MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 三菱 > ランサーエボリューション > 「4WDターボのスポーツセダンください…三菱の」ファンが描いたランエボ“XI”

「4WDターボのスポーツセダンください…三菱の」ファンが描いたランエボ“XI”

“エボXI”登場願うファンたち

三菱 ランサーエボリューション

2016年4月18日でその歴史の幕を下ろした『ランエボ』こと三菱 ランサーエボリューション。その歴史は1992年9月から始まり、『エボI』から『エボX』まで、4世代10モデルが登場しました。

エボXで発売された『ランサーエボリューション ファイナルエディション』が最後のランエボとなり、それ以降、三菱から『スポーツカー』と呼ばれるモデルは登場していません。

多くのファンを持っていたランサーエボリューション。『エボXI』登場に期待を持ち続けているファンは少なくなく、CGの世界ではいくつかの『エボXI』が登場してきました。そして、また新たな予想CGが作成されました。

一目でエボと分かる攻撃的なフォルムの予想CG

アウディ RS3にランエボの面影を見た

画像提供: András Veres

“エボXI”として新たに作成された予想CGは、アウディ RS3をベースに三菱が現行モデルのアイコンとして採用している『ダイナミックシールド』を合成。

さらにボンネットダクトや大型のリアスポイラーを追加しランエボらしさをプラスしました。

4WDターボセダン、そしてラリーシーンで活躍した名門ブランドのモデルという共通点を持つ三菱 ランサーエボリューションとアウディ RS3。ドイツのスポーツセダンにその面影を見出したランエボファンは少なくないのかもしれません。

SUV続々。三菱の新型RVRをチラ見せ

ライバルの『スバル WRX STI』も消滅寸前?

スバル WRX S4

ランサーエボリューションといえばスバル インプレッサ WRX STIとのライバル関係も欠かせません。

スバルはランエボが生産を終えたあとも、インプレッサを車名から外しながらも『WRX STI』の販売を継続していました。

しかし、スバルの北米部門は2022年3月11日、次期型WRX STIについて、内燃機関を搭載するモデルを米国向けに生産しないと発表

押し寄せる電動化の波やSUVブームの中で、「4WDターボの国産スポーツセダン」はもはや風前の灯火なのかもしれません。

STIモデルは続々と電動化?

ロータリーエンジンが復活!新たな活路得て

伝説のミッドシップが帰ってくる?

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード