初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

1リッターカーおすすめ人気車種比較TOP5|燃費がポイント?【最新版】

排気量1Lクラスのクルマである「1リッターカー」(リッターカー)の人気が高まっています。買いやすい価格とともに、その経済性の高さや維持費の安さなどメリットも多く、人気ジャンルの一角を形成しつつあります。本記事では、1リッターカーおすすめ人気車種比較TOP5として、その魅力をご紹介してまいります。

1リッターカーとは?

ダイハツ 初代 シャレード 外装

1リッターカーとは、総排気量1リットル以下の小型乗用車のことを指し、古くから「リッターカー」とも言われてきました。
また、軽自動車はリッターカーに含まれず、なおかつメーカーが排気量1000ccと謳う車でなければありません。
そんな1リッターカーの代表車と言われている車が、1977年に発売された「ダイハツ・シャレード」と1982年に発売された「日産・マーチ」と言われています。

軽量コンパクトでありながら、必要な居住性と高い経済性を両立した初代シャレードとマーチは高い評価を得て、共に大ヒットし、1ジャンルを築きました。

1リッターカーは税制面もお得

価格 お金 費用 税金 維持費

出典:©shutterstock / Grzejnik

現在の日本の自動車税は、排気量によって区分されされています。その中で1リッターカー(排気量1000cc以下)は、税制では「排気量1.0L以下」に区分され、年税額は軽自動車を除くと、一番安い29,500円となり、ひとクラス上(1.0L超1.5L以下)の34,500円より5,000円少ない税額となっています。

自動車の維持費を安く抑えたいならおすすめの記事

最新版の1リッターカーは魅力いっぱい!

トヨタ パッソ MODA G package 2016年

1970年代のダイハツ・シャレード発売以降、日産・マーチやスズキ・カルタス、スバル・ジャスティなど多くの1リッターカーが発売され、人気を博していましたが、その後排気量の拡大が進み、一時期「1リッターカー」は皆無の状態になっていました。

しかし、エコカー時代の到来とともに、1リッターカーの経済性が見直され、国内外で多くの車種が発表され人気となっています。

次項から、魅力あふれる「1リッターカーおすすめ人気車種比較TOP5」をご紹介してまいります。

【1リッターカーおすすめ人気車種第5位】

アウディ A1

2015 アウディA1 外観

小さくても「プレミアム」!
アウディA1は、アウディの哲学を凝縮したコンパクトカーで、究極のダウンサイジングターボと言っても過言ではない、新開発の「3気筒1Lエンジン」が2015年5月に追加発売されました。

アウディ A1は「プレミアムブランド」ならではの質感が魅力!

アウディA1 インテリア

アウディA1 1.0 TFSIは、3気筒1.0Lのダウンサイジングターボを採用し、95PSの高出力と22.9km/L(JC08モード)の低燃費を兼ね備えたモデルで、価格も標準グレードで250万円を切っており、プレミアムブランドとしてはたいへん魅力的な価格になっています。

【スペック】
全長x全幅x全高:3985x1740x1425mm
ホイールベース:2465mm
車両重量:1120kg
エンジン:直列3気筒 DOHC インタークーラー付ターボ999cc
最高出力:95ps(70kW)/5000-5500rpm
最大トルク:16.3kgf・m(160N・m)/1500-3500rpm
トランスミッション:7速Sトロニック
燃料消費率:22.9km/L(JC08モード燃費
メーカー希望小売価格:2,490,000円(税込み)から

アウディ A1の評判は?

【エクステリア】アウディ自体がメルセデスやBMWと比較して、それ程押し出しが強いデザインをしておらず、そこが、逆に好感が持てる。
【インテリア】シンプルにまとまっていて、扱いやすく機能的。だが、簡素とか質素という訳でもなく品よく機器類も配置され、センス良く感じられる。

出典:http://review.kakaku.com/

【エクステリア】
シャープさと丸っこさが上手に融合されていると思います。ヤンチャにも見えるし、かわいらしくも見える。男性・女性どちらにも似合うと思います。他のアウディ車と比べると、悪く言えば少し子供っぽく見えるかも。
【インテリア】
内装は好みのカラーを選ぶことができましたが、特にこだわりがない私はベーシックなブラック系。とてもシックで質感が高いです。メーター周りのイルミも赤・白が基調でカッコいいと思います。

出典:http://review.kakaku.com/

audiらしさが凝縮された車。
自分は外車が初めてだったのですが、本当に購入して良かったと思います。
価格はやや高めですが、それに見合った価値があります。

出典:http://review.kakaku.com/

【ここがポイント!】
アウディというプレミアムブランドならではの、内外装の仕上げの良さやデザインセンスの良さが、所有欲を掻き立てるものとなっているようです。国産コンパクトと比べると、購入予算は高くなりますが、燃費など経済性の高さも上々ですので、満足度の高い、買って後悔のない車と言えそうです。

アウディ新型A1の詳しい最新情報についてはこちら

アウディ A1の現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


【1リッターカーおすすめ人気車種第4位】

フィアット 500

フィアット 500 外装

フィアット 500は、イタリアならではのお洒落で小粋なコンパクトカーで、丸く可愛いレトロルックがトレードマークとなっている人気の高いヨーロッパ車です。ツインエアと呼ばれる高出力と低燃費を併せ持った875cc2気筒のターボエンジンが1リッターカーとして人気となっています。

フィアット 500は「ツインエア」のビート感が魅力!

フィアット 500 内装

FIAT500 TwinAir Popは、875ccの2気筒ターボエンジン「ツインエア」を搭載しています。875ccという小排気量ながら、63kWの最高出力と145Nmの最大トルクを発揮しつつ、リッター24km という低燃費を実現しています。また、他にはない2気筒エンジンのサウンドや乗り味も魅力の一つとなっています。

【スペック】
全長x全幅x全高:3570x1625x1515mm
ホイールベース:2300mm
車両重量:1010kg
エンジン:直列2気筒 8バルブ マルチエアインタークーラー付ターボ875cc
最高出力:85ps(63kW)/5500rpm
最大トルク:14.8kgf・m(145N・m)/1900rpm
トランスミッション:ATモード付5速シーケンシャル(デュアロジック)
燃料消費率:24.0km/L(JC08モード燃費
メーカー希望小売価格:2,289,600円(税込み)から

フィアット 500の評判は?

驚く女性

リバイバルシリーズの中でも(ミニ、ビートル、チンクエチェント)もっとも完成度の高いエクステリア。赤の革フラウシートモデルですが、これぞイタリア車、という内外装のバランスとセンスのよさ。

出典:http://review.kakaku.com/

トコトコという独特の音がいいですね。
低速から結構なトルクが出ていて乗りやすく、高回転まで無理もなく回るのは意外でした。この車のデュアロジックは、昔のアルファのセレスピードのようにスムーズに走らせるためのコツが必要ないので、運転が上手くない人でもそれなりに普通に走れると思います。

出典:http://review.kakaku.com/

エクステリア:ネコ科の切れ長の目でもなく恫喝するような顔付きでもない、愛くるしい狸顔。レトロな雰囲気を持つ。
エンジン性能:875cc、環境に配慮した独特の“音”の個性的エンジン。トルクも十分。
走行性能:乗り味はバイク風、新東名でも峠道でもびゅんびゅん走る。

出典:http://review.kakaku.com/

【ここがポイント!】
フィアット 500は、やはりそのデザインに惚れこんで購入したというユーザーが圧倒的に多い印象です。リッターカーたる所以の「ツインエア」は、その独特のビート感やトルク感が個性的で、どのユーザーもそれを楽しんでいる様子でした。
実用性のある個性的な車がフィアット 500と言えそうです。

フィアット新型500の詳しい最新情報についてはこちら

フィアット 500の現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


【1リッターカーおすすめ人気車種第3位】

スズキ・スイフト

スイフト RSt 外装

スズキ・スイフトは2017年に1月にモデルチェンジしたばかりの最新型車です。
メインエンジンは1.2Lのマイルドハイブリッド車になりますが、同時に発売された「1.0L直噴ターボのブースタージェット エンジン」も魅力いっぱいのユニットとなっています。
こちらのエンジンは1L以下となりますので「1リッターカー」となります。

スズキ・スイフトRStは「パワーと低燃費」を両立!

スズキ スイフト K10C型 ブースタージェット エンジン

スイフトRStは、レギュラーガソリン対応の1.0L直噴ターボと6速ATを組み合わせたスイフト唯一の1.0Lモデルとなっています。
ヨーロッパで主流となっています直噴プラス過給機の組み合わせからなる「ダウンサイジングターボ」と同じ考え方で設計されており、1.0Lという排気量ながら、1.5L NA(自然吸気エンジン)並みのパワーとトルクを得ています。
また、ダイレクトな走りを得るべくCVTではなく有段AT(6速AT)を採用しているのも特徴の一つとなっています。

【スペック】
全長x全幅x全高:3,840×1,695×1,500
ホイールベース:2450mm
車両重量:930kg
エンジン:水冷4サイクル直列3気筒直噴ターボ
最高出力:102ps(75kW)/5500rpm
最大トルク:15.3kgf・m(150N・m)/1700-4500rpm
トランスミッション:6速AT
燃料消費率:20.0km/L(JC08モード燃費
メーカー希望小売価格:1,704,240円(税込み)から

スズキ・スイフトの評判は?

指をさす女性

【エクステリア】
写真などで見るよりも実車はかなりカッコイイです。
これまでのスイフトを踏襲しつつも「新しい!」とわかるデザインでとても気に入っています。
【インテリア】
メーターまわりがとてもかっこよくなりました!220kmまであるスピードメーターには多々意見が出ていますが、私は以前のスイフトが60km~100kmあたりがハンドル上部とちょうど目線がかぶってしまい見えづらかったため、今回は実用域がしっかり見えるのでとても分かりやすく感じています。

出典:http://review.kakaku.com/

【エンジン性能】
エコに振った、ハイギアードっぽい設定です。車重が軽いので、普通使いには、問題ないです。
≪一人乗車での40~100KM加速は、なかなか良い感じです。アイドリング時の音は、まったく気になりません。振動はあると言えばありますが、僅かです。≫
【走行性能】
あちこちの試乗記に散見する、ハンドルセンター付近の緩さ?が、直進安定性の弱さとして少し感じます。もしかすると欧州仕様と違い、5ナンバー幅に抑えたせいでしょうか?通常は、軽い取り回しの感じ良い感覚です。

出典:http://review.kakaku.com/

【エンジン性能】
900kg台の軽いボディに1Lの三気筒ターボは十分なパワーで、今までの1.2L四気筒とは違うパワー感ですし、RSt限定でデミオに唯一勝てる点です。
【走行性能】
RStに関しては少なくとも多少ハードなことをしてもぶれたりすることもなく、足廻りは欧州車に近いものになっているようです。

出典:http://review.kakaku.com/

【ここがポイント!】
スズキ・スイフトの人気の主流は、1.2Lのマイルドハイブリッド車の様子ですが、1.0L直噴ターボのRStの評価も上々で、その乗り味や走りの良さ、フィーリングは欧州コンパクトに負けない仕上がりで魅力的な車となっているようです。
また、最近のスズキ車に共通する美点として、車両の軽量化が、燃費や走りに大きく貢献しているといって間違いないと言えそうです。

スズキ新型スイフトに関連する最新記事はこちら

スズキ スイフトの現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


【1リッターカーおすすめ人気車種第2位】

トヨタ・パッソ(ダイハツ・ブーン)

トヨタ パッソ 外装

トヨタ・パッソのキャッチコピーは「カイテキ、カワイイ、カッコイイ。Kなパッソ、できました」となっています。
またダイハツ・ブーンは「軽の技術で、コンパクトを変えていく」となっており、両車とも、「K」(軽)をキーワードに軽自動車に負けない魅力と商品力を具現化した人気の1リッターカー(コンパクトカー)を目指して開発されました。

トヨタ・パッソ(ダイハツ・ブーン)は「1リッターエンジン」一本で勝負!

ダイハツ ブーンシルク 2016年 イメージ

トヨタ・パッソ(ダイハツ・ブーン)は、燃費性能をさらにアップさせた1.0LVVT-iエンジンを搭載しています。
このエンジンはエネルギー効率を上げるためのさまざまな工夫と改良が施されており、2WD車ではハイブリッド車に迫る28.0km/L(JC08モード)という低燃費を誇っています。

【スペック】
全長x全幅x全高:3,650×1,665×1,525
ホイールベース:2490mm
車両重量:910kg(2WD車)
エンジン:直列3気筒 DOHC 996cc
最高出力:69ps(51kW)/6000rpm
最大トルク:9.4kgf・m(92N・m)/4400rpm
トランスミッションCVT
燃料消費率:28.0km/L(JC08モード燃費)2WD車
メーカー希望小売価格:1,150,200円(税込み)から

トヨタ・パッソの評判は?

エコマークイメージ

燃料タンクは35リッターくらい入ります。燃費は18から20くらい。低速のトルクがありますのでスムーズなアクセルワークを覚えると20近くいきます。

出典:http://review.kakaku.com/

【エンジン性能】
改良が加えられて先代よりも静かになりました。ただ、エアコンをガンガンつけて乗車人数が多いと、エンジンが唸って加速がもたつくことがあります。負荷をあまりかけなければ問題ありません。
【走行性能】
スピードに乗れば快適です。挙動が穏やかなので、きびきびした走りではありません。

出典:http://review.kakaku.com/

エアコンのON/OFFで20%程度変わります。
 以下は、大人2人のった実績です。
 街乗り  ON 12キロメートル / OFF 15キロメートル 
 市街地  ON 15キロメートル / OFF 18キロメートル
 高速道  ON 22キロメートル / OFF 25キロメートル
 流れに乗るにはある程度エンジンを回さないとならないため、カタログ値の28キロは難しいかと。。。

出典:http://review.kakaku.com/

【ここがポイント!】
トヨタ・パッソは燃費に対する期待度が大きく、その評価は人によってまちまちな様子です。
エンジンはNA(ノンターボ)ですので、決してパワフルとは言えないようですが、実用上は問題ないという声が多数でした。

燃費は、コンパクトカーの宿命なのか、乗車人数やエアコンON/OFFでかなり左右されるようですが、街乗りで12~15km/L前後、遠出や郊外路で20km/L程度といったところのようです。
高速道路をハイスピードで巡行するとかえって燃費はよくないようです。

トヨタ新型パッソの最新情報についてはこちら

トヨタ パッソの現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


【1リッターカーおすすめ人気車種第1位】

トヨタ・ルーミー(スバル・ジャスティほか)

トヨタ ルーミー 2016年

トヨタ・ルーミーは、「ミニバンの魅力をコンパクトカーに凝縮したトール2BOX」というコンセプトの1リッターカーです。
兄弟車として、トヨタ・タンク、ダイハツ・トール、スバル・ジャスティがあり、4兄弟ということになります。
ここでは、トヨタ・ルーミーをその代表車としてご紹介してまいります。

トヨタ・ルーミーは「1LD-CAR(ワン・エル・ディー・カー)」!

トヨタ ルーミー カスタムG-T 新型 内装

トヨタ・ルーミーのコンセプトは、「1LD-CAR(ワン・エル・ディー・カー)」で、広々空間と余裕の走りで、子育てファミリーをメインターゲットに幅広いユーザーにフィットするように考えられた車種設定、エンジン設定、グレード設定が特徴となっています。

トヨタ・ルーミーのエンジンは「NAとターボ」の二本立て!

トヨタ ルーミー カスタムG-T 外装

トヨタ・ルーミーは、低燃費でベーシックな1.0L VVT-i エンジンと1.5L並みのトルク(140N・m)を誇る直列3気筒1.0Lターボエンジンの二本立てとなっています。
予算やニーズに合わせて選択できるのも嬉しいポイントです。

【スペック】(1.0L VVT-i ターボエンジン・カスタムG-T)
全長x全幅x全高:3,725×1,670×1,735
ホイールベース:2490mm
車両重量:1100kg
エンジン:直列3気筒 DOHC 直噴ターボ996cc
最高出力:98ps(72kW)/6000rpm
最大トルク:14.3kgf・m(140N・m)/2400-4000rpm
トランスミッションCVT
燃料消費率:21.8km/L(JC08モード燃費
メーカー希望小売価格:1,965,600円(税込み)から

トヨタ・ルーミーの評判は?

女性 笑顔

【エクステリア】どの年代にも男性にも女性にも合うよにしているので無難な外観です。フロントグリルがメッキかブラックか迷いましたが、そんなに大差ないです。
【エンジン性能】
1000CCという事を考えれば良く走ります。ターボじゃないと重いと言われてますが、軽自動車からの乗り換えであれば特に重く感じません。
【燃費】
街乗りでアイドリングストップを切り、特に燃費も気にせず13キロくらいです。まあこんなもんだと思います

出典:http://review.kakaku.com/

【エンジン性能】
試乗時以上に惚れ惚れしてます!古い人間ですので1000kmまでは2000回転以内とか、回転数を抑えながら乗ってますがこのターボエンジンは低回転からしっかりトルクがあり、CVTのセッティングも絶妙なのか普通の坂道なら1500~1600回転位でぐいぐい登ってくれます。また60km/hで流す限り1200ほどしか回っておらず!瞬間燃費も平均燃費もうなぎ登りです。

出典:http://review.kakaku.com/

走行距離は現在で1,200km程、燃費は15.9km/Lといった具合です。
気にしながら走ったつもりですが、思ったより良い数字で安心しています。

エンジンについて、あちこちで聞いていた2,000回転辺りでの篭った音ですが、確かに、低速からグッとアクセルを踏んで速度を上げると、2~3,000回転の間でブーンと目立った音が少しの間鳴ります。これは試乗の時には気付きませんでした。成る程このことかと思いましたが、いつまでもうるさいわけではないので、仕方無いと割り切っています。

出典:http://review.kakaku.com/

【ここがポイント!】
トヨタ・ルーミーは、ハイトワゴンタイプですので、居住性などが良好な反面、車両重量は1トンを軽く超えます。
NAエンジンは、最高出力51kW(69PS)、最大トルク 92N・m(9.4kgf・m)と車重に対して余裕がありませんので、走りの面や実用燃費で不満が多く見受けられました。

高速道路などを使った長距離ドライブや多人数乗車が多いユーザーで、予算が許すならば「ターボエンジン車」を選んだ方が、より満足度が高いと言えそうです。

トヨタ新型ルーミーの最新情報についてはこちら

トヨタ ルーミーの現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


1リッターカーはますます魅力的に!

【みんなの意見】投票受付中!あなたは多数派?

Q.

    回答せずに結果を見る
    ご回答ありがとうございました。
    アンケート結果を見る
    Powered by

    国内外の1リッターカーをクローズアップしてみましたが、いかがでしたか?

    今回ご紹介いたしました、アウディ A1のように、ヨーロッパで人気の「ダウンサイジングターボ技術」が、とうとう1.0Lまで降りてきました。

    さらに、世界販売でトヨタと双璧をなすフォルクスワーゲングループの看板車種「フォルクスワーゲン ゴルフ」も次期型では、1.0L 3気筒ダウンサイジングターボエンジンがベーシックグレードに採用されるのではとウワサされています。

    走りよし、燃費よしの1リッターカーは、ますます魅力的になりそうです!

    コンパクトカーに関連するおすすめ記事はこちら

    燃費に関連するおすすめ記事はこちら

    安い車に関連するおすすめ記事はこちら

    車の排気量に関連するおすすめ記事はこちら

    この記事の執筆者

    よっしーこの執筆者の詳細プロフィール

    13年間自動車ディーラーで営業していた経験を生かして自動車・バイクのライターをしています。ドライブ・ツーリングが大好きで、そのジャンルの記事も得意です。 現在はフォルクスワーゲンのダウンサイジングターボ車にハマっています。愛車はフォルクスワーゲン・パサートです。...