MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > トヨタ2000GTの歴史と現在の中古車価格は?【日本の名車】
トヨタ

更新

トヨタ2000GTの歴史と現在の中古車価格は?【日本の名車】

トヨタが生んだ世界に誇るスポーツカー「トヨタ2000GT」

ポルシェ911並みのエンジン?

トヨタ 2000GT 後期

トヨタ2000GTは1967年~1970年のスポーツカーブームが流行り始めた時代に開発されました。238万円で販売されましたが、当時としてトヨタのクラウンが2台買えるほどの高価格であり、入手できる人はごくわずかでした。そのため総生産台数は337台とかなり少ないです。

当時のポルシェ911並みのスペックを持つエンジンを搭載していることが性能面で評価が高い所以です。
このエンジンは高回転型エンジンのDOHC「ダブルオーバーヘッドカムシャフト」の構造技術を持つヤマハと協力して開発されました。

新型2000GTに関する情報はこちら

トヨタ2000GTが新型で復活か?発売日や価格とスペックを徹底予想

トヨタ2000GTの性能

ベースとなったエンジンとは?

トヨタ 2000GT 1967年
Mytho88 CC 表示 – 継承 3.0 / CC BY-SA 3.0
出典 : https://ja.wikipedia.org/

トヨタ2000GTエンジンのベースとなっているものは、トヨタのクラウンに搭載されていた6気筒のOHC「オーバーヘッドカムシャフト」と呼ばれるエンジンです。
このエンジンのカムシャフトを2本にして吸気のバルブと排気のバルブを別々のシャフトにより動かすことで画期的な高回転型エンジンとなりました。今でもこのエンジンスタイルは多くの車に採用されています。

トヨタ2000GTの基本的なスペック

【乗車定員】
2人

【ボディタイプ】
2ドア クーペ

【エンジンスペック】
エンジン MF10型:2.0L 直6 DOHC
最高出力 150PS/6,600rpm
最大トルク 18.0kg·m/5,000rpm
変速機 フロア5速MT
駆動方式 FR
車両重量 1120kg 

サスペンション
前 : ダブルウィッシュボーン
後 : ダブルウィッシュボーン

【サイズ】
全長 4,175mm
全幅 1,600mm
全高 1,160mm
ホイールベース 2,330mm

ちなみにトヨタ2000GTは高速耐久テストのために、第3回日本グランプリに参戦した事もあります。結果は3位に入賞。
スピードトライアルにも挑戦して、台風の中という過酷な条件において78時間を平均速度206.18km/hで走行を果たした記録を持っています。

トヨタ2000GTのデザイン

【2000GT】 “最も美しいトヨタの車”と称される幻の名車。67年から70年にかけてヤマハと共同で生産された。精巧な木工加工技術を取り入れた車内と、最高速220km/hと当時としては驚異の走行性能は現在でも語り継がれている。 pic.twitter.com/y4i07fEXF9

— 車・くるま・クルマ 大好き! (@yamatada4) 2017年3月8日

トヨタ2000GTのデザインはアメリカのアートセンター卒業の社内デザイナーによるものです。デザインをする上で最もモチーフとしている車は英国のジャガーEタイプと言われています。
トヨタ2000GTのロングフロントノーズで流れるラインが美しいです。

トヨタ2000GTが持つ特徴的なリトラクタブルライト

トヨタ2000GT
ヘッドライトを点けていない時はボディに収納されていてスタイリッシュだが、夜間等ヘッドライトを点灯させると、蛙のめん玉みたいにライトが飛び出す。
車高が低いため当時の保安基準に前照灯の地上からの高さを合致させるため、リトラクタブルヘッドライトになったという。 pic.twitter.com/6ETsfT9Meb

— ひさやす (@Takkukg3) 2017年3月7日

トヨタ2000GTは、リトラクタブルライトを始め5速のマニュアルギア、4輪ダブルウィッシュボーンサス、4輪ディスクブレーキにマグネシウムホイール、ラジアルタイヤといった当時として高度なメカニズムや高級な装備が搭載されていました。

リトラクタブルヘッドライトが消えた理由!意味と歴史と代表車種をご紹介!

トヨタ2000GTの内装

トヨタ2000GT、内装はヤマハ楽器が手がけたローズウッドの本木目パネルがゴージャスだった。
コンパクトなボディに大きなエンジンだったので、バッテリーやエアクリーナ等はエンジンルームには納められず、フロントタイヤとドアパネルの間に別扉で収められた。何もかも贅を尽くされた車だった。 pic.twitter.com/ClcNBc5Vkd

— ひさやす (@Takkukg3) 2017年3月4日

実は内装もヤマハと協力して作られました。ローズウッド等を上手くインストルメントパネルやセンターコンソロールにアレンジしている点など、ピアノを製造していたヤマハとの協力がなければ実現不可能だったでしょう。

トヨタ2000GTの動画

昭和の咆哮!エンジン始動! TOYOTA 2000GT

トヨタ2000GT(FR/5MT)【動画試乗記】

この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!