MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 役立つ情報 > エンジンのデコンプとは?仕組みについても!振動軽減が目的?
役立つ情報

更新

エンジンのデコンプとは?仕組みについても!振動軽減が目的?

エンジンのデコンプって何?

デコンプとは、デコンプレッションの略で、圧力を抜く事によってエンジンの始動性向上や始動時の振動を軽減する事です。

自動車やバイクに搭載されているレシプロエンジンはピストンの往復運動によりエネルギーを得ていますが、排気量が大きいほど大きな力がかかり、振動や始動時に必要な力が大きくなります。

そのため、バルブの調整で圧力を逃がしてやり、エンジンの始動をしやすくしたり、振動を軽くしたりする機構がデコンプレッションです。

レシプロエンジンに関する情報はこちらの記事

レシプロとは?レシプロエンジンの意味と構造・仕組みまで徹底解説!

車やバイクのエンジンに備わっているデコンプ機構

このデコンプレッションはバイクや自動車などのエンジンに組み込まれていますが、バイクの場合はキック時にエンジン始動をしやすくするのが主な目的です。

レシプロエンジンはピストン運動によりエネルギーを取り出しますが、このピストンの動きの内で、ピストン運動を最も妨げる位置が上死点と呼ばれます。

バイクのエンジンをかける時は、ピストンの位置がこの上死点を過ぎてからキックすると始動しやすくなりますが、ピストンが上死点付近に位置している時は燃焼室の容積が最も小さくなるため内圧が高まっており、始動に大きな力が必要になります。

そこで、キックでの始動をしやすくするためにデコンプ機構により圧力を抜いてやるのです。

自動車の場合は、主にハイブリッド車やアイドリングストップ車で頻繁にエンジンを再始動する際、不快な振動を軽減するためなどにデコンプ機構が設けられています。

最近の自動車に乗っている方ならハイブリッド車やアイドリングストップ車は身近なものかと思います。
デコンプレッション機構は、これらの車に乗っている方は日常的にお世話になっている機構と言えます。

昔のディーゼルエンジンに備わっていたデコンプ機構

また、ディーゼルエンジンの場合はセルモーターの負荷を軽減するためや、エンジンを停止させるためにデコンプ機構が用いられる事がありました。

昔のディーゼルエンジンはエンジンキーをオフにしてもすぐには停止しませんでした。
ガソリンエンジンはキーをオフにすれば電流が遮断されて点火プラグの火花が散らず、燃料が燃焼しなくなり、エンジンが止まります。

しかしディーゼルエンジンはガソリンエンジンのような電気制御の点火プラグを持たないため、すぐには停止しなかったのです。
エンジン停止の方法の一つとして、デコンプ機構を用いて圧縮された力を開放してやる事で停止させるというものがありました。

昔はトラックなどにデコンプレバーが付いており、これを上げ下げする事でエンジンを始動させたり停止させたりしていましたが、現在では技術も進歩し、キーを回して電子制御により燃料供給を停止させるだけでエンジンを停止させる事ができます。

耕運機のディーゼルエンジンのデコンプレバー始動動画

デコンプの仕組みは?

オートデコンプの仕組み動画

デコンプレッション機構はオートカムデコンプ機構とも呼ばれます。
デコンプ機構はカムシャフトの正転時と逆転時の作動機構によって、エンジンを始動するときの圧力を逃がします。

カムシャフトとは、4ストロークエンジンの吸排気バルブを開け閉めするための機構です。

正転デコンプは、レシプロエンジンの圧縮工程時にデコンプカムプレートが排気バルブを開いて圧力を抜きます。

また、逆転デコンプは、エンジンを停止させた際にピストンが上死点を乗り越える直前で押し戻されて逆転する際に働く機構です。
逆転時に働く逆転デコンプ機構により排気バルブをわずかに開いておき、次回始動時の圧力を低減します。

クランクシャフトとは?カムシャフト等とのエンジンの構造とオイル漏れの関係とは?

デコンプレバー等の画像をご紹介

デコンプレバーはバイクや耕運機、リフトなど、さまざまな場所で使われています。
それらのデコンプレバーの画像をいくつかご紹介します。

View this post on Instagram

#boreace#デコンプレバー

A post shared by Shigeyasu Nishimura (@mondaiji_world) on

バイクのデコンプレバー。
デコンプレバーを使って圧縮を逃がす事で、キックの始動をしやすくします。
上死点を過ぎたあたりまでゆっくり踏み、レバーを放してキックをすると、内圧が抜けた状態から勢いがつけやすくなり、エンジン始動が楽になります。

https://www.instagram.com/p/BFvS54pQLb9/

デコンプレバー付きリフト。
かなりの年代物と思われます。

View this post on Instagram

#boreace #デコンプ しぶすぎ

A post shared by BORE-ACE (@berorider) on

ヤマハのSRにはセルモーターが搭載されておらず、始動はキックのみという男らしいものでした。
デコンプレバーを使わなくても慣れればキック始動できますが、デコンプレバーを使った方がバイクには優しいとの事。

デコンプレッション機構によりエンジンの始動をスムーズに!

ディーゼルエンジン

上記のように、デコンプとはエンジン始動時の内圧を逃がす事で始動しやすくしたり、始動時の振動を軽減するものです。

昔のディーゼルエンジンではよく見られたものですが、現在ではバイクの始動や、アイドリングストップ車などの振動軽減などで主に使われています。

ハイブリッド車やアイドリングストップ車に乗っている時に、この車は始動時の振動が少ないな、と思う事もあるかと思います。
そんな時は、デコンプ機構の事を思い出してみると、さまざまな技術に支えられている事が実感できて、ありがた味が増すかもしれませんね。

エンジンに関するおすすめ情報はこちらの記事

【ディーゼルエンジンvsガソリンエンジン徹底比較】燃費や維持費の違いは?

圧縮比とは?ディーゼル・ガソリン・ターボで比率が異なる?エンジン出力に影響大?

エンジンスワップとは?費用や注意点から旧車やロードスターなどの代表例まで

過走行車とは?購入での注意点からエンジンオイルなどのメンテナンス情報についても

この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!