初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

e-POWERの仕組みとは?EV・ハイブリッドとの違いを解説!燃費や欠点などリアルな口コミも

日産の次世代パワートレインe-POWER(イーパワー)とは?特徴や仕組みとEV・ハイブリッドとの違いをわかりやすく解説。e-POWER搭載車種「ノート」「セレナ」の走行性能や燃費から欠点など、リアルな口コミも紹介します。今後の搭載予想車種についても。

e-POWERとは?仕組み・特徴を解説

e-POWERはモーターのみで走る!

e-POWERは同社の電気自動車「リーフ」に搭載されている大出力モーターのみで走行。トヨタプリウスに代表されるような、これまでのハイブリッド車は、エンジンとモーターのそれぞれを動力として、シーンごとに役割を分担。より効率のいい方を選ぶ、もしくは併用して走行しています。

それに対して日産のe-POWERは、モーターのパワーのみで走行し、エンジンは発電専用となっています。したがって、エンジンは動力としては利用されません。まず、ここがハイブリッド車とe-POWERの一番の違いと言えます。

e-POWERはパワフル!

e-POWERに搭載されているモーターはリーフと同じモーターで、そのトルクは2.0Lガソリンターボ車と同等です。瞬時にフルパワーを得られるモーターの特性により、電気自動車とまったく同じ力強い加速とレスポンスが特徴となっています。

モータースペック
モーター 型式 :EM57
種類 :交流同期電動機
定格出力 :70kW(95PS)
最高出力 :80kW(109PS)/3008-10000rpm
最大トルク:254N・m(25.9kgf・m)/0-3008rpm
動力用主電池 種類 :リチウムイオン電池

e-POWERのしくみは?

e-POWERは、モーター、インバーター、バッテリーそしてエンジンと発電機から構成されます。(上図の中央参照)

e-POWERは、エンジン出力を使って発電機を回し、電気を作り出します。その電気を使ってモーターを駆動し走らせる仕組みとなっています。

電気自動車の場合は、大容量のバッテリーに蓄えられた電気を使ってモーターを駆動しています。e-POWERのように発電はできないので、外部充電が必要となります。また、ハイブリッド車の場合は、エンジンもモーターと並行してタイヤとつながり両方とも動力として利用されます。

e-POWERはエンジンとタイヤはつながっておらず、100%モーター駆動となります。

e-POWERのここがすごい!特徴4ポイント

【その1】e-POWERはスポーツカー顔負けの走り

e-POWERは、2.0Lターボエンジンと同等のパワー。2.0Lターボエンジンと同等の強力なトルクを瞬時に発揮します。そのパワーとレスポンスは、通常のガソリンエンジンとは一線を画する異次元のもので、未来感覚あふれるものとなっています。

【その2】e-POWERは静か

e-POWERはモータードライブ。したがって、静かな走りも特徴の一つです。100%電気自動車ではないので、走行中はエンジンが発電機として始動しますので、無音の連続EV走行はできませんが、発進時や減速時など発電用エンジンを休止して、モーターのみで走行するシーンでは、まさに電気自動車のような静粛性を実現しています。

【その3】e-POWERは燃費がいい

e-POWERのエンジンは発電専用ですので、より効率がよく低燃費になるように専用設計されているのが特徴となっており、JC08モード燃費は34.0km/L~37.2㎞/Lと抜群の低燃費。ノートe-POWERを例にユーザーの声を調査してみた結果、実燃費でも20km/L以上を発揮するようです。

【その4】e-POWERは未来の運転感覚

e-POWERは、3つの走行モードが用意されていて、その運転感覚に大きな特徴があり、それが未来的と言われているゆえんです。

・e-POWERドライブの大きな回生発電と減速力
モーターによる電気駆動ですので、減速時にはに回生発電し、バッテリーへ充電するのですが、e-POWERドライブのSモード、Eモードではアクセルペダルを緩めるだけで、より強く回生発電するとともに、減速いたします。

・2ペダルでの加減速が新感覚
その減速力はこれまでなかった感覚で、2ペダルで加減速できる新鮮なものとなっているのが、e-POWERドライブの特徴です。

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!