MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 「ベレG」「スカG」「2000GT」国産GTの夜明けに誕生したグランツーリスモ車たち【推し車】
メーカー・車種別

更新

「ベレG」「スカG」「2000GT」国産GTの夜明けに誕生したグランツーリスモ車たち【推し車】

まだトラックやバスを一生懸命作って戦後復興期を支え、乗用車もほとんどがタクシー向けだった1950年代が明け、アジアで初のオリンピック、東京五輪(1964年)が開催される頃になると、それまで実験的に少数生産されるのみだった国産スポーツが活性化します。

それに先出し、1963年には日本初の高速道路「名神高速」が開通し、鈴鹿サーキットで第1回日本グランプリが開催されると国産車も本格的に高速性能を意識し始め、人車ともに高速長距離巡航に耐えうる「GT(グランツーリスモ)」需要の高まりが予想されました。

今回はそんな「国産GTの夜明け」といえる時代に誕生した3台のGTを紹介します。

いすゞ ベレットGT(1964年4月)

「ベレG」と呼ばれ、GTR(GT TypeR)も追加された本邦初の「GT」

いすゞPR90 ベレット1600GT

ヒルマンミンクス(2代目・1956年)やベレル(1962年)よりも小さい、いすゞ初の量販小型乗用車「ベレット」は、曲線美が映えるスタイリングや良好なスタイリングなど、新時代の実用大衆車として優れた資質を得ていましたが、同時にスポーツバージョンも計画されます。

それが同年の東京モーターショー(当時は全日本自動車ショウ)で発表され、翌年に発売されたベレットGTで、国産車としては初めて「GT」を名乗りました。

まず登場したのは1600GTで、次いでショーモデルだった1500GTも廉価版的なポジションで登場しますが、すぐに1500GTは廃止され、レースでも活躍した高性能版GTR(後にGT TypeR)が1969年に登場します。

直4OHVエンジンに高性能キャブレターの組み合わせは一見すると平凡でしたが、ベース車同様中回転トルクが太くて実用域での加速に強く、「ベレG」と呼ばれ愛されました。

最新「ベレット」中古車情報
本日の在庫数 8台
平均価格 310万円
支払総額 248~362万円

プリンス/日産 スカイラインGT(1964年5月)

切った貼ったでグロリア用G7を強引に積んだ、最初の「スカG」

日産S54 スカイラインGT

第1回日本グランプリ(1963年)でレースへの認識の甘さから大敗、ライバルより自らの甘さに激怒したプリンス。

翌年の第2回で雪辱を果たすべく、新型スカイライン(2代目・1963年)のフロントを思い切って切った貼ったして延長、追加モデルのグロリア・スーパー6(1964年)用の2L直6SOHCエンジンG7を詰め込み、ウェーバーキャブ3連装でチューンしたのがスカイラインGT。

レースの参加規則を満たすべく100台限定で生産、第2回グランプリでは突如参戦したポルシェ904に敗北するも、一時はトップを走って「スカG伝説」を生みました。

この活躍でスカGは人気となって量産化、3キャブ仕様(GT-B)、ウェーバーキャブ不足から生まれたシングルキャブ仕様(GT-A)が生まれ、次世代のスカイラインGT-Rへとつながっていき、現在のV37型でも3リッターV6ツインターボを搭載した「スカG」は健在です。

最新「スカイライン」中古車情報
本日の在庫数 1516台
平均価格 385万円
支払総額 30~7,531万円

トヨタ 2000GT(1967年)

「GT」として開発された初の国産車であり、初の国産スーパーカー

トヨタMF10 2000GT

多くの国産「GT」が既存車のGTグレードとして登場したのに対し、国産車で初めて最初から「GT」として開発、発売されたのがトヨタ2000GTです。

映画「007はニ度死ぬ」でボンドカーとして登場したオープンカー仕様や、スピード記録、レースでの活躍から国産初のスーパーカーという認識も強いのですが、レースの活躍も耐久レースが多く、快適な長距離高速巡航を得意とするGTこそが2000GTの本質。

クラウン用M型をヤマハがチューンした3Mエンジンも格別ピーキーな性格ではない、上質な走りを信条とするDOHC2バルブエンジンであり、むしろ国産初期の傑作GTですが、戦後日本車史の名車として人気は高く、オークションではソコソコ高値がつきます。

むしろスポーツGTとしては、3代目コロナをベースに9R型DOHCエンジンを積み、スカイラインGT-Bへ引導を渡した弟分1600GTの方がふさわしいかもしれません。

{"status":404,"message":"NotFound \u63b2\u8f09\u7d42\u4e86."}

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

【推し車シリーズ】まとめて読みたい人はコチラ!

メーカー別●●な車3選はコチラ

スポーツカーを中心にまとめた3選はコチラ

「ちょいワルオヤジに乗ってほしい車」などの特集はコチラ

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード