MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 日産 > セレナ > 日産 セレナ完全情報!おすすめグレードや人気カラー、スペックなどを解説
セレナ

更新

日産 セレナ完全情報!おすすめグレードや人気カラー、スペックなどを解説

日産 セレナとはどんな車?

日産 5代目セレナ フロント
日産 5代目セレナ リア

セレナは日産が販売している5ナンバーサイズのミニバンです。

クラストップの広い室内空間や多彩なシートアレンジなど、ファミリー向けに設計されたインテリアが人気となっています。

日産 5代目セレナ 運転席
日産 5代目セレナ 内装

2018年には走行はモーターのみでおこなうハイブリッドシステム「e-POWER」、2019年には「プロパイロット」をはじめとした先進技術も採用された、ノートに次ぐ日産の主力車種です。

セレナのフルモデルチェンジ最新情報はこちら

おすすめグレード

セレナのグレード構成と車両価格

2021年4月時点で販売されているセレナのグレード(特別仕様車を除く)は以下表のとおりです。

シンプルハイブリッドのグレード

グレード名車両価格(税込)
X2,576,200円~
XV2,736,800円~
G3,061,300円~
ハイウェイスター2,758,800円~
ハイウェイスター V3,070,100円~
ハイウェイスター G3,311,000円~

e-POWERモデルのグレード

グレード名車両価格(税込)
e-POWER X2,997,500円~
e-POWER XV3,226,300円~
e-POWER G3,473,800円~
e-POWER ハイウェイスター3,293,400円~
e-POWER ハイウェイスター V3,582,700円~
e-POWER ハイウェイスター G3,809,300円~

グレードは「X」「XV・V」「G」の3つと考えよう

日産 5代目セレナ XV フロント
グレード:XV

セレナはパワートレインやハイウェイスターによる区別はあれど、グレード別装備を見ると「X」「XV・V」「G」の3種類といえます。そのためセレナのグレードを決める際は、以下の流れで絞り込むとわかりやすいです。

  1. シンプルハイブリッドかe-POWERかを決める
  2. ノーマルかハイウェイスターかを決める
  3. 「X」「XV」「G」どのグレードかを決める

e-POWERは2WD・7人乗りのみの設定

セレナは全てのモデルがハイブリッド車となりますが、スマートシンプルハイブリッド(マイルドハイブリッド)とe-POWERで区別されます。

さらにe-POWERは2WD・7人乗りのみの設定となります。4WDや8人乗りを希望する人はスマートシンプルハイブリッド車を検討しましょう。

「ハイウェイスター」は高級感&スポーティな外観

ノーマルモデルと「ハイウェイスター」の大きな違いは、フロントフェイスデザインです。ハイウェイスターは日産のアイコンである大型のVモーショングリルを採用し、高級感とスポーティさを兼ね備えています。

ライバル車と同等装備にするなら「ハイウェイスターVまたはG」

日産 5代目セレナ ハイウェイスターV フロント
グレード:ハイウェイスターV

ノーマルモデルと「ハイウェイスター」の装備差はほとんどないのですが、注意したいのは「プロパイロット」「電動パーキングブレーキ」「オートブレーキホールド」が標準装備となるのは、マイルドハイブリッドおよびe-POWERの「ハイウェイスター」または「ハイウェイスターG」のみという点です。

プロパイロットは、先行車への追従・停止・停止状態保持機能、車線や車間距離のキープなど、渋滞や長距離走行に便利な運転支援機能。長距離走行する機会が多いドライバーには心強いです。

オートブレーキホールドは、信号待ちなどの停車時に、ブレーキペダルを踏み続けていなくても自動的にブレーキ力がキープされる機能。アクセルを踏めば、ブレーキが解除されます。

電動パーキングブレーキは、サイドブレーキ(セレナは足で踏むタイプのサイドブレーキ)ではなく、センターコンソールにパーキングブレーキスイッチを設けたものです。

他メーカーのライバル車ではこの2つの機能が使えるミニバンやSUVが増えてきているため、同じ装備を望むのであれば検討しましょう。

「XV」「G」ではセットメーカーオプション

「プロパイロット」「電動パーキングブレーキ」「オートブレーキホールド」は、ノーマルデザインのマイルドハイブリッドおよびe-POWERの「XV」「G」で、セットメーカーオプションとして選択できます。

このセットオプションには、「インテリジェントDA(ふらつき警報)」「サイドエアバッグ」「インテリジェントアラウンドビューモニター」「ステアリングスイッチ」「ヒーター付きドアミラー」も含まれます。

ハイウェイスターとの価格差は25万~35万円。その他の装備差、さらにノーマル→ハイウェイスターのデザインアップグレード分の値上げを考慮すると、デザインさえ好みであればハイウェイスターVまたはGを選んだほうがお得感があるかもしれません。

エントリーグレード「X」はプロパイロットなし

「プロパイロット」「電動パーキングブレーキ」「オートブレーキホールド」などの安全装備や運転支援が不要であれば、エントリーグレードの「X」を選びましょう。

ボディカラーは全13色

セレナのボディカラーは、モノトーン9色、ツートン4色の全13色。ノーマルモデルとハイウェイスターでも選べるラインナップは同じです。

全カラーがボディに軟質樹脂を配合した「スクラッチシールド」塗装となっているため、洗車傷や引っかき傷程度なら自然修復するのもありがたいですね。

査定額が高くなるのは、パール系の「ブリリアントホワイトパール」およびそのツートンカラーでしょう。メタリックでなくても、ブラックやシルバー系の色も査定額が下がりにくいです。

モノトーン

日産 5代目セレナのボディカラー一覧画像(モノトーン)
カラー名称カラーコード
サンライズオレンジ(EBL)
マルーンレッド(NBB)
アズライトブルー(RBR)
ダークメタルグレー(KAD)
インペリアルアンバー(CAS)
ダイヤモンドブラック(G41)
カシミヤグレージュ(HAG)
ブリリアントシルバー(K23)
ブリリアントホワイトパール(QAB)

ツートーン

日産 5代目セレナのボディカラー一覧画像(ツートーン)
カラー名称カラーコード
ブリリアントホワイトパール×
ダイヤモンドブラック
(XAM)
サンライズオレンジ×
ダイヤモンドブラック
(XFR)
マルーンレッド×
ダイヤモンドブラック
(XAN)
ダークメタルグレー×
ダイヤモンドブラック
(XCX)

日産 セレナのスペック

日産 5代目セレナのスタイリングイメージ

ボディサイズ

全長4,685~4,770mm
全幅1,695~1,740mm
全高1,865~1,875mm
ホイールベース2,860mm
車両重量1,650~1,790kg
乗車定員7〜8人

一部グレードを除いて、横幅1,695mmの5ナンバーサイズとなっています。

また、室内長は3,240mm、室内幅1,545mmと、5ナンバーサイズのミニバンの中ではトップクラスの広さを確保。

取り回しの良いサイズでありながら、家族でゆったりと使える室内空間を実現しています。

パワートレイン

エンジン直列4気筒水冷直列3気筒
排気量1,997cc1,198cc
最高出力110kW[150PS]/6,000rpm62kW[84PS]/6,000rpm
最大トルク200N·m[20.4kgf・m]/4,400rpm103N·m[10.5kg・m]/3,200-5,200rpm
モーター最高出力1.9kW(2.6PS)100kW(136PS)
モーター最大トルク48N・m(4.9kgf・m)320N・m(32.6kgf・m)
トランスミッション電気式CVT
駆動方式FF
4WD
FF
使用燃料ハイオクレギュラー
車種名セレナ

従来のエンジン+モーターで走行するスマートシンプルハイブリッド(マイルドハイブリッド)と、エンジンで発電しモーターで走行するe-POWERの2種類が用意されています。

どちらを選ぶかで燃費は大きく変わり、WLTCモードでの燃費はスマートシンプルハイブリッドのモデルが13.2km/L、e-POWERのモデルが18.0km/Lと、その差は約5km/L。さらにスマートシンプルハイブリッドはハイオク指定となっています。

燃費で選ぶならe-POWERに軍配が上がりますが、4WDを選べなかったり8人乗りを選べなかったりといった制限があるため、燃費性能だけでなく用途も考慮したグレード選択が必要です。

日産 セレナの維持費と燃費

日産 セレナの燃費とガソリン代

本記事執筆時の以下の年間走行距離、ガソリン価格(全国平均)を参考に、年間のガソリン代を算出しました。

  • 自動車の年間走行距離:平均6,316㎞
  • ガソリン価格(全国平均):レギュラー150円 2021年5月現在
対象グレードWLTCモードガソリン代(年間)
ガソリンモデル e-POWER(2WD)X、XV、G、ハイウェイスター、ハイウェイスターV18.0km/L52,633円
ガソリンモデル e-POWER(2WDハイウェイスターG17.2km/L55,081円
ガソリンモデル (2WD)X、XV、G、ハイウェイスター、ハイウェイスターV、ハイウェイスターG13.2 km/L71,772円
ガソリンモデル(4WD)全グレード11.8 km/L80,288円

日産 セレナの維持費(3年間)

日産 セレナの3年間の維持費をシミュレーションしてみました。

 ガソリンモデルe-POWER(2WD)ハイウェイスターガソリンモデルe-POWER(2WD)ハイウェイスターGガソリンモデル(2WD)ハイウェイスターガソリンモデル(4WD)ハイウェイスター
自動車税30,500円30,500円36,000円36,000円
重量税15,000円15,000円49,200円49,200円
車検時法定費用40,010円40,010円52,810円61,010円
ガソリン代(3年)157,900円165,244円215,318円240,864円
合計金額243,410円250,754円353,328円387,074円

※車検費用は受ける場所や検査内容によって異なる場合があります。
※任意保険料や駐車場代、高速道路利用料金などの別途費用も発生します。
※上記の金額はあくまでも目安となります。

維持費の各項目については以下の記事で詳しく解説しています。

歴代モデル

【初代】セレナ(バレットセレナ):C23型 (1991年~1999年)

日産 初代セレナ(バレットセレナ) フロント

1991年、初代セレナは「バレットセレナ」として販売されました。型式がC23なのは、先代のバネットコーチの型式がC22であったことに由来します。

パワートレインの選択肢が豊富で、ガソリンは1.6Lと2.0L、ディーゼルが2.0Lと2.0Lターボがラインナップされていました。

まだ当時は高級ミニバンという概念はなく、初代セレナは商用モデルも設定されているワゴン的なテイストが強いものでした。そのため、内装も今に比べると質素な作りをしています。

【2代目】セレナ:C24型 (1999年~2005年)

日産 2代目セレナ 後期型 フロント
後期型

1999年、上位機種であった3代目ラルゴと統合するかたちで初のフルモデルチェンジ。

ホンダ ステップワゴンに対抗するために駆動方式を前輪駆動に変更。また、乗用ミニバンとしては初となる両側スライドドアを採用し、前席間のアクセスを容易にするなどして使い勝手を向上させました。

マニュアル仕様が廃止され、CVTと4速オートマのみの設定に。しかし、CVTの不良が多いことでも知られ、リコールも発表されたほど。中古で購入する際はその点に注意したほうがいいでしょう。

【3代目】セレナ:C25型 (2005年~2010年)

日産 3代目セレナ フロント

3代目セレナは全長を拡大、天井を高くしたことで優れた居住性と実用性を手にしました。2代目で問題視されていたCVTの不調も、新採用のエクストロニックCVTによって改善。

他のライバル車が車高を低くしてスポーティなテイストを取り入れた中、使い勝手を重視したセレナは強く、子育て世代のファミリー層から支持を得るに至りました。

2007年には国内新規登録台数のミニバン部門で1位を獲得するほどの人気車種に。価格が安く性能も安定していることから、中古車としても人気があるモデルです。

【4代目】セレナ:C26型 (2010年~2016年)

日産 4代目セレナ フロント

現在販売されているモデルの一つ前の世代。デビューから2年後の2012年、ミニバン初となるハイブリッドモデル「セレナ Sハイブリッド」が追加。この代からハイブリッド仕様が選択可能になりました。

また、2015年のマイナーチェンジでは自動ブレーキシステムや車線逸脱警報が全車に標準装備され、安全性能も充実。

2011年から2年連続でミニバン販売台数1位となり、3代目に引き続き人気モデルとなりました。3代目もおすすめですが、ハイブリッド機構や安全機能を備えた4代目も狙い目です。

最新「セレナ」中古車情報
本日の在庫数 9034台
平均価格 156万円
本体価格 6~408万円
セレナの中古車一覧へ

日産のミニバン全モデルはこちらから!

日産の新型車・最新情報はこちら!

かっこいいミニバン人気おすすめランキングはこちら!

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (13枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード