初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【自動車の歴史】キャデラックの歴史、ルーツと車種の特徴を知ろう!

大統領専用車であり、多くの有名人に愛されてきた最高級アメリカン・カー。それがキャデラックであります。性能だけでなく美しさを大切にする、アメリカを代表する高級車の歴史と現行車種までご紹介します。

キャデラックの創始者

ヘンリー・マーティン・リーランド

ヘンリー・マーティン・リーランド(Henry Martyn Leland 1843年~1932年)

工場長から自動車メーカーの立ち上げへ

1899年、米大手自動車メーカー「フォード」の創設者であるヘンリー・フォードをトップとした「ヘンリー・フォード・カンパニー」が設立されました。
その後離別することとなり、当時機械メーカーの工場長であったヘンリー・マーティン・リーランドが後押しを受け、1902年にキャデラックブランドを立ち上げることになります。

社名については、リーランドは自身の名前を付けることを嫌がったため、貴族で冒険家であり、開拓者の「アントワーヌ・ロメ・ドゥ・ラ・モト・スィゥール・ドゥ・カディヤック 」の名前から取り「キャデラック」となったのです。

キャデラックの本格的な始動

リーランドは精密加工技術の世界で大変有名でした。
1902年10月にキャデラック社は第一号車「キャデラック モデルA」を完成し、その翌年のニューヨークでの公開では高評価を受け、2000台以上の注文を受注します。

そして1908年にはイギリス王立自動車クラブからデュワー・トロフィー(その年に最も画期的な進歩をした自動車メーカーに与える)を受賞し、キャデラックの名は世界的に名前が知られることになります。

1902年 キャデラック モデルA

キャデラック・モデルAはリーランドによって初めて生産された自動車です。

キャデラック モデルA 1902年

GMグループ入りとリンカーン社設立

1909年GMの創設者である、ウィリアム・C・デュラントからの要望を受け、キャデラックはGMグループの一員となります。
その後はGMグループにおける最高級レンジのモデルとして生産されています。

しかしながら、リーランドは第一次世界大戦中GMに不満を持つようになります。
そして「リバティエンジン」を作りたいという考えの元、新たなるブランド「リンカーン」を立ち上げます。
「キャデラック」と「リンカーン」というアメ車の誇る二大ブランドを立ち上げた人物がリーランドなのです。

キャデラックの高級車という地位

1920年~1930年にかけて歴代大統領や有名人に愛され、世界の高級車と並び称されます。
人々は自分のキャデラックをカスタムして、その豪華さを競い合いました。
それらは常にキャデラックが先進技術を取り入れ高級なデザインを保っていたからでしょう。

1928年キャデラック314A

キャデラック314Aは大統領だけでなく、かの有名なアル・カポネも使用しました。

大恐慌から第二次世界大戦

キャデラックは1930年に世界初の乗用車向けV型16気筒エンジンを出しラインナップの増加をするも、大恐慌によって販売台数は伸びませんでした。

その後アメリカの経済も良くなってきて販売台数は一時元にもどりますが、第二次世界大戦が始まると新モデルの開発は中止されます。
しかし、アメリカの上層部など、一部のVIPがキャデラックを利用していたため、少数のみ作られていました。

1930年キャデラックV16

世界初の16気筒エンジン。

キャデラック V16 1930年

マイナーモデルチェンジからの脱却をはたしたキャデラック

第二次世界大戦後はマイナーモデルチェンジが続きました。そして40年代後半に、様々なアイディアにより先進的なデザインが出来上がります。

1950年代はキャデラック車の黄金期と言われ、有名人や大統領専用車などに利用されました。
当時の最新技術を取り入れた新型モデルを数多く市場に投入し、コラボレーションなども行われました。

その中でも1959年モデルはその美しいスタイリング・車の大きさ・価格の高さからアメリカンドリームを体現し、今だ有名なシリーズとなっています。

1960年 キャデラック・デビル エルビスが愛し、有名になったモデル

エルビスが愛し、有名になったモデル。


キャデラック 1960年

1970年代からのダウンサイジング

1970年代に入ると、様々な車種のダウンサイジングが行われます。
しかし、それらはダウンサイジングのみに留まらず、パーツの品質低下なども引き起こしてしまい、GMグループ内での格差がつけられなくなり、キャデラックブランドのイメージを下げる結果となります。

1970年のキャディラック フリートウッド エルドラード

1970年のモデル「キャディラック フリートウッド エルドラード」はボディがシャープになっています。

キャデラック フリートウッド エルドラード 1969年

キャデラックは1980年代後半にはいると世界の高級自動車市場で比較されるようになり、アメリカ市場では顧客の平均年齢が「65歳から老衰死者まで」
といわれ、顧客年齢の低下とブランド全体イメージの再考を行うことになります。

1998年には世界の高級車市場に負けじと、エンジンや品質の高い内装などの5代目セビルを作り上げます。
それ以来、ル・マン24時間レースへの参戦などによりキャデラックの高級イメージを回復させることに成功します。

1998年 キャデラック・セビル

フルモデルチェンジし、高級乗用車の地位を得たキャデラック・セビル。

キャデラック セビル 5代目 1999年

大統領専用車というステータス

第二次世界大戦以前より大統領に利用されたキャデラック。
それらはオーダーメイドであり、大統領たちを守る役目を担っていました。

中でも現在のオバマ大統領専用のキャデラックは、その装甲の厚さ等から世界最強ともいわれてます。

▼1959年 アイゼンハワー第34代大統領のキャデラック・エルドラド大統領モデル

アイゼンハワー第34代大統領のキャデラック・エルドラド大統領モデル(1959年)

▼レーガン大統領キャデラック・フリートウッド大統領モデル(1982年)

キャデラック フリートウッド 1983年 レーガン大統領使用車

▼オバマ大統領専用車リムジン・キャデラック・ワン

キャデラック・プレジデンシャル・リムジン 2009年

キャデラックの現在のモデル

キャデラック・SRXクロスオーバー

キャデラック SRXクロスオーバー 2014年

キャデラック・エスカレード

キャデラック・エスカレード ESV 4代目 2015-

キャデラック・ATSセダン

キャデラック ATS セダン 2015年

キャデラック・ATS-V

キャデラック ATS-V

キャデラック CTS セダン

キャデラック CTS セダン

今なお人々に愛されるキャデラック

キャデラック エンブレム

キャデラックの歴史と代表車種を紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか。

キャデラックは古くはマリリン・モンローやエルヴィス・プレスリー、そして現在も多くの有名人の愛車となっています。
どの時代も代表してきたキャデラックは、この先も躍進していくでしょう!

おすすめの関連記事!

この記事の執筆者

T.TAKUMIこの執筆者の詳細プロフィール

車やアウトドア、ファッションなどメンズライフスタイルについて執筆しているフリーランスライター。幼い頃に、父親とトヨタのルシーダで愛知から秋田まで10時間以上かけて里帰りしたことが車を好きになったきっかけ。趣味は靴磨きと旅行。...