MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ヴァナゴン、ベンツVクラス、レオパルドII…ドイツの四角い車たち【推し車】
メーカー・車種別

更新

ヴァナゴン、ベンツVクラス、レオパルドII…ドイツの四角い車たち【推し車】

日本だと、海外の車を「国産車には出せないこの曲線がエレガント!」と褒めちぎるのが普通ですが、ドッコイ日本に入ってくるのがそういう車なだけで、本国に行けばいくらでも四角い実用車が走っております。

今回はその中でも、わざわざ日本で販売したドイツ製の四角い車と、「ドイツで四角い車といえば、これを出さざるをえない」という、筆者の趣味丸出しの特別出演車も紹介します。

フォルクスワーゲン ヴァナゴン(T4・1995年)

日本のRVブームにノッて、ちょっとだけ売ってみた

フォルクスワーゲン T4(日本での2代目ヴァナゴン)

あまりに長くビートル(タイプ1)を売りすぎたせいで、バブル時代まではあまりブランドイメージの良くなかったフォルクスワーゲンですが、バブル時代にいつの間にか日本で市民権を得て、ゴルフなど絶好調。

さらに日本ではRVブームが到来、ワーゲンバスことタイプ2の末裔にあたる商用バンの乗用グレードを「ヴァナゴン」という北米名で1990年に発売、1995年にはモデルチェンジされてより近代的な姿となります。

ゴルフに乗る若い夫婦など「子供ができたらヴァナゴンかな」と言うくらいでしたが、1997年にVW版オデッセイのようなシャランが発売されると販売終了、それ以来日本で四角い車は売っていません。

最新「ヴァナゴン」中古車情報
本日の在庫数 12台
平均価格 304万円
本体価格 118~498万円

メルセデス・ベンツ Vクラス(初代W638・1998年)

ヨーロッパだと当たり前なFF商用バンの乗用仕様

メルセデス・ベンツ Vクラス(初代W638)

日本ではヤナセのイメージ戦略で高級車メーカーという事になっているメルセデス・ベンツですが、ドイツ本国などヨーロッパでは安価な大衆向けグレードもあれば、実用的な商用車メーカーでもあります。

日本で1998年から販売しているFF1BOX乗用ワゴンのVクラスも、商用バン「ヴィトー」の乗用モデルで、スリーポインテッド・マークがついていても乗り味などはあくまで商用車の延長線上、同社のラインナップではGクラスと並ぶスパルタンな乗り物と言われました。

四角いベンツな初代から、ビアノと一時改名してFR車となった2代目以降はモデルチェンジのたびに内外装の高級感が高まり、数少ない高級輸入ミニバンとなっています。

最新「Vクラス」中古車情報
本日の在庫数 282台
平均価格 491万円
本体価格 30~1,980万円

【特別出演】レオパルド2A4(1979年)

90式戦車ではありませぬ

ドイツ製MBT(主力戦車) レオパルド2A4
flickr.com Author: 270862 CC BY-SA 2.0

「やはりドイツの戦車は四角くないと!」と、第2次世界大戦当時のIV号戦車やティーガーI(いわゆるタイガー戦車)が大好きなミリタリーオタクを歓喜させた、輸出も盛んなドイツ連邦軍の主力戦車で、四角い無骨さが魅力。

それまでの戦車は、日本の74式も含め傾斜がキツくて砲弾をハジくお椀型砲塔でしたが、レオパルドIIも使う120mm戦車砲などの新型砲弾が相手だと通用しないため、装甲の工夫が可能な大型の四角い砲塔を採用、日本の90式戦車も似たような形です。

その後、改良したA5型よりクサビ型の追加装甲を装着した、より近代的な砲塔になりましたが、輸出先では改良内容が異なり、四角いままのレオパルドIIもあります。

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

【推し車シリーズ】まとめて読みたい人はコチラ!

メーカー別●●な車3選はコチラ

スポーツカーを中心にまとめた3選はコチラ

「ちょいワルオヤジに乗ってほしい車」などの特集はコチラ

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード