MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 車検・メンテナンス > 車のライトの使い分けはどうする?各部名称と付け方・操作方法をおさらい
車検・メンテナンス

更新

車のライトの使い分けはどうする?各部名称と付け方・操作方法をおさらい

車のライトの種類|名称と付け方、操作方法

©footagemaker2018/stock.adobe.com

車のライトで代表的なものはヘッドライト、ブレーキライトなどがありますが、そのほかにも数種類あります。車のライトの種類でいつ使うのか?ライトの付け方を表にしてまとめました。

ライト名点灯シーン付け方(操作方法)
ヘッドライト前方の路面を
照らしたいとき
ライトスイッチを回す
スモールライト自車の幅を示すときライトスイッチを回す
ウインカー進路変更時に
合図を送るとき
ウインカーレバーを倒す
フォグライト降雨・降雪・濃霧などで
視界が悪いとき
ライトスイッチを回す
テールライト夜間や悪天候時に自車の
存在を示すとき
ライトスイッチを回す
ブレーキライトブレーキをかけたときブレーキを踏む
バックアップライトバックにギアを
入れたとき
バックにギアを入れる
ナンバー灯夜間にナンバープレートの
視認性を上げるとき
スモールライトと連動
デイライト昼間に自車の視認性を
上げるとき
パーキングブレーキを解除した状態で
ランプスイッチをAUTOにする
(自動点灯する)
ルームライト車内を照らすときドアを開けた時に
自動で点灯、手動で点灯

ヘッドライト(ヘッドランプ・前照灯)

ヘッドライト
©magneticmcc/stock.adobe.com

ヘッドライトは、車の前方を照らすライトです。ヘッドランプ、前照灯とも呼ばれます。夜間や悪天候時にドライバーの視界を確保して、歩行者と他車に自車の存在を知らせます。現在主流のハロゲンライトの他に、HIDランプやLEDランプも存在しています。

通常は周囲の明るさに応じて自動で点灯しますが、ハンドルの横についているライトスイッチを使えば、任意での点灯も可能です。国産車の場合、ライトスイッチの先端を奥に回すごとに、消灯状態→スモールライト点灯→ヘッドライト点灯と切り替わっていきます。

https://car-moby.jp/article/other/how-to-use-head-light/

ライトスイッチの操作方法解説動画

スモールライト(ポジションバルブ・クリアランスランプ・車幅灯)

スモールライトは、ヘッドライトの外側に付いた小さなライトのことです。車幅灯とも呼び、夜間の停車時に歩行者や他車に自車の車幅を知らせるために点灯します。走行時はヘッドライトと一緒に点灯し、ウインカーと一体になっている車種もあります。

スモールライトの点灯も周囲の明るさに応じて自動で行われますが、ライトスイッチを操作すれば、ヘッドライトと同様に任意での点灯も可能です。

ウインカー(方向指示器)

ウインカー
©Madesunesa/stock.adobe.com

ウインカー(方向指示器)は、自車の曲がる方向を示す点滅灯です。右に曲がる場合は右のウインカー、左に曲がる場合は左のウインカーが点灯します。ウインカーの色は保安基準で橙色に定められています。

ウインカーの操作は、ライトスイッチのあるレバーを操作して行います。レバーを下に動かせば右ウインカーが点灯し、上に動かせば左ウインカーが点灯します。

ウインカー操作方法

フォグライト(フォグランプ・前部霧灯)

トヨタ ハイラックス フォグランプ

フォグライトは、ヘッドライトよりも下に取り付けられており、濃霧等で前方視界が制限されたときに、路面を照らすために使います。ちなみにフォグとは霧のことです。

点灯方法は、ライトスイッチに付いているフォグランプスイッチを操作して点灯します。

テールライト(テールランプ・尾灯)

テールライト
©tournee/stock.adobe.com

テールライトは、リフレクターが組み込まれた車体後部の赤いライトのことです。夜間や悪天候によって十分な視界が確保できない時に、自車の存在を後続車に知らせます。

テールライトの点灯も通常は自動ですが、ライトスイッチにより任意で点灯することができます。

ブレーキライト(ブレーキランプ・制動灯)

ブレーキライト
©beeboys/stock.adobe.com

ブレーキライトは、自車がブレーキを掛けた時に点灯するライトです。色は赤で、テールライトと一体型になっている車種もあります。点灯方法はブレーキを掛けるだけです。

バックアップライト(バックライト)

バックアップライトは、車体後部に取り付けられたライトです。ギアをバックに入れると、連動して自動で白く光ります。

ナンバー灯(番号灯)

ナンバー灯は、夜間におけるナンバープレートの視認性を上げるためのライトです。通常はスモールライトの点灯と連動しているので、ライトスイッチで操作できます。

デイライト

デイライトは、昼間に点灯するライトです。走行中の車の周囲からの視認性を上げることで、交通事故を未然に防ぎます。

ルームライト(ルームランプ・車内灯)

ルームライト
©xiaosan/stock.adobe.com

ルームライトは、車内を照らすライトです。ドアを開けた時に自動で点灯する他、手動で点灯することもできます。

車のライトの使い分けのしかた

車のライトの使い分け
©candy1812/stock.adobe.com

夜はヘッドライトを点ける

道路交通法では、日没から日の出までの夜間をヘッドライトを点ける時間帯とし、ヘッドライトの義務化が定められています。

第三章 車両及び路面電車の交通方法 内 第十節 灯火及び合図 内
(車両等の灯火)
第五十二条  車両等は、夜間(日没時から日出時までの時間をいう。以下この条及び第六十三条の九第二項において同じ。)、道路にあるときは、政令で定めるところにより、前照灯、車幅灯、尾灯その他の灯火をつけなければならない。政令で定める場合においては、夜間以外の時間にあつても、同様とする。

道路交通法

しかし、ヘッドライトの点灯・消灯のするタイミングはドライバーの判断に委ねられます。そのため、ヘッドライトを点灯するタイミングが遅いと事故に繋がる可能性もありました。また、ドライバーが点灯を忘れてしまうということもありえます。

あくまでも点灯が義務付けられているのはヘッドライトで、スモールランプやフォグランプの点灯は義務付けられていません。

ハイビームとロービームは前走車や対向車に応じて切り替える

ヘッドライトには、ハイビーム(走行ビーム)とロービームの2種類があります。

ハイビームは、前方約100m先までを照らすことが可能で、ロービームは前方の約40m先まで照らすことができます。

ハイビームは山道など交通量が少ない道路で役に立ちますが、他の車両と行き違ったときなど、他の車両の交通を妨げ、事故につながるおそれもあります。そのため、通りの多い道路などでは使わずロービームに切り替えてください。

夜間の通りの少ない道路や昼間のトンネルの中、濃霧の中などではハイビームを使って視界を照らすことで快適に車を走行することができます。

霧がひどい場合はフォグランプを点ける

フォグランプは、呼び名の通り霧が出ている際に使用するライトです。下方向に光を照らすため視界を向上させてくれますす。

車種によってはリアフォグランプが装備されていますが、リアフォグランプはあくまでも霧の時に点灯するためのもので、夜間などに点灯させるランプではありません。

霧の状況以外でリアフォグランプを点灯していると後ろの車のドライバーがまぶしいと感じてしまうこともあります。運転の妨げになってしまうので霧のとき以外は使わないようにしましょう。

車のライトによくあるトラブル4選

ライトが切れた、暗い

ライトのトラブルで一番多いのがこちらではないでしょうか。不具合が見られなくても定期的に交換しておくと、いざライトが切れたときに慌てることもなく安心です。

まだ、ハロゲンライトの方はLED化するのも良いでしょう。

ライトの寿命や交換方法、おすすめLEDヘッドライトについてはこちらの記事

ライトが黄ばんでいる、汚れている

最近のヘッドライトには樹脂製品が採用されており、雨や紫外線で黄ばみや曇りが発生してしまうことがあります。

黄ばみを予防するためには駐車する際に屋根付きの駐車場にし、直射日光を避けることが大事です。また、洗車時にコーティングしておくのも良いでしょう。

対向車のライトが眩しい

交通量の多い道路を運転している際、ヘッドライトの光で目がくらむ経験をしたことはありませんか?視界を失って、事故の原因になりかねないので危ないですよね。

目がくらむのを防ぐ方法は自衛官のYoutube動画で紹介されています!方法は、ヘッドライトから光を放つ車など、眩しいものが迫ってきた時に片目をつむり、車が通り過ぎたら閉じていた片目をひらくだけ。これだけで目がくらむのを防ぐことができるようです!

ぜひ、試してみてください!

たったこれだけで目がくらむのを防げます

車のオートライトが2020年4月から義務化

道路運送車両の保安基準が改正されて2020年4月以降新車で販売された車は「オートライト機能」の搭載が義務付けられました。(継続生産車は2021年10月から乗用車のオートライトの装備が義務化)

ライトスイッチを「オート」にしておくと、ヘッドライトやテールライト、ポジションライトなどが自動で点灯するという機能です。

オートライトはいつ点灯する?

オートライトは、ドライバーの意志でヘッドライトを点灯するのではなく、車が周囲の明るさを検知して自動で点灯します。

車種によって感知度がことなるため、いつ点灯するかは一概には言えないようです。

こちらの動画では5月下旬、17時45分からメーカーの異なる車5台を使って実験しています。18時50分に全車のヘッドライトが点灯したようです。

2020年の4月以降に販売された新型車にはオートライト機能が搭載されていますが、まだ十分に普及しているとは言えません。ドライバー自身でライトを点灯するか否かの判断に責任をもって点灯するようにしましょう。

車のライトに関連する記事はこちら!

プロジェクターヘッドライトとは?交換方法も

ハロゲンランプの特徴とは?HIDやLEDとの違い

リトラクタブル・ヘッドライトとは?

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (8枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード