MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 何時間以上停めると「放置車両」?コインパーキングに停めっぱなしが絶対NGな理由
ニュース

更新

何時間以上停めると「放置車両」?コインパーキングに停めっぱなしが絶対NGな理由

コインパーキングを利用した際、たまに警告の張り紙がされている車が停められているのを見かける機会があります。

後払い式が主流のコインパーキングは、後からお金を払えさえすれば何時間、あるいは何日間駐車しても問題ないようにも思えます。しかし調べてみると「お金さえ払えればよい」とはいえない事態に発展する可能性が見えてきました。

コインパーキングの1回の駐車時間には上限があった

コインパーキングは、都心の空いている土地を活用して、ちょっとしたお買い物や用事で駐車したい利用者向けに用意された時間貸し式の駐車場です。

基本的には短時間での利用を想定して作られているため、コインパーキングの1回の駐車時間の上限は運営会社ごとに決められているのです。

神奈川県某所のコインパーキング画像 ©長谷川 優人

「タイムズ24」や「三井のリパーク」など、多くのコインパーキングでは1回の駐車は”48時間まで”、もしくは”48時間以内”となっています。これについて、コインパーキングの運営を行っているA社の関係者に問い合わせてみました。

プライバシーの問題があり、細かい対応方法について伺うことはできませんでしたが、「制限時間を超えて駐車されている車両があれば、警告の張り紙や利用者の確認を行い、適切な対応を行っています」とのこと。

なぜ、駐車時間で”48時間”の制限を設けているコインパーキングが多いのでしょうか?

神奈川県内「タイムズ」の時間貸駐車場にて 注意書きが細かく書かれている ©長谷川 優人

利用時間に制限を加えておくことで不正なコインパーキングの利用を阻止する目的もあるようですが、他にも、迷惑駐車や車の不法投棄など「不正駐車の予防」をしているとも言えます。

不法投棄となれば、車を撤去するにあたって手続きをすることに加え、コストがかかるなど運営会社側の手間が発生します。トラブルを未然に防ぐため、あえて”48時間”との表記をして利用者に適切なコインパーキングの利用を促しているのでしょう。

なお、A社の関係者に問い合わせをした回答のとおり、長期間駐車されている車両には、張り紙による警告などが行われます。

制限時間を超えたからといってすぐに車が撤去されるわけではありませんが、48時間を超えていると、管理会社より撤去を予告される可能性は考えられるでしょう。

執筆者プロフィール
長谷川 優人
長谷川 優人
1990年生まれ。30代突入と同時期にライター業を開始。日常系アニメと車好き。現在所有はワゴンR(MH95S)。アニメ作品の聖地巡礼などで、各地へドライブに出かける。
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード