初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

カーシャンプー洗車のすすめ!洗剤の正しい使い方と基本的な洗車方法をご紹介

みなさんは普段洗車をする時、カーシャンプーを使っていますか?カーシャンプーって実は、洗車をする時に必要である重要な役割があるんです!その機能を踏まえたカーシャンプーの使い方と、基本的な洗車の方法をまとめてみましたので、ぜひ今後洗車をする時の参考にしてみてください。

そもそもカーシャンプーを使う理由って?

みなさんは洗車をする時、カーシャンプーを使っていますか?
中には、水洗いだけという人もいるのではないでしょうか?

実は、洗車の際カーシャンプーを使ったほうがいい理由があるんです。

車の水垢 落とす方法

理由① 水では落ちない汚れを落とすため

車の汚れって砂やほこり以外にも、水では落とせない汚れがついています。
水だけで洗うと、せっかく洗っても汚れが残ったままです。
そうすればどんどん汚れが蓄積されてしまいます。
コーティングなどを施された車を「洗車は水洗いだけでOK」と謳っていることがありますが、車によく付く手垢などの汚れは脂分です。
こうした水では落とせない性質の汚れは、水洗いだけではそのまま愛車のボディーに残ってしまいます。
その他にも、ボディーの汚れには水洗いだけでは落とせないものが多くあります。

理由② 洗車傷を少なくするため

実は、洗車をすると摩擦により多少なりとも洗車傷がついてしまうものなんです。
ですが、カーシャンプーを使うことによって、潤滑剤となり摩擦を減らすことができます。
カーシャンプーは汚れを分解するものですが、もう1つのメリットは、汚れを泡で包んで洗って、クルマのボディにキズをつけないためのクッション的な役割もあります。
摩擦を少なくし、洗車キズをつきにくくすることが、
シャンプーを使う最も大きな理由です。

以上の通り、
カーシャンプーには洗車をする際の重要な役割があるのです。
水洗いだけの人は、きちんと汚れを落とせていますか?洗車傷はついていませんか?
あなたの愛車をなるべく綺麗に保つためにも、カーシャンプーを使って洗うようにしましょう!

おすすめカーシャンプーについての記事はこちら

肝心なのは泡立ち

前述したことを踏まえ、カーシャンプーを使って洗う際に一番大事なのは、しっかり泡だてることです。
モコモコの泡を作ることにより、車体とスポンジとの間へのクッション効果が大きくなります。
泡立たせないで洗車をすると、ボディに傷をつけてしまう恐れがあるので、しっかりと泡だててから洗車をすることが重要です。
その作り方として、バケツに規定量のカーシャンプーを入れてから、勢いよく水を注いで泡立てます。

実際にカーシャンプーを泡立てていく過程をご覧ください。

強い水圧で、勢いよく注ぐのがポイントです。
しかし、カーシャンプーの種類によっては泡立ちにくいものもありますし、薄めずに使うタイプのものもあります。
使う前には一度きちんと確認してみてくださいね。

基本的な車の洗い方

汚れを落とし洗車傷をつきにくくするとはいっても、間違った洗い方をしては意味がありません。
正しい洗い方でカーシャンプーの性能を100%発揮させましょう!

①ボディの水洗い

洗車する男性

まず、車のボディに勢いよく水をかけます。
砂やほこりを水圧で大まかに落としましょう。
砂やホコリの残ったボディーをシャンプーやスポンジで洗うと、そのゴミによって車体にキズを付けてしまいます。
洗車の前に、まずは水でホコリやゴミなどを洗い流すのはとても大切です。
きちんと汚れを落とすためにも、水で車体を洗う下準備は必ずおこないましょう。
洗い流す際は、ルーフなど高い部分から低い所へとおこなうのが基本です。

②シャンプー洗い

ボンネット 洗車

先ほど紹介した要領で、カーシャンプーをモコモコに泡立てます。
泡立てたカーシャンプーををスポンジにたっぷりつけて、上から下への順番でボディを洗っていきます。
洗う時は、スポンジで軽くなでるように優しく洗いましょう。
ゴシゴシ力を入れて洗ってしまうと、洗車傷を作る原因になります。

③すすぎ

洗車

©Shutterstock.com/ welcomia

洗い終わったら、上から下への順番で充分すぎるくらいしっかりと水ですすぎましょう。
また、なるべく早くすすぐことが重要です。
洗剤が乾くとホコリなどを吸着しやすくなってしまうので、ボディに残った洗剤成分は水でしっかりと洗い流しましょう。
せっかくシャンプーで浮き上がらせた汚れが乾いて、またボディにこびりついてしまう前に、たっぷりの水で洗い流すのがポイントです。
洗車中シャンプーが乾いてしまうようであれば、部分ごとに分けて洗い、その都度水で流すのが望ましいです。

④拭き上げ

車 洗車 水滴

水で濡れた状態で洗車を終わらせると水シミの原因になります。
洗車の後は必ず水滴を拭き取りましょう。
十分すすぎ流したら、最後に水滴を拭き上げます。
やわらかいタオルや、マイクロファイバークロスで、ボディに水滴が残らないようにしっかり拭きましょう。

以上で、カーシャンプーを使った基本的な洗車工程は終了です!
汚れがひどくなると、その分シャンプー洗車だけでは落ちにくくなってしまうので、なるべくこまめに洗車やメンテナンスをするようにしましょう。

車もカーシャンプで洗ってあげましょう

雑な洗い方や間違った洗い方で汚れや傷がついたボディは、どんなにかっこよくて良い車でも見栄えが悪くなってしまいます。

ですが、カーシャンプーの使い方や洗車の仕方に気を付ければ、傷や汚れは最小限に抑えられますし、綺麗な状態を長持ちさせることができます。

長く乗り続ける車だからこそ、丁寧で正しくカーシャンプー洗車をして、気持ちよく車に乗りたいですね。

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す