MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

役立つ情報

更新

空冷エンジンの魅力は性能だけでは語れない?水冷との違いやオーバーヒート対策は?

空冷エンジンの代表的車種

トヨタ スポーツ800

トヨタ スポーツ800

トヨタが1965年に発売した小型のスポーツカーがトヨタ スポーツ800です。

搭載される700ccの空冷2気筒OHVエンジンは45馬力と現代の軽自動車よりも非力なものでしたが、500kg台の超軽量な車重と空気抵抗の少ない滑らかなボディによって最高速度は155km/hを達成。

「ヨタハチ」の愛称で呼ばれ、1960年代の傑作スポーツカーとして今なお語り継がれています。

最新「スポーツ800」中古車情報
本日の在庫数 8台
平均価格 518万円
支払総額 448~566万円

ホンダ 1300

ホンダ 1300 クーペ 7 GL

1969年にホンダが初めて発売した小型乗用車が、ホンダ 1300です。

1.3Lの直列4気筒エンジンは最高出力115馬力で、当時の2,000ccエンジン並の性能を持っていました。水冷式が主流となっていた中、本田宗一郎のこだわりによってこのエンジンは空冷式が採用されています。

しかし、本田宗一郎が空冷式に固執しすぎたあまり、エンジンは複雑な構造となり重量増やトラブルを招いたほか、本田宗一郎は技術者たちと衝突、商業的にも失敗するなど、ホンダの失敗作として名前が挙げられる車種となってしまいました。

最新「1300」中古車情報
本日の在庫数 6台
平均価格 242万円
支払総額 188~280万円

ポルシェ 911

ポルシェ 911 カレラ4 (993)

輸入車ではポルシェの高級スポーツカーである911が空冷エンジン搭載車として有名です。

1997年に発売された996型より水冷エンジンへ切り替えがおこなわれましたが、1964年に初代(901)が登場してから実に30年以上も空冷エンジンが採用されていました。

空冷エンジンを搭載している911はマニアからの人気が高く、現行モデルよりも高値で取引されることもあります。

最新「911」中古車情報
本日の在庫数 683台
平均価格 1,818万円
支払総額 298~7,280万円

空冷エンジンにしかない魅力とは

©VanderWolf Images/stock.adobe.com

空冷エンジンは現代の車ではほとんど使われておらず、クラシックカーやオートバイなどに使われていることがほとんどです。

水冷エンジンに比べると、性能や環境面などでどうしてもデメリットが目立ってしまいますので、空冷エンジンが少なくなったのは当然の結果と言えますね。

しかし、空冷エンジンのメリットでも紹介したとおり、空冷エンジンには空冷エンジンにしかない魅力もあります。

造形美や特有のエンジンサウンドといった、性能だけでは語れない官能性を求めているのなら、空冷エンジンを積んだ車に乗ってみるのもありかもしれません。

エンジンについてのまとめ記事

ターボエンジンとの違いは?「NAエンジン」についてはこちら

なぜ「おにぎり」と呼ばれる?「ロータリーエンジン」についてはこちら

エンジンルームまでピカピカにしておきたいならコチラ

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード