MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > スズキ > カプチーノ > スズキカプチーノが復活?マツダロードスターへの対抗馬か
カプチーノ

更新

スズキカプチーノが復活?マツダロードスターへの対抗馬か

スズキカプチーノの人気の背景とは?

今からおよそ24年前に生産終了され、今でも愛され続けているスズキカプチーノ。

「小さなカップに入ったちょっとクセのあるおしゃれな飲み物」のイメージで売り出された小さいオープンカーであるカプチーノは、小さくおしゃれで可愛らしい外見とは裏腹によく走る車として愛されました。

1991年から1998年の間に製造、販売されたカプチーノは、現在でも人気のある2シーターのスポーツカーです。

カプチーノとはどんな車?

©BGStock72/stock.adobe.com

■スズキ カプチーノ
【全長×全幅×全高】3,295mm×1,395mm×1,185mm
ホイールベース】2,060mm
【車両重量】700kg
【エンジン形式】657cc直列3気筒ターボ
最高出力】64PS/6,500rpm
【最大トルク】8.7kgf・m/4,000rpm
トランスミッション】5速マニュアル、3速オートマチック
【駆動方式】FR
【乗車定員】2名

カプチーノのエンジンは、アルトワークス用に開発されたものを縦置き、軽自動車の自主規制値限界64馬力を発生させるターボエンジン搭載といった力強いものでした。

1995年にはエンジンのオールアルミ化やホイール軽量化などを経て10kgの軽量化を実現し、当初は5速MTのみの設定が3速ATも選択できるようにマイナーチェンジされています。

2021年の段階で日本国内で残存車両が約3,000台と言われており、同時期に販売されていた軽スポーツカーであるマツダのAZ-1、ホンダのビートと並びそれぞれの頭文字をとって「平成ABCトリオ」と称され、人気の車種です。

軽自動車という制約がありながらもその走りはさすがスポーツカーで、コンパクトなのにしっかりした走りで車の楽しさを教えてくれる…そんなカプチーノだからこそ今でも愛され、復活を望まれています。

カプチーノはなぜ消えた?復活でマツダロードスターに対抗か

©ink drop/stock.adobe.com

今でも人気の車種であるカプチーノですが、ではなぜ生産終了に追い込まれてしまったのでしょうか。そこにはバブル崩壊とスポーツカーの人気低迷があったようです。

景気の冷え込みや環境意識の変化により、どんどん日陰に追いやられていったスポーツカーの中にカプチーノも含まれていました。

その波を押し返すことができずにカプチーノは生産終了という結果に追い込まれましたが、そのカプチーノの新型が囁かれている背景にはイタリアにてスズキが発表したオープンスポーツEV車の存在があります。

そのオープンスポーツEV車がイタリアで発表された際のスズキオーストラリアからのコメントで、スズキにとってカプチーノがどんな存在であるかも語られることとなりました。

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード