アクアのバッテリーの寿命は短い?交換方法&費用からバッテリー上がりについても

ハイブリッドカーに関するウワサでよく聞くことの一つに「バッテリーの寿命が短く交換すると高い!」というものがあります。 しかし、これは本当でしょうか?ハイブリッド車に何年か乗っている人でないとその実態はなかなか分からないもの。 ここでは特にアクアに絞って、所有していない人でも簡単にわかるように解説します。

アクアのバッテリーとは

出典:http://toyota.jp/

車のバッテリーというと普通はエンジンを始動する時や電装品を動かすためにあるものを想像しますよね。
あの上がったらやっかいな代物です。
でもハイブリッド車のアクアのバッテリーもそれと同じようなものなのでしょうか。

アクアに限らず、ハイブリッドカーには一般的に2種類のバッテリーが載っています。それぞれ「補機バッテリー」「駆動用バッテリー」と呼ばれているものです。

寿命が短かったり費用がかかるというのはどちらの事を言っていたのでしょか。

アクアのバッテリーその1「補機バッテリー」

これは普通の車にもあるバッテリーと同じようなものだと考えて良いでしょう。性能や役割もほとんど同じです。
電装品を動かすことには使われていますが、エンジンの始動には使われません。また、ハイブリッドシステムを起動させるという大切な役割を持っています。

普通の車のバッテリーと同じようなものなので、使っているうちに劣化していきます。3年~5年で交換となるところも普通の車と同じと考えて良いでしょう。

アクアのバッテリーその2「駆動用バッテリー」

駆動用バッテリー

出典:http://toyota.jp/

↑5番が駆動用バッテリー

もう一つの駆動用バッテリー、これこそがハイブリッド車の根幹とも言えるもので、エンジン始動やモーター駆動に使われているものです。

普通のガソリン車などに搭載されているものとは全く違うもので、大きなもので電圧も高く、これでモーターを動かし、車体を走らせるためのものです。
一般的には「基本的には交換の必要はないもの」とされています。
本当でしょうか?

アクアのバッテリーの寿命は?

出典:http://minkara.carview.co.jp/

「補機バッテリー」の方は普通の車と同じとして、「駆動用バッテリー」の寿命を考えてみましょう。

トヨタ自動車の説明では

トヨタの公式サイトでは以下のように、寿命があるとされていて、保証の範囲として「5年以内・10万キロ以内」と説明されています。

ハイブリッド車の駆動用バッテリーの寿命を教えて。
駆動用バッテリー(リチウムイオンバッテリー・ニッケル水素バッテリー)には寿命があります。寿命は車の使い方、走行条件により異なります。保証は新車を登録した日から5年間です。ただし、その期間内でも走行距離が100,000kmまでです。

出典:http://toyota.jp/

実際にはどれぐらい持つのか

駆動用バッテリー

トヨタ自動車の説明は、「保障の範囲」です。実際には150,000キロ~200,000キロぐらいは持つようになっているそうです。平均的な乗り方をしている場合には、10年以上は持つ計算となるのではないでしょうか。

これだと交換に至る前に他の部分でも大掛かりな部品交換等を迎える時期で、諸々の理由で乗り換えを検討することになるのではないでしょうか。
そう考えると、まず普通の使用範囲で駆動用バッテリーを交換するまでには至らないと考えて問題ないでしょう。

また、モデルチェンジの度にバッテリーの性能も高くなってきています。
現在新車で販売されているものでは心配の必要はほとんどないです。

アクアのバッテリー交換方法

出典:https://toyota.jp/

↑補機バッテリーの交換方法

普通の車のバッテリーなら自分で作業をしてしまう人もいると思います。ハイブリッド車の補機バッテリーの交換は、普通のバッテリーよりも慎重に注意しなければならないことが多いですが、やってやれないことはないそうです。
工具が必要であることや、電装品の設定、ガス発生の可能性などもありますので、あまり慣れていない方、心配な方は素直にディーラーなど専門家に頼みましょう。
また、万が一駆動用バッテリーの交換となってしまった場合には危険も伴いますので、自分で作業されることは避けた方が良いでしょう。

アクアのバッテリー交換費用はどれぐらい?

消耗品である「補機バッテリー」はアクアの場合、だいたい20,000円程度です。
これはプリウスよりも安くなっています。

補機バッテリーでしたら、普通の車よりは多少高いぐらいの感覚でしょうか。毎年交換というものでもありませんので、決して高いものとも言えないと思います。

その一方、万が一「駆動用バッテリー」を交換することになってしまった場合には、150,000円程度かかると言われています。

バッテリーは上がるの?

先ほど説明したように、「補機バッテリー」には寿命もあるし上がります。補機用バッテリーが上がってしまうと、ハイブリッドシステムが起動できず、車を動かすことができなくなってしまいます。

普通の車と同じように電装系で電気を使いすぎてしまうとバッテリーが上がってしまうことがあります。その時にはやはり普通の車と同じように、ブースターケーブルで他の車から救護してもらうことができます。
ただし、他の車を救護してあげることができないのが普通の車のバッテリーとの違いです。

アクアのバッテリーの心配は無くなりましたか?

出典:http://toyota.jp/

ごくたまに駆動用バッテリーを交換したという人がいると、話だけが一人歩きしてしまい、人のウワサで「バッテリーの交換は高い!」となってしまうのではないでしょうか。

ここまで説明したように、バッテリーの交換に関しては、補機バッテリーが多少高いというぐらいで普通の車とそこまでの違いはありません。
安心してアクアを選ぶことができるのではないでしょうか。

車のバッテリー交換に関連するまとめ記事

アクアの最新情報に関連するまとめ記事

ハイブリッド車に関連するまとめ記事