MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 役立つ情報 > どっちがいい?アンダーステアとオーバーステアの意味と違いとは?
役立つ情報

更新

どっちがいい?アンダーステアとオーバーステアの意味と違いとは?

カーレース

走行中の自動車にかかる力

自動車に限らず、飛行機や船舶など操縦中の物体には必ず何かしらの力がかかっています。

加速や減速時に感じる進行方向前後にかかる力や旋回時に横方向にかかる力など、街中を走行するだけでも感じることができるので、自動車教習所でも急加速や急ブレーキなどの「急」がつく動作には注意が必要なことはご存知でしょう。

特に旋回中にかかる「ヨーイング、ピッチング、ローリング」の3軸の力を理解することは運転上達
には必須事項で、その中でも「ヨーイング」と呼ばれる力はコーナーリングを制するのに無視する
ことはできません。

クルマはなぜ曲がるのか?

「クルマはなぜ曲がるの?」といわれて「ハンドルを操作するから」と答えるのは真っ当なこと
ですが、「なぜハンドルを操作すると曲がるの?」と聞かれたら「…?」となってしまう人も
多いのではないかと思います。

直進状態からハンドルを操作することで、横方向に抗力が発生します。
上の図ですと、左にハンドルを切ることで右から左に向かって横方向の力が発生します。この力は一般的に「ヨー」と呼んでいて車体を上から見て串刺しにするような方向の回転軸を「ヨー軸」、その回転軸で働く力を「ヨーイングモーメント」といいます。
これらをまとめて「横G」と呼ばれたりするので、そちらはご存知かと思います。

「ヨー」によってクルマは進行方向を変えることができて「ヨーイングモーメント」によって旋回できることになります。
車線変更などの際は必要以上に「ヨー」を発生させる必要はありませんし、右左折や峠などでは「ヨーイングモーメント」を大きく発生させなければ旋回ができません。

改めてアンダーステアとオーバーステアの意味と違いを解説

「アンダーステア/オーバーステア」という言葉はよく耳にしますが、日常走行にはあまり関係
なく悪状況下や限界付近での走行などで発生するクルマの旋回特性のことです。

一般的に使われるのは「アンダー傾向にある」などといった感じで日常走行での曲がりやすさや
曲がりにくさを指すことが多いです。

・アンダーステア傾向:思ったコーナーリングラインより外側膨らむ>曲がりにくい。

・オーバーステア傾向:思ったコーナーリングラインより内側に巻き込む>スピンしやすい。

アンダーステア/オーバーステアの挙動

アンダーステア

アンダーステアは、限界走行時に進行方向に対して旋回しない状態になって曲がりきれなくなることを意味しますので、コーナーリング時にクルマが外へ逃げるような挙動になります。
オーバースピードでコーナーに進入すると発生しやすいのでスローイン・ファストアウトという
運転技能はコーナーリングの大原則です。

前輪駆動は、操舵輪であるフロントタイヤにトルクを掛けすぎることでホイルスピン状態になって
グリップを失ってしまうことでアンダーステアの挙動を示すことがあります。
また後輪駆動や四輪駆動の場合、リアのトルクが大きすぎると後ろから押し出されるようにして
前輪のグリップが負けてしまいアンダーステアの挙動になることがあります。
これは「プッシュアンダー」と呼ばれる挙動で、コーナーリングの後半で早めにアクセルオン
してしまうことで起きやすく、レース中のバトルなどで見られることがあります。
峠道などでは駆動輪を問わずスローイン・ファストアウトの原則を守りつつ注意が必要です。

滑りやすい路面状況下で、フロントタイヤのグリップが失われた場合は、ステアリングによる操舵が利かなくなりますので結果としてアンダーステアとなります。

オーバーステア

オーバーステアは、アンダーとは違い旋回しすぎる状態を示しますのでクルマはスピン状態になり
挙動が大きくなって危険な状況に陥る可能性が高いのですが、ドリフトをさせる時などは意図的に
これを利用します。

後輪のグリップが失われた状態で「ヨーイングモーメント」が発生した場合に陥る挙動ですので
フラフラ状態のように車両姿勢が不安定になった時にスピンしてしまうことはオーバーステアに
起因していることが多いです。

前輪駆動はブレーキングで荷重が前よりになった状況でステアリング操作をしてしまうことで
発生しやすいので、下りの峠道ではオーバースピードにならないように注意が必要となります。

後輪駆動は、荷重状態がどのような場合であっても大きくトルクを掛けてしまうとタイヤが
グリップを失ってホイルスピン状態になってしまうので、オーバーステアになりやすい性格を
もっています。
静止状態からのスピンターンや豪快なドリフト走行はこの性格を利用した安全とはいえない
運転技能ですので公道ではマナー違反といわざるを得ないでしょう。

日常走行でのアンダーステア/オーバーステア

一般的に「前輪駆動はアンダー傾向で、後輪駆動はオーバー傾向」などと言われますが、シャシの
性格以外でも路面状況や運転の仕方などによって、挙動は変化することがあります。

晴天時の街中などの一般道を走行する際には、「アンダーステア/オーバーステア」というような
挙動特性を意識する必要はないと思っていていいでしょう。

しかし、高速道路での走行や雨天や雪道、不整地といった悪状況下では運転中にどのような挙動を
クルマが示すかはわかりません。
また、一般道においても安全運転をしていても緊急回避行動をとらざるを得ないこともあります
ので、上級ドライバーは経験で「アンダーステア/オーバーステア」を理解していたりします。

車両挙動制御デバイス

アンダーだと小回りが利かないとか、オーバーは旋回しやすいとか誤解されがちですが、通常走行
では「弱アンダーステア」のセッティングが安全とされる傾向にあるのが一般的です。
最近ではオーバーステア軽減のために、必要以上に「ヨーイングモーメント」を発生させないよう
「VSC」などの「車両挙動制御デバイス」が装着されてる車が増えているのはその現われです。

車両安定制御システム(VSC)

車両挙動安定化システム(VSA)

サーキットなどで意図的にドリフトさせたい場合には「車両姿勢制御デバイス」が利いていると
不安定な挙動になりにくいのでデバイスをオフにすることがあるようですが、デバイスがオンでも
スピン状態にすることはできるので、過信は禁物です。
一般ユーザーは「車両姿勢制御デバイス」をオフにする機会とないと思っていた方が無難です。

アンダーステアやオーバーステアなど基本の運転技能を忘れずに!

「自動車教習所で教わるコトって役に立たない』なんって声をたまに耳にしますが、基本事項は
あくまで基本事項であってそれがそのまま全てに通用するわけではありません。
基本事項を元に自分のスキルを上げていくコトこそが「上手」になるためには必須事項です。

現在の市販車には安全を考慮したデバイスが多く搭載されていますが、低年式の中古車や家族が
所有しているクルマにそれらのデバイスが装着されているとは限りません。

AT車が大半を占めるようになった今日、アクセルを踏めば動き出し、ブレーキを踏めばエンスト
せずに停止することが当たり前になってしまいましたが、走行条件下に合わせて運転することの
大切さを再確認して、基本の運転技能を忘れないようにすることが上級ドライベーへの近道と
いえるのではないでしょうか。

こちらの記事がおすすめ!

すべての画像を見る (1枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ