MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > リトラクタブルヘッドライトやGTウイング!特殊装備がある車は高く売却できる?
ニュース

更新

リトラクタブルヘッドライトやGTウイング!特殊装備がある車は高く売却できる?

車を売却する際、サンルーフやレザーシートなどの人気装備が付いていると、査定額がアップします。

では、リトラクタブルヘッドライトなどの装備がついた”旧車”や、GTウイングなどが装着されている”カスタムカー”はどうでしょう?

特殊な装備がついている車は、何の問題もなく売却できるのでしょうか?

リトラクタブルヘッドライト装着車はそもそも人気スポーツカーが多い

©stekin/stock.adobe.com

マツダ RX-7の歴代シリーズをはじめ、1980年代から1990年代までの間に国産メーカーが手がけたスポーツカーに採用されてきたリトラクタブルヘッドライト。ボディ先端が「パカッ!」と開き、ヘッドライトが表れる仕組みや動きがカッコいいと、今でもファンが多い装備です。

しかし現在、リトラクタブルヘッドライトを採用する新車はありません。

リトラクタブルヘッドライトを装着した車の売却について、神奈川県内にあるスポーツカー専門で買取を行っているチェーン店(以下表記:A店)のスタッフに尋ねてみました。

「年々個体が減っているので、とにかく依頼があれば査定をさせていただき、相応の買取価格を提示させていただいている状況です」

特定の車種に限られるものの、リトラクタブルヘッドライトを装着した車種は、値段がついた状態で売却できるケースが多いそうです。

マツダ RX-7。近年では人気アニメキャラの愛車としても話題になった

リトラクタブルヘッドライトを採用している車種は、RX-7だけに限らず、トヨタ スープラ(3代目 A70型)やMR2(初代 AW10型・2代目 SW20型)、日産 180SXなども中古車市場で高い人気を維持しています。

そもそも近年、旧車およびスポーツカーの中古車価格が高騰しています。生産されてから20年から30年が経過しているモデルが多いこともあり、なるべく状態のよい個体を確保したい中古車買取店の思惑があるのかもしれません。

買い取ってもお店の在庫にしないことも…どうして?

しかし、リトラクタブルヘッドライトを装着した車種でも、買い取った物件をそのままお店の”在庫”として取り扱わないこともあるそうです。

そういった場合は、「業者オークション」に買い取った車を出品して、国内や海外問わずに他所へ流通させるとのこと。こういったことは中古車を取り扱う業者間で活発に行われています。

A店のスタッフも、「業者オークションへ流したほうが効率よく捌けることもあるので、店頭に在庫として置いたままにするより見込みがありそうな物件は買取時に見極めるようにしています」とのこと。

希少価値が高くなっているリトラクタブルヘッドライト装着車種は、売却後の物の流通ペースが早くなっています。気がつけば元愛車が海外で走っているというのも珍しくないそうです。

執筆者プロフィール
長谷川 優人
長谷川 優人
1990年生まれ。30代突入と同時期にライター業を開始。日常系アニメと車好き。現在所有はワゴンR(MH95S)。アニメ作品の聖地巡礼などで、各地へドライブに出かける。
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード