MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 暗い通りのほうが車の盗難や車上荒らしが減る?夜間照明と犯罪率の関係とは
ニュース

更新

暗い通りのほうが車の盗難や車上荒らしが減る?夜間照明と犯罪率の関係とは

毎日使っている車が突然消えてしまったら。このような事態を想定をして車を使っている人はほとんどいないでしょう。しかし、車の盗難や車上荒らしなどは多く警視庁の発表によると、2021年の自動車盗難件数は5,182件です。

そこで今回は、現役の自動車保険アドバイザーである筆者が愛車を盗難や車上荒らしから守るためのノウハウをお伝えします。

車上荒らしや盗難はどこで起こるのか?

車が盗まれたり荒らされたりした時、精神的ダメージだけでなく、交通手段をなくしてしまうという点で大きなダメージを受けます。しかし、普段から愛車が盗難に遭ったり荒らされたりすると仮定して駐車する人はほとんどいません。

実際、筆者が担当した事例には以下のようなものがあります。

実際に盗難や車上荒らしにあった例

事例1)ガレージに行くと車がなくなっていた

夕方、Aさんはいつも通り帰宅しガレージに大型SUV車を駐車、施錠しました。Aさんの家は広い道路沿いで人通りも少なくありません。その夜、特に変わったこともなく就寝したのですが、次の日、通勤のためガレージに行くとあるはずの車がなくなっていたのです。縦列して停めていたもう1台の軽自動車に被害はありませんでした。

@naka/stock.adobe.com

事例2)立体駐車場での車上荒らし

パチンコ店に勤務しているBさんは、朝10時に立体駐車場へ車を置いて19時まで勤務しました。帰りに車に戻ると車体全面に傷がつけられていたのです。さらに、ドアには開けられたような跡がついていました。しかし、車内に金品などは置いていなかったため、大きな被害はありませんでした。

盗難や車上荒らしはどこでおこなわれている?

これらの犯罪に共通する点は、誰でも通る道沿いや駐車場で起きたということです。警察の発表では、被害全体の7割が自宅、アパート・マンション駐車場、会社事務所で発生しています。車両に関する犯罪は人気の少ない場所で発生すると考えられますが、人通りの多い場所や自宅の車庫などでも昼夜問わず堂々とおこなわれているのです。

執筆者プロフィール
河野みゆき
河野みゆき
1975年生まれ。経理事務の仕事を経て、23歳で家業の自動車整備販売業を継ぐ。主な業務は自動車販売、車検業務、自動車保険の取り扱いなど。自動車に関する知識を女性目線で発信したいと思い、ライターとしても活...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード