ナンバー灯をLEDに交換すると違反?青色は車検に通らない?

自動車に取り付けられている様々なランプは、それぞれ異なる意味と機能を持っています。今回の記事では、その中からナンバー灯(番号灯)について説明します。LEDに交換すると違反?青色は車検に通らない?など、ナンバー灯(番号灯)を交換する際の注意点についてもご紹介しています。

そもそもナンバー灯(番号灯)って?

ナンバー灯

出典:http://www.junack.com/

ナンバー灯は、その名のとおりナンバープレート用のランプで、正式名称は「番号灯」といいます。ナンバープレートはその自動車を識別するための重要なものなので、見やすいように表示することが義務付けられています。

そのため、夜間でもナンバープレートを確認できるようにナンバー灯(番号灯)が取り付けられています。

ハンドルコラムにあるスイッチで灯火の点灯と消灯が切り替えられ、1段ひねるとまずこのナンバー灯(番号灯)と車幅灯(ポジションランプ)、尾灯(テールランプ)が点灯し、さらにもう1段ひねると前照灯(ヘッドライト)が点灯するようになっているものが一般的です。

ナンバー灯のスイッチ

出典:http://www.nissan.co.jp/

LEDに交換すると違反?ナンバー灯(番号灯)の保安基準

出典:http://www.worldtireservice.jp/

道路上を走る自動車は「道路運送車両の保安基準」を満たしていなければなりません。ナンバー灯(番号灯)に関する規定をまとめると、以下のようになります。

・色は白色で点滅しないものであること
・夜間に後方20mの距離からナンバーを確認できること
・番号灯試験機で計測したナンバープレート板面の照度が8lx(ルクス)以上
 (試験機で計測する箇所は8か所)

なお、平成32年6月15日より国際基準に調和する目的で、測定方法を照度ベース(lx)から輝度ベース(cd/m2、カンデラ平方m毎)を適用することが予定されています。

このように、車検の基準でもある保安基準ではナンバー灯(番号灯)の色やナンバー板面の明るさについての規定はありますが、ランプの種類についての制限はありません。

つまり、規定をクリアしていればナンバー灯(番号灯)をLEDに変更しても問題なく車検は通る、ということですね。

道路運送車両の保安基準の細目を定める告示【2015.06.15.】

第 127 条 番号灯の灯光の色、明るさ等に関し、保安基準第 36 条第2項の告示で定める基準は、次の各号に掲げる基準とする。
一 番号灯は、夜間後方 20m の距離から自動車登録番号標、臨時運行許可番号標、回送運行許可番号標又は車両番号標の数字等の表示を確認できるものであること。この場合において、次のいずれかに該当する番号灯は、この基準に適合するものとする。
イ 自動車(ロ及びハに掲げるものを除く。)に備える番号灯にあっては、番号灯試験器を用いて計測した番号標板面の照度が8lx 以上のもの又は協定規則第4号の技術的な要件(同規則補足第 17 改訂版の規則 9.のうち種別 2 に係るものに限る。)に定める基準に基づく番号標板面の輝度2cd/m2 以上のものであり、その機能が正常であるもの
(中略)
二 番号灯の灯光の色は、白色であること。
三 番号灯は、灯器が損傷し、又はレンズ面が著しく汚損しているものでないこと。

出典:http://www.mlit.go.jp/

青色LEDのナンバー灯(番号灯)は車検に通る?

LEDに交換する時の注意点!

青色LED

出典:https://www.sengoku.co.jp/

ナンバー灯(番号灯)をLEDに交換する場合、いくつか注意しなければいけない点があります。

以下に記す基準を満たさない場合、車検が通らなくなりますので注意しましょう。

色・色温度

ナンバー灯(番号灯)は「白色であること」と規定されていますので、青色などに変更すると保安基準に不適合となってしまいます。
とうぜん車検も通らなくなってしまいますので、交換するLEDは白色から選びましょう。

LEDの色をK(ケルビン)という色温度の単位で表示している製品があります。
この場合、だいたい6,000K付近が白色の目安になりますが、実際に点灯させてみたときに青白く見えたりしないかを確認しましょう。

明るさと拡散性

ナンバー灯(番号灯)の明るさに上限の規定はありませんが、反射でナンバーが読み取れなくなるほど明る過ぎるのも問題です。

また、LEDの光は指向性(まっすぐ前方に進む性質)が高いので、LEDに交換してみたものの明るさにムラがあり車検に合格できなかった、ということも起こりえます。

ンバー灯(番号灯)のソケットがナンバープレートに対して斜めに設置されている車も多いため、愛車のソケットがどのような向きについているかも知っておかなければいけません。

ムラなくナンバーを照らせるよう拡散性の高いLEDを使用している製品や、取り付けたときにLEDがナンバーの方へ向くようになっている製品を選ぶとよいでしょう。

ナンバー灯のLED交換-拡散性

出典:https://www.ipf.co.jp/

LEDナンバー灯(番号灯)の熱対策

LEDは消費電力が低い印象がありますが、思いのほか発熱するものです。
高輝度のLEDを狭いカバーの中に設置するとLEDの熱が内部にこもってしまい、その熱がLEDの寿命を縮めるだけでなく、最悪の場合ナンバー灯(番号灯)のカバーを溶かしてしまうこともあります。

端子が同じだからとポジションランプのものを転用したりせず、ナンバー灯(番号灯)専用の製品を選んでおくと安心でしょう。

ナンバー灯(番号灯)は均一な明るさが重要

青色ナンバー灯は車検に通らない

ナンバー灯は均一な明るさが重要

出典:http://lexus.jp/

ナンバー灯(番号灯)に関する記事はいかがでしたでしょうか?

LEDの純白の光は、後ろを走っていても素敵に見えますよね。
ナンバー灯(番号灯)の保安基準では計測する箇所が8か所もあるので、交換後もナンバープレートが均一に照らされていることが重要となります。

皆さんもこの記事を参考に、LED交換に挑戦してみてはいかがでしょうか。

車のお手入れ・カスタムに関する記事!

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す