捜査隊や刑事課の警官(いわゆる刑事さん)が乗っており、事件の捜査や張り込みなどのために一般車両に偽装されているものです。

捜査用覆面は交通違反を取り締まらないため、捜査用覆面の前でスピード超過をしてもその場で捕まることはありません。
しかし、警察であることに変わりはありません。交通課に応援を要請され、結局は交通用覆面にキップを切られることになる可能性が高いです。

またいずれにしても、スピード違反は絶対にNGです!

覆面パトカーの見分け方・特徴総まとめ

覆面パトカーの見分け方・特徴1:代表的な車種で見分ける

トヨタ ゼロクラウン

トヨタ マークX

スバル レガシィB4

日産 スカイライン

交通取締用覆面パトカーはスポーツタイプのセダンが圧倒的に多いです。

多いのはトヨタ クラウンアスリート(200系)ですが、最近は210系クラウンも投入されスピードに磨きがかかっているようです。
その他のモデルとしては、スバル レガシィや日産 スカイラインなどのスポーティセダンが挙げられます。
少し古いですが日産 セドリックが現役の地方もあるようです。

覆面パトカーにはなぜクラウンが多い?

覆面パトカーに多い車種は「トヨタ クラウン」と説明しましたが、これはドライバーの体感値だけでなく、理由があるようです。

覆面パトカーは、各自動車メーカーの入札によって採用車種が決まります。その際の入札条件が細かく定められているため、条件を満たす車種(モデル)でなければ覆面パトカー候補にすらなれません。

入札条件は、サイズやドア枚数、ピラーの有無など多岐にわたるため、メーカーとしては条件を満たした車の開発コストがかさんでしまいます。そのため、現在ではトヨタ以外のメーカーからの入札が減り、ライバル不在状態でクラウンが覆面パトカーに採用されている……という背景があるようです。

レア?覆面パトカーには珍しい車種も

白黒カラーのパトカーには、キャンペーンなどの一環としてスーパーカーが使われたこともありました。
一般的に「目立たない」ことが仕事である覆面パトカーは、人々の目を惹く珍しい車が使用されることはないようです。

そのため、捜査用覆面パトカーも刑事ドラマでよく見るセダンタイプが多いようですが、最近は使い勝手や偽装のしやすさなども考慮して、ミニバンやコンパクトカー、ハッチバックや軽自動車など、車種が増えているようです。

これらの珍しい覆面パトカーは、主に捜査用で使用されています。
前述の通り、捜査用覆面は交通違反を取り締まらないからといってスピード違反を見過ごしてもらえるわけではないので注意しましょう。

【安全教育兼交通広報車】トヨタ ハイエース ワゴンなど

目立つようにラッピングまたは塗装したキャンペーンカーを覆面パトカーとして使用するケースです。
トヨタ ハイエース スーパーロングの特装車が多く、交通安全の啓蒙活動時などで出動します。

【コンパクトカー、エコカーの覆面パトカー】ホンダ インサイトなど

スズキ SX4、ホンダ インサイト、トヨタ プリウスなどの、コンパクトやエコな捜査用覆面です。
街中でよく見かけるモデルを使用することで捜査をしやすくしたり、燃費よく使う意図があると考えられます。

【ミニバンの覆面パトカー】日産 エルグランドなど

日産 エルグランドやセレナ、トヨタ アルファード、ホンダ ステップワゴンなどのミニバン系捜査覆面です。
一度に多くの警官や犯人を乗せる、多くの機材を乗せるなど、走りの面以外で活躍しています。

覆面パトカーの見分け方・特徴2:ナンバーや見た目で見分ける

覆面パトカーは「黒」「白」「シルバー」の「セダン」が多い

交通用覆面パトカーは「黒」「白」「シルバー」のボディカラーで、クラウンクラスの「セダン」が大半となっています。

上の写真以外にも様々な車種がありますが、特に気をつけるべきはトヨタのクラウン系と日産のスカイライン、ティアナなどです。

覆面パトカーは走行している地域の「地元ナンバー」が多い

警察は管轄の県をまたいで取り締まりは行いません。
したがって、走行している車両が走行地域以外のナンバーであれば覆面パトカーではありません。

例えば、北海道や沖縄県で「品川」や「横浜」ナンバーの車両に出会っても、それは交通取締中の覆面パトカーにはなりえません。

また、地名の横にある三桁の数字(一般車は300や500など)の一文字目が「8」の車は覆面パトカーである場合が多いです。

これは以前、覆面パトカーは特殊改造車両扱いだったため、登録時の車両区分が「8ナンバー」だったためです。
しかし、近年登録された覆面パトカーは一般車と同じ扱いになったため「3ナンバー」「5ナンバー」となりました。
8ナンバー以外の車も覆面パトカーの可能性があることは覚えておきましょう。

覆面パトカーはボディがピカピカ綺麗であることが多い

タクシーと同じで警察の車両はほぼ毎日洗車を行なっています。
つまり、汚れが目立つ車なら覆面パトカーではない確率が高いです。

覆面パトカーは左側の走行車線を法定速度で走行している

スピード違反車両を探しているとき、覆面パトカーは左側の走行車線で法定速度で走行しています。
ターゲットを発見したら後ろについてくるでしょう。

覆面パトカーには制服警官が2人乗っている

一般的に、通課の取締警官は青い制服を着用しています。
さらに、ヘルメットか、青いキャップを被っていることが多いです。

また、取り締まりは2人で行うことになっているため、助手席に同じ服装の人が乗っているかどうかもポイントです。

※運転中、相手のドライバーを注視することは脇見運転につながり大変危険です!
 あくまで「交通用覆面の特徴」としてください。

覆面パトカーの見分け方・特徴3:赤色灯・アンテナ・レーダーなどの装備で見分ける

覆面パトカーには通常は見えない反転式警光灯が装備されている

着脱式警光灯(右下にかけて配線が見えます)

覆面パトカーには、制服パトカーのような大きな警光灯(赤色灯)はありません。
交通用覆面パトカーは反転式警光灯、捜査用覆面パトカーは着脱式警光灯を使用しています。

反転式警光灯は普段は外から見えないようになっており、スイッチひとつで屋根にせり上がってくるタイプです。
配線がルーフに伝っている場合は着脱式警光灯である可能性が高く、その場合は捜査用覆面パトカーであるといえます。

視認性を高める上下2段並列ルームミラー

視認性を高めるため、覆面パトカーはルームミラーが2段になっている場合があります。
前後を走る車のルームミラーが大きく感じる場合は、覆面パトカーの疑いがあります。

車両後部にアンテナが付いていることも

覆面パトカーには警察無線が搭載されているため、車体後部にアンテナのようなものが付いていることが多いです。
左右にちょこんと付いていたり、中央に小さいものが付いていたり、もっと後ろのトランクルームのところにあったりと、付き方は様々です。

しかし、秘匿性を高める目的で、目立たないタイプのアンテナを使用する覆面パトカーも多くなってきました。

後部にスモークガラスと電光掲示板を採用

覆面パトカーのリアガラスが黒い理由は、後ろから車内を覗かれにくくするだけでなく、電光掲示板になっている場合があるためです。

違反車を見つけた場合、電光掲示板で「パトカーに」「続け」と指示を出します。

覆面パトカーの見分け方・特徴4:交通機動隊仕様のマークXで見分ける

覆面パトカーに使われているベースのトヨタ マークX

2016年5月頃、都内に「トヨタ マークX モデリスタ +M」の覆面パトカーが配備されたと話題になりました。
マークXは現在マイナーチェンジされているため、配備されている覆面パトカーは前モデルのマークXをベースにしたものです。

「トヨタ マークX モデリスタ +M」はトヨタグループのパーツ&チューンブランド「モデリスタ」によって、エアロパーツ、足回り、スーパーチャージャー付きエンジンのパワーアップを施されたモデル。
3.5Lにスーパーチャージャーを搭載した覆面パトカーはまさに「狙った獲物は逃がさない」スペックです。

1台830万円のマークX スーパーチャージャーを東京都は15台配備したとのことで、交通安全意識の高さがうかがえます。

マークXの覆面パトカーについてはこちら

トヨタ マークXについてはこちら

【結論】覆面パトカーの特徴・見分け方まとめ

以上のことから、スピード違反を取り締まる交通用覆面パトカーを見分けるポイントをまとめました。

・ボディがキレイな「黒」「白」「シルバー」の「セダン
・走行している地域の「地元ナンバー」を付けている(8ナンバーならほぼ確定的)
・左側の走行車線を法定速度で走行している
・制服の警官らしき人が2人乗っている
・車両後部にアンテナ、スモークガラス(電光掲示板)などがある


また、混雑具合や天候に問題がないにも関わらず、周りの車がみんな法定速度を守っていて大人しい場合は要注意です。
車列に覆面パトカーが紛れ込んでいるか、または近くにオービスのポイントがあるなどが考えられます。

覆面パトカーの取締り動画をチェック

【実録~覆面パトカーが獲物を捕らえる瞬間】その戦慄の秒殺取締り方法

覆面パトカー(クラウン) 捕獲シーン

これが交パの取り締まり!!湾岸マークX現る

覆面パトカー対策にもドライブレコーダーが有効!

覆面パトカーに不当に取り締まられるのを避けるために最も効果的なのは、ドライブレコーダーです。

交通ルールを守って運転するのは当然ですが、見に覚えのない違反で覆面パトカーに捕まりたくないという声もよく聞かれます。
覆面パトカーに止められたとき、自分がどんな運転をしていたのか客観的に判断できる材料があれば安心ですね。

運転中の自分の様子と周囲の動きを記録できるドライブレコーダーは、交通事故に遭遇した場合の証拠として有効です。
ドライバーの間でも普及率は高まっており、2017年10月時点での一般ユーザーのドライブレコーダー普及率は13%です。(MOBY編集部調べ)

もし覆面パトカーに不当に取り締まられたと感じた場合は、ドライブレコーダーの映像を見せて状況を確認してもらいましょう。

ドライブレコーダーのおすすめランキングはこちら

次のページ