MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > 車を楽しむ > アウトドア > キャンプ > 《あなたの知らない世界》走る家と比喩される「モーターホーム」が凄すぎた
キャンプ

更新

《あなたの知らない世界》走る家と比喩される「モーターホーム」が凄すぎた

アウトドアブームによって、多種多様なキャンピングカーが登場しています。熊本県に拠点を構える輸入車販売店「WOT’S」では、「クラスA」と呼ばれるバスタイプのモーターホームや大型キャンピングカーなどの販売を手がけています。

8月6日と7日に幕張メッセで行われた「アソモビ 2022」では、WOT’Sが販売している代表的なキャンピングカーが展示されていましたので、その様子をお伝えします。

WOT’Sのモーターホーム「クラスA」の詳細を見る【画像13枚】

走る家=モーターホームってどんなクルマ?

「モーターホーム」とは、長期間に渡って快適に生活できる車のこと。米国にはモーターホームで旅をしたり、自宅や別荘として利用したりする人もいます。WOT’Sで販売している車両は、いずれも全長10mほどの大型バスタイプのモーターホームです。

実際に展示されていた車両は全長10,000mm、全高3,560mm、全幅2,500mmにも及ぶ大型モーターホーム「アレグロブリーズ33BR」と、全長9,400mm、全高3,560mm、全幅2,500mmになるモーターホーム「アレグロブリーズ31BR」。

どちらも外観は大型観光バスのようなデザインですが、車内に乗り込むと高級ホテルのような室内空間が広がっていました。

まず目に入ってきたのは、大人4人が余裕で腰掛けられる大型のソファーです。実際に座ってみると車内のソファとは思えないほどフカフカで、長時間くつろぐには最適な座り心地でした。

またその奥には、40インチのテレビと2ドア冷蔵庫、電子レンジ、広々としたキッチンスペースが備え付けられています。筆者がかつて住んでいた1Kのキッチンよりも遥かに広いことに驚かされました。しかもそれが車の中ということに愕然としました。

食事をとるためのダイニングテーブルには大人4人が余裕で食事を楽しめるスペースが確保されています。食事だけでなく、ボードゲームを楽しんだり、PCや書類を広げてテレワークをするにもじゅうぶん。

シャワールーム、トイレスペースも十分な広さが確保されており、窮屈な印象は一切ありません。長期滞在で毎日使うこうした水回りの使い勝手は、非常に重要となる部分です。

車両の最も後方には寝室があります。大人6人が横になれるほど大きなベッド。極厚のマットレスで、長期滞在でも毎日快眠できるでしょう。

モーターホームに乗り込む際に懸念していたのは、天井が低くて圧迫感がないかという点でした。

しかし、身長180cmの筆者が車内に乗り込んだときも、寝室やトイレスペースへ移動するときも、一切かがむことなくスムーズに移動できました。車内にいることを忘れるほどの快適な空間を実現しています。

執筆者プロフィール
室井大和
室井大和
1982年生まれ。ライター歴6年、自動車業界9年。合わせて約15年。雑誌編集、記者、指定自動車教習所員資格保有。愛車はスズキスイフトスポーツ(33型)、BMW323i(E90型)、ジムニー(JB23型)。車はセダンではじ...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード