横滑り防止装置とは?メリット・デメリットとトラクションコントロールとの違い

横滑り防止装置とはどういうものなのか?メリット・デメリットとは?…などについてわかりやすくまとめました!横滑りの恐ろしさを感じる動画もご紹介!各自動車メーカーごとに呼び方の変わる横滑り防止装置の名称一覧もご覧ください!

横滑り防止装置(ESC)とは?

横滑り防止装置(ESC)の効果

出典:http://kakaku.com/

横滑り防止装置とは、カーブを曲がるときに車がカーブの外側へのふくらんだり、内側へ巻き込んだりする挙動を防止して安定した走行をサポートするシステムのことをいいます。
自動車メーカーごとに呼び名が変わっていますが、部品メーカーなどからは「ESC」という名称に統一しようという動きがでています。

自動車メーカーごとの横滑り防止装置の名称一覧表

メーカー通称名横滑り防止装置の名称
トヨタVSC車両安定制御システム
日産VDCビークルダイナミクスコントロール
ホンダVSAビークル・スタビリティ・アシスト
マツダDSAダイナミックススタビリティコントロールシステム
スバルVDCビークル・ダイナミクス・コントロール
三菱VSCアクティブスタビリティコントロール
スズキESPエレクトリック・スタビリティ・プログラム
※ESPはダイムラー社の登録商標
ダイハツDVSダイハツ・ビークルスタビリティコントロールシステム
メルセデスベンツ
クライスラー
ESPエレクトリック・スタビリティ・プログラム
※メルセデスベンツ、クライスラーはダイムラーの子会社
BMWESCエレクトリック・スタビリティ・コントロール

横滑り防止装置のメリット、効果は?

横滑り防止装置を動画で確認!

横滑り防止装置のメリット・効果については上記の動画をご覧いただければ一目瞭然かと思います。
非常に滑りやすい道路でも安定してカーブを曲がることができます。

横滑り防止装置の仕組みはどうなっている?

横滑り防止装置には車のさまざまな箇所にセンサーが取り付けられており、オーバーステア(カーブを曲がるとき外側に膨らむこと)やアンダーステア(カーブを曲がるとき内側に巻き込むこと)などの車が不安定、危険な状況を検知すると、各センサーからコンピュータへ送られてくる情報を即座に計算し、ブレーキやエンジンの回転数を自動的に制御します。
ドライバーが危険を感じる瞬間と同時に、プログラムに従ってコンピュータがどの車輪のブレーキをかけたらよいかを計算し動作させ、エンジン出力を落とすなど安全な走行状態に戻そうとしてくれます。
横滑り防止装置は、ABS(アンチロックブレーキシステム)と連動した安全装置となります。

横滑り防止装置のデメリットとは?

スポーツ走行には適さない

上の動画のようなドリフト走行をはじめ、スポーツ走行において意図的に車を横滑りさせてコーナリング速度を上げたい場合は、当然ですが横滑り防止装置は全く意味をなしません。
横滑り防止装置は安全ですが、競技の場合はデメリットになることが多々あります。
しかし、一般的な走行、日常使用において横滑り防止装置がデメリットになることはありません。

トラクションコントロールシステムとの違いは?

↓トラクションコントロールシステムの動きがわかる動画

トラクションコントロールシステムは、駆動力を制御するシステムで、タイヤの空転を防止しスムーズで安全な加速などの運転をサポートするものです。
横滑り防止装置は、文字通り単に車の横滑りを防止するものですので、トラクションコントロールシステムとは装置の目的と役割が異なります。
近年の自動車には、横滑り防止装置とトラクションコントロールシステムの両方が装備されていることが多くなってきています。

横滑り防止装置に頼らず安全運転を!

横滑りで大クラッシュすることも・・・

これまで横滑り防止装置について解説してきましたが、横滑り防止装置が付いているからといって過信は禁物です。
スピードの出し過ぎは横滑り防止装置の機能が追いつかず事故の元になります。

車の安全装備について正しい知識を持って、安全運転に心掛けてくださいね!

車の安全装備に関連するおすすめ記事

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す