MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ホンダ > 「もう売りたくない!…けど爆売れ」名門ホンダを苦しめる《超人気車》とは
ホンダ

更新

「もう売りたくない!…けど爆売れ」名門ホンダを苦しめる《超人気車》とは

ホンダ N-BOXとは

2代目ホンダ N-BOX(左) N-BOXカスタム(右)

ホンダ初の軽自動車は、1967年に誕生したN360。単なる機械ではなく「人が中心」の「人が乗るためのもの」として開発されたN360から、約50年の歳月を経て「N」の名前を受け継ぐスーパーハイトワゴンとして復活したのが大人気軽自動車ホンダ N-BOXです。

2011年12月に発売された初代N-BOXは、軽自動車ならではの取り回しの良さを備えつつ、ホンダ独自のセンタータンクレイアウトと底床設計による広い室内空間とユーティリティの高さが特徴。すっきりとしたエクステリアに加え、ターボエンジンモデルと必要十分な出力を備える自然吸気エンジンモデルが用意されました。

2017年9月に登場した2代目N-BOXも、初代の優れた点はそのままに、ライバルに先んじて軽自動車初となる先進運転支援システムを標準装備。「N」を意味する「乗り物」としてあらゆる部分での高い完成度が評価されるホンダ N-BOXは、現在も爆発的なヒットを継続中です。

売れに売れるホンダN-BOX

初代ホンダ N-BOX

初代ホンダ N-BOXは、登場するやいなや初年度売上No.1を獲得。さらに初代フィットの記録を上回る、発売5年で累計販売台数100万台を達成しました。

2代目へモデルチェンジしてもその人気は衰えることを知らず、2021年5月末で派生モデルを含めた初代からの通算で累計販売台数200万台を達成し、2022年現在は7年連続で年間販売台数1位を獲得している人気ぶりです。

高くても指名買い! 日本でもっとも売れている車

N-BOXで目立つのが購入時の「指名買い」の多さ。利便性の高さに加えて走行性能も高く「セカンドカーとして購入したのにN-BOXしか乗らなくなった」という声や「普通車よりもN-BOXを選ぶ」との声も聞かれます。

軽自動車で200万円を超える新車価格は、額面だけ見れば高価ですが、軽自動車であるため維持費は安価です。さらに人気車だけあってリセールバリューも高く「買って損をしない車」とも評されます。

N-BOXの人気は、いまやコンパクトカーよりも高くなっており、直近となる2022年度上半期の販売台数ではトヨタ ヤリスを僅差で抜いて、現在日本でもっとも売れている車となっています。しかし当のホンダは、このN-BOXの快挙に喜んでばかりもいられない理由が。

執筆者プロフィール
伊藤友春
伊藤友春
1981年生まれ。自動車専門Webライターとして執筆活動中。自動車の構造に明るく、ほとんどの整備や修理をDIYでこなす。輸入車・コンパクトカー・変わったデザインやコンセプトの車が好きで、現在の愛車はその最た...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード